Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

regionZoomInteraction

説明

領域ズーム操作により、座標軸ツール バーでボタンを選択せずに、2D グラフの四角形領域にズームできます。領域ズームを有効にするには、座標軸の Interactions プロパティを regionZoomInteraction オブジェクトに設定します。この操作が有効になっている場合、チャート内でドラッグしてズームできます。

複数の操作を有効にするには、Interactions プロパティをオブジェクトの配列に設定します。

作成

説明

rz = regionZoomInteraction は、領域ズーム操作のオブジェクトを作成します。

rz = regionZoomInteraction('Dimensions',d)Dimensions プロパティを設定します。このプロパティを使用して、ズームを特定の次元に制限します。たとえば、rz = regionZoomInteraction('Dimensions','x') はズームを x 次元に制限します。

プロパティ

すべて展開する

ズームが可能な次元。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'xyz' — すべての次元でズームが可能。

  • 'xy' — x 次元および y 次元でのみズームが可能。

  • 'yz' — y 次元および z 次元でのみズームが可能。

  • 'xz' — x 次元および z 次元でのみズームが可能。

  • 'x' — x 次元でのみズームが可能。

  • 'y' — y 次元でのみズームが可能。

  • 'z' — z 次元でのみズームが可能。

すべて折りたたむ

15 個の乱数のプロットを作成します。現在の座標軸を取得し、既定の操作を領域ズーム操作およびデータ ヒント操作に置き換えます。次に、プロットされた点の上にカーソルを合わせてデータ ヒントを表示します。ドラッグしてプロットの領域にズームします。

plot(rand(1,50),'-o')
ax = gca;
ax.Interactions = [regionZoomInteraction dataTipInteraction];

正規分布した乱数データの散布図を作成します。既定の操作のセットを x 次元のみで動作する領域ズーム操作に置き換えます。次に、プロット内でドラッグして関心領域にズームします。

x = linspace(-1,1,1000);
y = randn(1,1000);
scatter(x,y,'.')
ax = gca;
ax.Interactions = regionZoomInteraction('Dimensions','x');

制限

領域ズーム操作は 3 次元座標軸またはライブ エディターではサポートされていません。

ヒント

ほとんどの場合、座標軸には表示しているチャートのタイプに応じた既定の操作セットがあります。既定のセットを新しい操作セットに置き換えることはできますが、既定のセットの操作にアクセスしたり、変更したりすることはできません。

R2019a で導入