ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プロット データの対話型の確認

プロットされたデータを対話的に確認および編集して、データの視覚的な表示を改善したり、データに関するその他の情報を明らかにすることができます。使用できる操作は座標軸の内容によって異なりますが、通常は、ズーム、移動、回転、データ ヒント、データのブラシ選択、元の表示の復元などがあります。

一部のタイプの操作は既定で有効になっていますが、他のタイプの操作は座標軸ツール バーでのみ使用できます。ツール バーは、座標軸の右上隅にカーソルを置くと表示されます。

メモ

R2018a およびそれ以前のリリースでは、座標軸ツール バーの代わりに Figure ツール バーに操作オプションが表示されます。また、以前のリリースでは、どの操作も既定では有効になっていません。

データのズーム、移動、回転

座標軸のズーム、移動、および回転によって、データをさまざまな表示で確認できます。既定では、スクロール ホイールを使用して、座標軸の表示を拡大または縮小できます。また、座標軸をクリックおよびドラッグして座標軸 (2 次元表示) を移動したり、座標軸 (3 次元表示) を回転することもできます。

座標軸ツール バーのズーム イン 、ズーム アウト 、移動 、および回転 アイコンをクリックすることで、追加の操作を有効にできます。たとえば、四角形をドラッグして関心領域をズームする場合は、ズーム イン アイコンをクリックします。

データ ヒントを使用したデータ値の表示

データ ヒントを使用すると、データ点の x、y、および z の値を識別するために役立ちます。データ点にカーソルを合わせると、データ ヒントが表示されます。データ ヒントを保持する場合は、座標軸ツール バーのデータ ヒント アイコン を選択します。複数のデータ ヒントを作成するには、Shift キーを使用します。

データのブラシ選択を使用したデータ値の選択と変更

データのブラシ選択をすることで、個々のデータ値を選択、削除、または置換することができます。データのブラシを選択するには、座標軸ツール バーからデータのブラシ選択アイコン を選択します。データ点をクリックして強調表示するか、四角形をドラッグして四角形内のすべてのデータ点を強調表示します。Shift キーを使用して、追加のデータ点を強調表示します。

目的のデータ点を強調表示した後に、右クリックのコンテキスト メニューのオプションを使用して、値の削除、置換、またはコピーを行うことができます。表示されるプロットには、変更が示されます。また、プロットされたオブジェクトの更新 (XData など) によるデータ プロパティの更新も表示されます。ただし、元のワークスペース変数は更新されません。その後に、ワークスペース変数も更新する場合は、Figure の [ツール] メニューの [リンク] オプションを使用して、変数をプロットにリンクできます。

プロッ トデータからの外れ値の削除

この例では、データのブラシ選択を使用して、100 のデータ ポイントのプロットから外れ値を削除する方法を示します。

まず、1 つの外れ値を含むデータをプロットします。次に、座標軸ツール バーからデータのブラシ選択アイコン を選択し、外れ値の周囲に四角形をドラッグします。

x = linspace(0,10);
y = exp(.1*x).*sin(3*x);
y(60) = 2.7;
plot(x,y)

ブラシ選択したデータ点を右クリックし、コンテキスト メニューから [削除] を選択します。プロットが更新されたことに注意してください。ただし、ワークスペース変数は変更されません。

ワークスペース変数から点を削除する場合は、データのブラシを選択する前に、Figure の [ツール] メニューから [リンク] オプションを選択します。

プロパティ インスペクターを使用したプロットのカスタマイズ

プロットを対話型で変更するには、プロパティ インスペクターを使用します。プロパティ インスペクターを開いてプロットを選択すると、インスペクターには編集可能なプロパティのリストが表示されます。インスペクターを開くには、関数 inspect を使用するか、Figure ツール バーの [プロパティ インスペクター] アイコン をクリックします。

参考

| | | | | |

関連するトピック