最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dataTipInteraction

データ ヒントの操作

説明

データ ヒントの操作を使うと、座標軸ツール バーのボタンを選択せずに、チャート内にデータ ヒントを表示できます。データ ヒントを有効にするには、座標軸の Interactions プロパティを dataTipInteraction オブジェクトに設定します。この操作を有効にした場合、チャート内にカーソルを移動するか、チャート内でクリックまたはタップを行うとデータ ヒントが表示されます。

複数の操作を有効にするには、Interactions プロパティをオブジェクトの配列に設定します。

作成

説明

d = dataTipInteraction は、データ ヒント操作オブジェクトを作成します。

すべて折りたたむ

表面プロットを作成します。現在の座標軸を取得し、既定の操作をデータ ヒントとパンの操作に置き換えます。次に、表面にカーソルを合わせてデータ ヒントを表示します。クリックしてドラッグまたはタップしてドラッグすることで移動します。

surf(peaks)
ax = gca;
ax.Interactions = [dataTipInteraction panInteraction];

制限

関数 dataTipInteraction はライブ エディターではサポートされていません。

ヒント

  • データ ヒントの内容をカスタマイズするには、chart オブジェクトの DataTipTemplate プロパティを設定します。詳細については、カスタム データ ヒントの作成を参照してください。

  • ほとんどの場合、座標軸には表示しているチャートのタイプに応じた既定の操作セットがあります。既定のセットを新しい操作セットに置き換えることはできますが、既定のセットの操作にアクセスしたり、変更したりすることはできません。

R2019a で導入