最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dataTipTextRow

データ ヒントに行を追加

説明

特定のラベル、値のソース、および値の形式をもつ新しいデータ ヒント行を作成するには、関数 dataTipTextRow を使用します。新しいデータ ヒント行は、その作成後、プロットされるオブジェクトの DataTipTemplate プロパティに追加しなければなりません。

作成

説明

r = dataTipTextRow(label,value) は、指定されたラベルと値のソースを使用する、新しいデータ ヒント行を作成します。

r = dataTipTextRow(label,value,format) は、表示される値の形式を追加指定します。

プロパティ

すべて展開する

ラベル。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

例: 'My Label'

値のソース。データ プロパティの名前 ('XData' など)、ワークスペース名、または table 変数名を含む文字ベクトルもしくは string スカラーとして、あるいはベクトルまたは関数ハンドルとして指定します。ソース値の数はデータ点の数と一致しなければなりません。

例: 'XData' は、プロットされるオブジェクトの XData プロパティとして値のソースを指定します。

例: [1 2 3 4 5] は、ベクトルとして値のソースを指定します。

例: @(x)sin(x) は関数ハンドルを指定します。x はオブジェクトの XData 値です。

例: @(x,y)sin(y) は関数ハンドルを指定します。y はオブジェクトの YData 値です。

値の形式。'auto' として、あるいは数値、datetime、または duration の形式をもつ文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。指定する形式の型は、Value プロパティの値の型と一致しなければなりません。

例: r = dataTipTextRow(label,value,'usd') は、事前定義された米国ドルの数値形式を指定します。

例: r = dataTipTextRow(label,value,'%#4.4g') は数値形式を指定します。

例: r = dataTipTextRow(label,value,'yyyy-MM-dd') は datetime 形式を指定します。

例: r = dataTipTextRow(label,value,'hh:mm:ss') は duration 形式を指定します。

数値形式

次の表にリストされている事前定義された形式のいずれかを指定できます。あるいは、カスタム数値形式を指定できます。

事前定義された形式説明
'usd'

米国ドル。このオプションは、'$%,.2f' を使用するのと同等です。ラベルが科学表記を使用する場合、このオプションは指数値を 0 に設定します。

'eur'

ユーロ。このオプションは、指数値 0 で '\x20AC%,.2f' を使用するのと同等です。

'gbp'

英国ポンド。このオプションは、指数値 0 で '\x00A3%,.2f' を使用するのと同等です。

'jpy'

日本円。このオプションは、指数値 0 で '\x00A5%,d' を使用するのと同等です。

'degrees'

値の後に度記号を表示します。このオプションは、既定の指数値で '%g\x00B0' を使用するのと同等です。

'percentage'

値の後にパーセント記号を表示します。このオプションは、既定の指数値で '%g%%' を使用するのと同等です。

'auto'

値を 4 桁の有効数字で表示します。

上記の表で示されたいずれの形式も必要な形式と合致しない場合は、識別子をもつカスタムの文字ベクトルまたは string を作成します。

パーセント記号と変換文字を除き、識別子の指定はオプションです。次の順序で形式を作成します。

  • 1 つ以上のフラグ — 正の値の前にプラス記号を付けるなどのオプション。オプションの完全なリストは、オプションのフラグの表を参照してください。

  • フィールド幅 — 目盛りラベルに出力する文字の最小数。フィールド幅は整数値として指定します。目盛り値の有効桁数がフィールド幅より小さい場合、ラベルは空白でパディングされます。

  • 精度 — 変換文字に応じた、小数点以下の桁数または有効桁数。精度は整数値として指定します。

  • 変換文字 — 値のタイプ。オプションの完全なリストは、変換文字の表を参照してください。データに適さない変換を指定すると、MATLAB® は指定した変換をオーバーライドし、%e を使用します。

また、形式の先頭または末尾にリテラル テキストを指定できます。一重引用符を出力するには、'' を使用します。パーセント記号を出力するには、%% を使用します。

  • '$%.2f' — 各値の前にドル記号を表示し、小数点以下 2 桁の固定小数点表記を使用します。

  • '%.3f Million' — 各値の後に Million を表示し、小数点以下 3 桁の固定小数点表記を使用します。

オプションのフラグ説明数値形式の例
+'+100' のように、正の値に符号文字 (+) を出力します。'%+4.4g'
0'0100' のように、先頭に空白の代わりにゼロを付けてフィールド幅をパディングします。'%04.4g'
左揃え。値の先頭ではなく末尾を空白でパディングします。たとえば、フィールド幅が 4 の場合、このフラグはラベルを ' 100' ではなく '100 ' に書式設定します。'%-4.4g'
#

