最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

rtickangle

r 軸の目盛りラベルの回転

説明

rtickangle(angle) は、現在の座標軸の r 軸の目盛りラベルを指定された度単位の角度で回転します。0 は水平です。反時計回りの回転の場合は正の値を、時計回りの場合は負の値を指定します。

rtickangle(pax,angle) は、現在の座標軸の代わりに pax で指定される座標軸の目盛りラベルを回転します。

ang = rtickangle は、現在の座標軸の r 軸の目盛りラベルの回転角度を度単位のスカラー値として返します。正の値は反時計回りの回転を示します。負の値は時計回りの回転を示します。

ang = rtickangle(pax) は、現在の座標軸の代わりに pax で指定される極座標軸を使用します。

すべて折りたたむ

極座標プロットを作成し、r 軸の目盛りラベルを反時計回りに 45 度回転します。

polarplot(1:100)
rtickangle(45)

極座標プロットを作成し、polar axes オブジェクトを変数 pax に割り当てます。次に、極座標軸の r 軸の目盛りラベルを回転します。rtickangle が必ず pax に影響を与えるようにするには、最初の入力引数として polar axes オブジェクトを指定します。

polarplot(1:100)
pax = gca;
rtickangle(pax,45)

極座標プロットを作成します。次に、r 軸の目盛りラベルの回転角度をクエリします。既定では、ラベルは回転されません。

polarplot(1:100)

ang = rtickangle
ang = 0

入力引数

すべて折りたたむ

目盛りラベルの回転。度単位のスカラー値として指定します。0 は水平です。

例: rtickangle(90)

1 つ以上の極座標軸。単一のオブジェクトまたはオブジェクトのベクトルとして指定します。極座標軸を指定しない場合、rtickangle は現在の座標軸を使用します。

アルゴリズム

関数 rtickangle は、axes オブジェクトの RTickLabelRotation プロパティの設定とクエリを行います。

R2016b で導入