Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

datacursormode

データ カーソル モードの有効化

説明

データ ヒントは、個々のデータ点に関する情報を表示する小さなテキスト ボックスです。R2018b より前のリリースでは、関数 datacursormode を使用してデータ ヒントを作成および編集します。datacursormode を使用してデータ カーソル マネージャー オブジェクトを作成することで、データ ヒントの外観と動作を制御します。

R2018b 以降では、代わりに組み込み操作を使用してデータ ヒントを作成および編集できます。組み込み操作ではモードを有効にする必要がなく、操作モードよりも応答が高速です。組み込み操作の詳細については、チャートの対話機能の制御を参照してください。

線グラフ、棒グラフ、ヒストグラム、表面グラフを含むほとんどのチャートで、データ ヒントはサポートされています。データ ヒントをサポートするチャートには通常、座標軸ツール バーにデータ ヒント アイコン が表示されます。

作成

説明

datacursormode on は、現在の Figure 内のチャートでデータ カーソル モードをオンにします。データ カーソル モードがオンの状態でデータ点をクリックすると、データ ヒントが作成されます。複数のデータ ヒントを作成するには、Shift キーを押したままデータ点をクリックします。

datacursormode off はデータ カーソル モードをオフにします。このコマンドを実行しても既存のデータ ヒントは削除されません。一部の組み込み操作は、モードに関係なく既定で有効になっています。組み込みのデータ ヒント操作を無効にするには、関数 disableDefaultInteractivity を使用します。

datacursormode は、データ カーソル モードの 'on''off' を切り替えます。この構文は、datacursormode toggle と同じです。

datacursormode(fig,___) は、指定された Figure 内のチャートでデータ カーソル モードを設定します。追加引数を 'on''off' または 'toggle' として指定します。たとえば、datacursormode(fig,'on') を使用します。

dcm = datacursormode は、現在の Figure に対してデータ カーソル マネージャー オブジェクトを作成します。この構文は、データ カーソル モード、データ ヒントの表示スタイル、データ ヒントのテキスト形式を制御する際に便利です。

dcm = datacursormode(fig) は、指定された Figure に対してデータ カーソル マネージャー オブジェクトを作成します。

入力引数

すべて展開する

ターゲット Figure。Figure オブジェクトとして指定します。

プロパティ

すべて展開する

最も近いデータ点での表示。次のいずれかの値として指定します。

  • 'on' – 最も近いデータ点にデータ ヒントを表示します。最も近いデータ点は、チャートのタイプによって異なります。たとえば、線グラフでは、最も近い点は指定された位置からのユークリッド距離が最も小さいものです。

  • 'off' – データ点の間であっても、クリックした位置にデータ ヒントを表示します。

データ ヒントの表示スタイル。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'datatip' – データ ヒントをデータ値に付加される小さいテキスト ボックスとして表示します。複数のデータ ヒントを作成するには、Shift キーを押したままデータ点を選択します。データ カーソル モードをオフにしても、既存のデータ ヒントはチャートに残ります。

  • 'window' – データ ヒントを Figure 内の移動可能なウィンドウに表示します。表示スタイルが 'window' の場合、一度に表示できるデータ ヒントは 1 つだけです。データ カーソル モードをオフにすると、ウィンドウが閉じます。

テキスト インタープリター。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'tex' — TeX マークアップのサブセットを使用して文字を解釈します。

  • 'latex' — LaTeX マークアップを使用して文字を解釈します。

  • 'none' — リテラル文字を表示します。

TeX マークアップ

MATLAB® では、既定で TeX マークアップのサブセットをサポートしています。TeX マークアップを使用して、上付き文字や下付き文字の追加、フォントのタイプや色の変更、テキストへの特殊文字の挿入を行うことができます。

修飾子の効果はテキストの末尾まで適用されます。上付き文字と下付き文字は例外であり、次の 1 文字または中かっこで囲まれた文字にのみ適用されます。インタープリターを 'tex' に設定した場合にサポートされる修飾子は次のとおりです。

修飾子説明
^{ }上付き文字'text^{superscript}'
_{ }下付き文字'text_{subscript}'
\bf太字フォント'\bf text'
\itイタリック フォント'\it text'
\sl斜体フォント (通常はイタリック フォントと同じ)'\sl text'
\rm標準フォント'\rm text'
\fontname{specifier}フォント名 — specifier をフォント ファミリの名前に置き換えます。これは他の修飾子と組み合わせて使用できます。'\fontname{Courier} text'
\fontsize{specifier}フォント サイズ — specifier をポイント単位の数値スカラーに置き換えます。'\fontsize{15} text'
\color{specifier}フォントの色 — specifier を、redgreenyellowmagentablueblackwhitegraydarkGreenorangelightBlue の色のいずれかに置き換えます。'\color{magenta} text'
\color[rgb]{specifier}フォントのカスタムの色 — specifier を RGB 3 成分に置き換えます。'\color[rgb]{0,0.5,0.5} text'

次の表に、'tex' インタープリターでサポートされる特殊文字を示します。

文字列記号文字列記号文字列記号

\alpha

α

\upsilon

υ

\sim

~

\angle

\phi

\leq

\ast

*

\chi

χ

\infty

\beta

β

\psi

ψ

\clubsuit

\gamma

γ

\omega

ω

\diamondsuit

\delta

δ

\Gamma

Γ

\heartsuit

\epsilon

ϵ

\Delta

Δ

\spadesuit

\zeta

ζ

\Theta

Θ

\leftrightarrow

\eta

η

\Lambda

Λ

\leftarrow

\theta

θ

\Xi

Ξ

\Leftarrow

\vartheta

ϑ

\Pi

Π

\uparrow

\iota

ι

\Sigma

Σ

\rightarrow

\kappa

κ

\Upsilon

ϒ

\Rightarrow

\lambda

λ

\Phi

Φ

\downarrow

\mu

µ

\Psi

Ψ

\circ

º

\nu

ν

\Omega

Ω

\pm

±

\xi

ξ

\forall

\geq

\pi

π

\exists

\propto

\rho

ρ

\ni

\partial

\sigma

σ

\cong

\bullet

\varsigma

ς

\approx

\div

÷

\tau

τ

\Re

\neq

\equiv

\oplus

\aleph

\Im

\cup

\wp

\otimes

\subseteq

\oslash

\cap

\in

\supseteq

\supset

\lceil

\subset

\int

\cdot

·

\o

ο

\rfloor

\neg

¬

\nabla

\lfloor

\times

x

\ldots

...