%f%e および %g の各変換文字の場合は、'100.' のように、精度が 0 であっても小数点が出力されます。%g の場合、後続のゼロは削除しません。

'%#4.4g'
変換文字説明
d または i基数 10 の符号付き整数。精度値は有効桁数を示します。 '%.4d' は、π を 0003 として表示します。
f固定小数点表記。精度値は小数点以下の桁数を示します。'%.4f' は、π を 3.1416 として表示します。
e指数表現。精度値は小数点以下の桁数を示します。'%.4e' は、π を 3.1416x100 として表示します。
ge または f のいずれかコンパクトな方のバージョン。後続のゼロは除きます。精度値は小数点以下の最大桁数を示します。'%.4g' は、π を 3.1416 として表示します。

datetime の形式

次の表に、いくつかの一般的な形式と、ニューヨーク市の 2014 年 4 月 19 日 (土) 9:41:06.12345 PM の書式設定された入力の例を示します。

形式
'yyyy-MM-dd'2014-04-19
'dd/MM/yyyy'19/04/2014
'dd.MM.yyyy'19.04.2014
'yyyy年 MM月 dd日'2014年 04月 19日 (日本語のロケール ja_JP の文字)
'MMMM d, yyyy'4 月 19, 2014
'eeee, MMMM d, yyyy h:mm a'土曜日, 4 月 19, 2014 9:41 午後
'MMMM d, yyyy HH:mm:ss Z'4 月 19, 2014 21:41:06 -0400
'yyyy-MM-dd''T''HH:mmXXX'2014-04-19T21:41-04:00
'yyyy-MM-dd HH:mm:ss.SSS'2014-04-19 21:41:06.123

次の表に、datetime 形式の作成に使用できる文字識別子を示します。フィールドを区切るには、ハイフン、スペース、コロンなどのアルファベット以外の文字、または任意の非 ASCII 文字を使用します。識別子は、Unicode® ロケール データ マークアップ言語 (LDML) の標準の日付表記に対応します。

表の識別子を使用して、日付と時刻のフィールドの表示形式を指定します。

文字識別子説明表示
G紀元CE
y先頭に 0 を付けない表記の年。この表の後のメモを参照してください。2014
yy下 2 桁表記の年。この表の後のメモを参照してください。14
yyyyyyy ...'y' の数に対応する桁数以上で表記した年2014 年の場合、'yyy' では 2014 と表示され、'yyyyy' では 02014 と表示されます。
uuu ...ISO 年。年を単一の数値で表したものです。ISO 年では、紀元後の年が正の値、紀元前の年が負の値で表され、紀元前 1 年が 0 年になります。2014
Q1 桁表記の四半期2
QQ2 桁表記の四半期02
QQQ省略形で表記した四半期Q2
QQQQ完全名で表記した四半期第2四半期
M1 桁または 2 桁の数値で表記した月4
MM2 桁の数値で表記した月04
MMM短縮名で表記した月4月
MMMM完全名で表記した月4月
MMMMM大文字の頭文字で表記した月A
W月間通算週1
d1 桁または 2 桁表記の月間通算日5
dd2 桁表記の月間通算日05
D1 ~ 3 桁表記の年間通算日95
DD2 桁表記の年間通算日95
DDD3 桁表記の年間通算日095
e1 桁または 2 桁の数値で表記した曜日7 (週の始まりは日曜日)
ee2 桁の数値で表記した曜日07
eee短縮名で表記した曜日
eeee完全名で表記した曜日土曜日
eeeee先頭文字で表記した曜日
a午前と午後の区分午後
h1 桁または 2 桁表記の 12 時間制の時間9
hh2 桁表記の 12 時間制の時間09
H1 桁または 2 桁表記の 24 時間制の時間21
HH2 桁表記の 24 時間制の時間21
m1 桁または 2 桁表記の分41
mm2 桁表記の分41
s1 桁または 2 桁表記の秒6
ss2 桁表記の秒06
SSS ... SSSSSSSSS'S' の数に対応する桁数で表記した秒の小数部 (最大 9 桁)'SSS' の場合、6.12345 秒は 123 までに切り捨てられます。

ヒントと考慮事項:

