Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

move

ツリー ノードの移動

説明

move(targetnode,siblingnode) は、ターゲット ノードを、指定した兄弟ノードの後に移動します。

move(targetnode,siblingnode,location) は、ターゲット ノードを、指定した兄弟ノードの前または後に移動します。location を 'after' または 'before' として指定します。

すべて折りたたむ

それぞれが子ノードをもつ最上位のノードを 2 つ含むツリーを作成します。

f = uifigure;
tree = uitree(f,'Position',[20 20 200 150]);
node1 = uitreenode(tree,'Text','Runners');
node2 = uitreenode(tree,'Text','Cyclists');
runner = uitreenode(node1,'Text','Joe');
cyclist = uitreenode(node2,'Text','Rajeev');

[Cyclists][Runners] の前に移動します。

move(node2,node1,'before');

[Cyclists][Runners] の後に移動します。location の既定値は 'after' なので、この引数は省略できます。

move(node2,node1);

入力引数

すべて折りたたむ

ターゲット ノード。TreeNode オブジェクトとして指定します。

兄弟ノード。TreeNode オブジェクトとして指定します。

ターゲット位置。'after' または 'before' として指定します。

R2017b で導入