Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

subtitle

プロットにサブタイトルを追加

    説明

    subtitle(txt) は、現在の座標軸に指定されたサブタイトル テキストを追加します。

    subtitle(___,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して text オブジェクトのプロパティを設定します。プロパティは他のすべての入力引数の後に指定します。プロパティの一覧については、Text のプロパティ を参照してください。

    subtitle(target,___) はサブタイトルのターゲット オブジェクトを指定します。ターゲット オブジェクトは座標軸、タイル表示チャート レイアウト、またはオブジェクトの配列の任意の型にすることができます。他のすべての入力引数より前にターゲット オブジェクトを指定します。

    t = subtitle(___) はサブタイトルの text オブジェクトを返します。サブタイトルを作成した後、t を使用してオブジェクトのプロパティを設定します。プロパティの一覧については、Text のプロパティ を参照してください。

    すべて折りたたむ

    プロットを作成します。関数 title を使用してタイトルを追加します。次に、関数 subtitle を使用してサブタイトルを追加します。

    plot([0 2],[1 5])
    title('Straight Line')
    subtitle('Slope = 2, y-Intercept = 1')

    Figure contains an axes. The axes with title Straight Line contains an object of type line.

    プロットを作成し、そのプロットにタイトルを追加します。slopevalueyintercept を数値変数として定義します。txt を、リテラル テキストと、文字ベクトルに変換した slopevalueyintercept の値との組み合わせとして定義します。次に、txt を関数 subtitle に渡して、サブタイトルを表示します。

    plot([0 2],[1 5])
    title('Straight Line')
    slopevalue = 4;
    yintercept = 1;
    txt = ['Slope = ' int2str(slopevalue) ', y-Intercept = ' int2str(yintercept)];
    subtitle(txt)

    Figure contains an axes. The axes with title Straight Line contains an object of type line.

    プロットを作成します。関数 title を使用してタイトルを追加します。次に、関数 subtitle を呼び出し、'Color' の名前と値のペア引数を使用して色を指定します。色は 'red' のような色の名前とすることも、RGB 3 成分または 16 進数カラー コードを使用してカスタム色を指定することもできます。この場合は 'red' を指定します。

    plot([0 2],[1 5])
    title('Straight Line')
    subtitle('Slope = 2, y-Intercept = 1','Color','red')

    Figure contains an axes. The axes with title Straight Line contains an object of type line.

    あるいは、text オブジェクトを返す出力引数を使用して関数 subtitle を呼び出します。その後、text オブジェクトに色を設定します。この場合は、16 進数カラー コード'#DD5500' を指定します。

    txt = subtitle('Plot of y = 2x + 1');
    txt.Color = '#DD5500';

    Figure contains an axes. The axes with title Straight Line contains an object of type line.

    プロットを作成し、関数 title を使用してタイトルを追加します。サブタイトル内のさまざまな単語にカスタム色を使用する TeX マークアップを含む文字ベクトルを作成します。次に、その文字ベクトルを関数 subtitle に渡します。

    plot([0 2],[1 5])
    title('Straight Line')
    txt = ['An {\color{magenta}Attractive '...
    '\color[rgb]{0 .5 .5}and \color{red}Colorful} Subtitle'];
    subtitle(txt)

    Figure contains an axes. The axes with title Straight Line contains an object of type line.

    ヒストグラムを作成し、関数 title を使用してタイトルを追加します。ギリシャ文字をもつ TeX マークアップを含む文字ベクトルを作成します。次に、その文字ベクトルを関数 subtitle に渡します。

    histogram(5*randn(1,50)+10)
    title('Population Data')
    txt = '{\it\mu} = 10, {\it\sigma} = 5';
    subtitle(txt)

    Figure contains an axes. The axes with title Population Data contains an object of type histogram.

    ヒストグラムを作成し、関数 title を使用してタイトルを追加します。上付き文字と下付き文字を表示する TeX マークアップを含む文字ベクトルを作成します。次に、その文字ベクトルを関数 subtitle に渡します。

    x = -10:0.1:10;
    y1 = x.^2;
    y2 = 2*x.^2;
    plot(x,y1,x,y2);
    title('Exponential Functions')
    txt = 'y_1 = x^2 and y_2 = 2x^{2 + k}';
    subtitle(txt)

    Figure contains an axes. The axes with title Exponential Functions contains 2 objects of type line.

    変数に対してイタリック フォントを表示するには、\it 修飾子を追加します。

    txt = '{\ity}_1 = {\itx}^2 and {\ity}_2 = 2{\itx}^{2 + \itk}';
    subtitle(txt)

    Figure contains an axes. The axes with title Exponential Functions contains 2 objects of type line.