\perp

\surd

\prime

´

\wedge

\varpi

ϖ

\0

\rceil

\rangle

\mid

|

\vee

\langle

\copyright

©

LaTeX マークアップ

LaTeX マークアップを使用するには、インタープリターを 'latex' に設定します。テキストをドル記号で囲みます。たとえば、インライン モードでは '$\int_1^{20} x^2 dx$'、表示モードでは '$$\int_1^{20} x^2 dx$$' を使用します。

テキストは LaTeX の既定のフォント スタイルで表示され、フォント スタイルを変更するには、LaTeX マークアップを使用します。

LaTeX インタープリターで使用できるテキストの最大サイズは 1200 文字です。複数行のテキストの場合は、さらに 1 行につき 10 文字ほど文字数が少なくなります。

LaTeX システムの詳細については、LaTeX プロジェクトの Web サイト (https://www.latex-project.org/) を参照してください。

データ カーソル モード。'off' または 'on' として指定します。

データ ヒントのテキストを書式設定するコールバック関数。関数ハンドルとして指定します。

このプロパティを使用して、データ ヒントの内容を書式設定します。MATLAB は次の 2 つの引数をコールバック関数に渡します。

  • empty – 空の引数。これが使用されないことを示すには、関数の中でこれをチルダ文字 (~) に置き換えます。

  • info – データ ヒントに関する情報を含む構造体。info 引数には TargetPosition の 2 つのフィールドがあります。Target フィールドには DataTipTemplate プロパティをもつオブジェクトが含まれます。Position フィールドにはデータ ヒントの座標が含まれます。

関数は MATLAB パス上または現在のフォルダー内になければなりません。あるいは、データ ヒントのコンテキスト メニューから [関数の更新]、[ファイルから選択] を選択すると、MATLAB パス上に存在しない関数を選択できます。

コールバックの詳細については、コールバック定義を参照してください。

このプロパティは読み取り専用です。

データ ヒントが表示される Figure オブジェクト。

オブジェクト関数

getCursorInfo

info = getCursorInfo(dcm) は、Figure 内の各データ ヒントのターゲットと座標を返します。info は以下のフィールドを含む構造体のベクトルです。

  • TargetDataTipTemplate プロパティをもつオブジェクト (LineHistogramSurfaceFunctionLine など)。

  • Position – データ ヒントの座標。座標の解釈は、座標軸のタイプによって異なります。たとえば、直交座標軸の座標は、データと同じ単位の xy および z です。

  • DataIndex (Line オブジェクトのみ) – プロット データのインデックス。たとえば、直交座標軸のセット上の 2 次元オブジェクトのプロット データは、XData プロパティと YData プロパティに含まれています。

すべて折りたたむ

いくつかのデータをプロットして DataCursorManager オブジェクトを作成し、データ カーソル モードを有効にします。DisplayStyle プロパティを 'window' に設定して、データ ヒントの内容を移動可能なウィンドウに表示します。次に、データ点をクリックしてデータ ヒントを作成します。データ ヒント ウィンドウを移動するには、ウィンドウの見出しをクリックしてドラッグします。

x = linspace(0,5,30);
y = exp(x);
scatter(x,y)
dcm = datacursormode;
dcm.Enable = 'on';
dcm.DisplayStyle = 'window';

Scatter plot with one selected point. A window in the lower-right corner displays the coordinates of the selected point.

DataCursorMode オブジェクトの UpdateFcn プロパティを設定して、データ ヒントのテキストをカスタマイズします。

まず、データ ヒント情報を受け入れてカスタマイズされたテキストを返すコールバック関数を定義します。UpdateFcn プロパティではコールバック関数の最初の引数は使用されないため、この引数を ~ に置き換えます。カスタマイズされたテキストを、この場合は座標の順序対を含む文字配列として返します。この関数を displayCoordinates.m というプログラム ファイルとして保存します。

function txt = displayCoordinates(~,info)
    x = info.Position(1);
    y = info.Position(2);
    txt = ['(' num2str(x) ', ' num2str(y) ')'];
end

いくつかのデータをプロットしてデータ カーソル モードを有効にし、UpdateFcn プロパティをコールバック関数に設定します。次に、データ点をクリックしてデータ ヒントを作成します。

x = 1:10;
y = x.^2;
scatter(x,y)

dcm = datacursormode;
dcm.Enable = 'on';
dcm.UpdateFcn = @displayCoordinates;

Scatter plot with one data tip. The text in the data tip is an ordered pair.

ヒント

  • 一般に、データ ヒントには選択したデータ点の座標が表示されます。ただし、一部のタイプのチャートでは、データ ヒントに特殊な情報が表示されます。たとえば、関数 histogram を使用して作成したヒストグラムには、観測値の数とビンのエッジを箇条書きにしたデータ ヒントが表示されます。

  • データ ヒントをプログラムで作成およびカスタマイズするには、関数 datatip および dataTipTextRow を使用します。詳細については、カスタム データ ヒントの作成を参照してください。

R2006a より前に導入