Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

uialert

警告ダイアログ ボックスの表示

説明

uialert(fig,message,title) は、指定された Figure ウィンドウの前面にモーダル ダイアログ ボックスを表示します。この Figure は関数 uifigure で作成されていなければなりません。このダイアログ ボックスには指定されたメッセージが表示され、タイトル バーと指定のタイトルがあります。既定では、ダイアログ ボックスにはエラー アイコンと [OK] ボタンも含まれます。

uialert(___,Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value のペアの引数で指定されたプロパティをもつダイアログ ボックスを表示します。

すべて折りたたむ

モーダル警告ダイアログ ボックスを作成します。そのダイアログ ボックスを閉じるまで、後ろ側にある Figure にはアクセスできません。

fig = uifigure;
uialert(fig,'File not found','Invalid File');

fig = uifigure;
message = sprintf('Fire hazard! \n Consider reducing temperature.');
uialert(fig,message,'Warning',...
'Icon','warning');

入力引数

すべて折りたたむ

ターゲット Figure。Figure オブジェクトとして指定します。この Figure は関数 uifigure で作成されていなければなりません。

メッセージ。文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、または string 配列として指定します。任意の長さのメッセージを指定できます。

改行文字 (\n) などの書式文字を使用できます。複数行のテキストを表示する場合は、文字ベクトルの cell 配列または string 配列を使用します。

例: 'Invalid value'

タイトル。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。長いタイトルは打ち切られ、その後に省略記号が付きます。タイトルが打ち切られる正確な長さは、システム設定によって異なります。

改行文字 (\n) などの書式文字はスペースに置き換えられます。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: 'Icon','warning'

警告ダイアログ ボックスのクローズ要求コールバック関数。次の値のいずれかとして指定します。

  • 関数ハンドル。

  • 最初の要素が関数ハンドルである cell 配列。cell 配列内のその後の要素はコールバック関数に渡される引数です。

  • 有効な MATLAB® 式である文字ベクトル。MATLAB はベース ワークスペース内でこの式を評価します。

アプリ ユーザーがタイトル バーの閉じるボタンをクリックするか、[OK] ボタンをクリックして警告ダイアログ ボックスを閉じると、CloseFcn コールバックが実行されます。表示された警告ダイアログ ボックスの基の Figure ウィンドウをアプリ ユーザーが MATLAB コマンド ラインから閉じた場合も、関数 CloseFcn が実行されます。関数 close を使用して、コマンド ラインから Figure ウィンドウを閉じることができます。

アイコン。事前定義されているアイコンまたはカスタム アイコンとして指定します。

事前定義されているアイコン

次の表は、事前定義されているアイコンを示す値の一覧です。たとえば、チェック マークのアイコンを表示するには、名前と値のペア 'Icon','success' を指定します。

アイコン
'error' (既定)

'warning'

'info'

'success'

''

アイコンは表示されません。

カスタム アイコン

カスタム アイコンを次の値のいずれかとして指定します。

  • MATLAB パス上にある SVG、JPEG、GIF または PNG イメージのファイル名を指定する文字ベクトル。あるいは、イメージ ファイルの絶対パスを指定することもできます。

  • トゥルーカラー イメージ配列。詳細については、イメージの種類を参照してください。

モーダル。true または false として指定します。

モーダル ダイアログ ボックスは、ダイアログ ボックスが閉じられるまで Figure をアクセス不可にするものです。ただし、追加のダイアログ ボックスの表示は妨げられません。

R2016a で導入