    プロットを作成し、関数 title を使用してタイトルを追加します。次に、文字ベクトルの cell 配列を関数 subtitle に渡して、2 行のテキストを含むサブタイトルを作成します。配列の各要素は、テキストの各行です。

    plot([0 2],[1 5])
    title('Straight Line')
    txt = {'Slope = 2','y-Intercept = 1'};
    subtitle(txt)

    Figure contains an axes. The axes with title Straight Line contains an object of type line.

    タイトルをもつプロットを作成します。次に、TeX インタープリターでは通常下付き文字に使用されるアンダースコア文字を含むサブタイトルを作成します。関数 subtitle を呼び出すときに Interpreter'none' に設定して、アンダースコア文字がサブタイトルに表示されるようにします。

    plot([0 2],[1 5])
    title('Straight Line')
    subtitle('y_1 = 2x + 1','Interpreter','none')

    Figure contains an axes. The axes with title Straight Line contains an object of type line.

    プロットを作成し、タイトルとサブタイトルを追加します。現在の座標軸を取得し、座標軸の TitleHorizontalAlignment プロパティを 'left' に設定して、タイトルとサブタイトルをプロット ボックスの左端に揃えます。

    plot([0 2],[1 5])
    title('Straight Line')
    subtitle('Slope = 2, y-Intercept = 1')
    ax = gca;
    ax.TitleHorizontalAlignment = 'left';

    Figure contains an axes. The axes with title Straight Line contains an object of type line.

    座標軸の TitleHorizontalAlignment プロパティを center' に設定して、タイトルとサブタイトルを中央揃えにします。

    ax.TitleHorizontalAlignment = 'center';

    Figure contains an axes. The axes with title Straight Line contains an object of type line.

    タイル表示チャート レイアウトで 2 つのプロットを作成します。次に、それぞれのプロットにタイトルとサブタイトルを追加します。

    t = tiledlayout(1,2);
    
    % Left plot
    ax1 = nexttile;
    plot([0 2],[1 5])
    title(ax1,'A Straight Line')
    subtitle(ax1,'Slope = 2, y-Intercept = 1')
    
    % Right plot
    ax2 = nexttile;
    plot([0 2],[2 8])
    title(ax2,'Another Straight Line')
    subtitle(ax2,'Slope = 3, y-Intercept = 2')

    Figure contains 2 axes. Axes 1 with title A Straight Line contains an object of type line. Axes 2 with title Another Straight Line contains an object of type line.

    入力引数

    すべて折りたたむ

    サブタイトル テキスト。文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、または string 配列として指定します。複数行のテキストを作成するには、文字ベクトルの cell 配列または string 配列を指定します。

    例: subtitle('Single Line Subtitle')

    例: subtitle(["Subtitle With" "Multiple Lines"])

    サブタイトルのターゲット。次のいずれかとして指定します。

    • AxesPolarAxesGeographicAxes オブジェクトなど、任意のタイプの座標軸。

    • TiledChartLayout オブジェクト。

    • 前のリストからのグラフィックス オブジェクトの配列。オブジェクトは同じクラスに属していなければなりません。クラスを判定するには、関数 class を使用します。

    サブタイトルのターゲットを指定しない場合、関数 subtitlegca コマンドにより返されるグラフィックス オブジェクトにサブタイトルを追加します。

    名前と値のペアの引数

    オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

    例: subtitle('My Subtitle','FontSize',12) は 12 ポイントのフォント サイズを指定します。

    メモ

    ここでは、プロパティの一部だけを紹介しています。完全な一覧については、Text のプロパティ を参照してください。

    フォント サイズ。ポイント単位の 0 より大きいスカラー値として指定します。1 ポイントは 1/72 インチです。フォントの単位を変更するには、FontUnits プロパティを使用します。

    タイトルまたはサブタイトルを axes オブジェクトに追加した場合、座標軸のフォント サイズ プロパティもタイトルおよびサブタイトルのフォント サイズに影響します。タイトルとサブタイトルのフォント サイズは、座標軸のフォント サイズにスケール係数を乗じたものです。座標軸の FontSize プロパティには座標軸のフォント サイズが含まれています。座標軸の TitleFontSizeMultiplier プロパティにはスケール係数が含まれています。既定では、座標軸のフォント サイズは 10 ポイントで、スケール係数が 1.1 であるため、タイトルとサブタイトルのフォント サイズはそれぞれ 11 ポイントです。

    データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

    テキスト文字の太さ。次の値のいずれかとして指定します。

    • 'normal' — 各フォントで定義されている標準の太さ

    • 'bold' — 標準よりも太い文字

    MATLAB® ではフォントは、FontWeight プロパティを使用して、ユーザーのシステムで使用可能なフォントから選択します。すべてのフォントに太字フォントがあるとは限りません。そのため、太字フォントを指定しても標準フォントの太さと変わらない場合があります。

    関連する座標軸の SubtitleFontWeight プロパティが、サブタイトルの FontWeight 値に影響します。

    参考

    関数

    プロパティ

    R2020b で導入