最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

thetaticks

theta 軸の目盛り値の設定またはクエリ

説明

thetaticks(ticks)theta 軸の目盛り値を設定します。これは、theta 軸上の目盛りとグリッド ラインの表示位置です。ticks は、増加する値からなるベクトルとして指定します。たとえば、[0 90 180 270] とします。このコマンドは、現在の座標軸に影響します。

tv = thetaticks は、現在の theta 軸の目盛り値をベクトルとして返します。

thetaticks('auto') は自動モードを設定し、座標軸が theta 軸の目盛り値を決定できるようにします。このオプションは、目盛り値を変更した後でそれらを既定値に戻す場合に使用します。

thetaticks('manual') は手動モードを設定し、theta 軸の目盛り値を現在の値に固定します。このオプションは、座標軸のサイズ変更時や座標軸への新規データの追加時に、現在の目盛り値を保持する場合に使用します。

m = thetaticks('mode') は、現在の theta 軸の目盛りラベル モード ('auto' または 'manual') を返します。目盛り値を指定したりモードを手動に変更したりしない限り、自動モードが既定で使用されます。

___ = thetaticks(pax,___) は、現在の座標軸の代わりに pax で指定される座標軸を使用します。前述の構文いずれかの最初の入力引数として pax を指定します。

すべて折りたたむ

極座標プロットを作成します。theta 軸の 0°、90°、180°、270° に目盛りとグリッド ラインを表示します。次に、各目盛りのラベルを指定します。

theta = linspace(0,2*pi);
rho = theta/10;
polarplot(theta,rho)

thetaticks([0 90 180 270])
thetaticklabels({'East','North','West','South'})

theta 軸の目盛りを、0 〜 360 度の間の非等間隔な値で表示します。

theta = linspace(0,2*pi);
rho = theta/10;
polarplot(theta,rho)
thetaticks([0 30 60 90 180 210 240 270])

theta 軸の目盛りを 15 度間隔で表示します。

theta = 0:0.01:2*pi;
rho = sin(2*theta).*cos(2*theta);
polarplot(theta,rho)
thetaticks(0:15:360)

極座標プロットを作成し、theta 軸の目盛り値を指定します。次に、theta 軸の目盛り値を既定値に戻します。

polarplot(1:10)
thetaticks([0 120 240])

thetaticks('auto')

極座標軸を作成し、polar axes オブジェクト pax を返します。thetaticks がここで作成した極座標軸に確実に影響を与えるようにするには、この関数の最初の入力引数として pax を渡します。

pax = polaraxes;
thetaticks(pax,0:45:360)

目盛り値を空の配列として指定して、theta 軸の目盛りとグリッド ラインを削除します。

theta = 0:0.01:2*pi;
rho = sin(2*theta).*cos(2*theta);
polarplot(theta,rho)
thetaticks([])

入力引数

すべて折りたたむ

目盛り値。増加する値からなるベクトルとして指定します。目盛り値は、ThetaAxisUnits プロパティによって決まる単位で解釈されます。既定の単位は度数です。

theta 軸の目盛りを表示しない場合、空のベクトル [] を指定します。

例: thetaticks([0 90 180 270])

例: thetaticks([0:30:330])

例: thetaticks([])

メモ

目盛りラベルを指定するには、関数 thetaticklabels を使用します。

1 つ以上の極座標軸。単一のオブジェクトまたはオブジェクトのベクトルとして指定します。極座標軸を指定しない場合、thetaticks は現在の座標軸を使用します。

出力引数

すべて折りたたむ

現在の目盛り値。ベクトルとして返されます。

現在のモード。次のいずれかの値が返されます。

  • 'auto' — 座標軸は theta 軸の目盛り値を自動的に決定します。

  • 'manual' — 座標軸は手動で指定された theta 軸の目盛り値を使用します。

詳細

すべて折りたたむ

目盛り値

目盛り値は、theta 軸上の目盛りの表示位置です。目盛りラベルは、各目盛りの横に表示されるラベルです。目盛り値を設定するには関数 thetaticks を使用します。対応する目盛りラベルを設定するには関数 thetaticklabels を使用します。

アルゴリズム

関数 thetaticks は、theta 軸の目盛り値に関連する、複数の座標軸プロパティの設定とクエリを行います。

  • ThetaTicktheta 軸の目盛り値を保存するプロパティ。

  • ThetaTickModetheta 軸の目盛り値モードを保存するプロパティ。theta 軸の目盛り値を設定すると、このプロパティは 'manual' に変わります。

R2016b で導入