  • 2 桁の年番号を読み取る場合に形式を y または yy として指定すると、その年の世紀はピボット年に基づいて判別されます。

  • ゼロに近い年番号を扱うときは、文字 y の代わりに文字 u を 1 文字以上使用します。

  • 紀元後 144683 年より後または紀元前 140743 年より前の datetime 値については、指定した形式の値に関係なく、年番号のみが表示されます。

次の表の識別子を使用して、タイム ゾーン オフセットの表示形式を指定します。タイム ゾーン オフセットは、特定の日付および時刻と UTC との時差です。これは、1 年の特定時期のオフセットを定義するルールを構成するタイム ゾーンとは異なります。時刻の成分が必ず明確に表示されるようにする場合は、タイム ゾーン オフセットの識別子を含めます。

文字識別子説明表示
zタイム ゾーン オフセットの省略名。この値が指定されていない場合、タイム ゾーン オフセットには UTC-4 などの短い UTC 形式が使用されます。EDT
ZISO 8601 基本形式。時、分、秒 (オプション) の各フィールドがあります。-0400
ZZZZ長い UTC 形式。UTC-04:00
ZZZZZISO 8601 拡張形式。時、分、秒 (オプション) の各フィールドがあります。ISO 8601 UTC 指定子 "Z" として 0 の時間オフセットが表示されます。-04:00
x または XISO 8601 基本形式。時、分 (オプション) の各フィールドがあります。X を指定すると、ISO 8601 UTC 指定子 "Z" として 0 の時間オフセットが表示されます。-04
xx または XXISO 8601 基本形式。時、分の各フィールドがあります。XX を指定すると、ISO 8601 UTC 指定子 "Z" として 0 の時間オフセットが表示されます。-0400
xxx または XXXISO 8601 拡張形式。時、分の各フィールドがあります。XXX を指定すると、ISO 8601 UTC 指定子 "Z" として 0 の時間オフセットが表示されます。-04:00
xxxx または XXXXISO 8601 基本形式。時、分、秒 (オプション) の各フィールドがあります。XXXX を指定すると、ISO 8601 UTC 指定子 "Z" として 0 の時間オフセットが表示されます。-0400
xxxxx または XXXXXISO 8601 拡張形式。時、分、秒 (オプション) の各フィールドがあります。XXXXX を指定すると、ISO 8601 UTC 指定子 "Z" として 0 の時間オフセットが表示されます。-04:00

duration の形式

duration の形式は、時間単位を伴う単一の数値 ('0.5 yrs' など)、またはデジタル タイマー (時間、分、秒を表す 'hh:mm:ss' など) のいずれかにすることができます。

時間単位を伴う数値には、次のいずれかを指定します。

  • 'y' — 固定長の年数。ここで、1 年は 365.2425 日に等しい

  • 'd' — 固定長の日数。ここで、1 日は 24 時間に等しい

  • 'h' — 時間数

  • 'm' — 分数

  • 's' — 秒数

デジタル タイマー形式には、次のいずれかを指定します。

  • 'dd:hh:mm:ss'

  • 'hh:mm:ss'

  • 'mm:ss'

  • 'hh:mm'

  • 最初の 3 つの形式のいずれかに、秒の小数部を表す文字 S (最大 9 桁) を加えた 'hh:mm:ss.SSSS' のような形式

すべて折りたたむ

サンプルの事故データを読み込んで散布図を作成します。次に、既定のデータ ヒントに 3 行目を追加します。ラベルには、State を使用します。値のソースには、ワークスペース変数 statelabel を使用します。作成した新しい行を、Scatter オブジェクトの DataTipTemplate プロパティに追加します。

load('accidents.mat','hwydata','statelabel')
s = scatter(hwydata(:,5),hwydata(:,4));
row = dataTipTextRow('State',statelabel);
s.DataTipTemplate.DataTipRows(end+1) = row;

対話的に、または関数 datatip を使用してデータ ヒントを作成します。

dt = datatip(s,11250,1493);

正弦値のライン プロットを作成します。既定のデータ ヒントに、余弦値を表示する 3 行目を追加します。表示される余弦値の数値形式を指定します。この例では、'%+4.4g' を使用して正の値の符号文字 (+) を含めます。作成した新しい行を、Line オブジェクトの DataTipTemplate プロパティに追加します。

x = linspace(0,10);
y1 = sin(x);
y2 = cos(x);
p = plot(x,y1);
row = dataTipTextRow('Cosine',y2,'%+4.4g');
p.DataTipTemplate.DataTipRows(end+1) = row;

対話的に、または関数 datatip を使用してデータ ヒントを作成します。

dt = datatip(p,6.566,0.2787);

R2019a で導入