Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

uitoolbar

Figure にツール バーを作成

説明

tb = uitoolbar は現在の Figure 内にツール バーを作成し、Toolbar オブジェクトを返します。関数 figure を使用して作成された Figure が存在しない場合、MATLAB® によりこれが作成され、親として機能します。

tb = uitoolbar(parent) は、指定された親 Figure にツール バーを作成します。親コンテナーには、関数 uifigure または関数 figure で作成された Figure を指定できます。

tb = uitoolbar(___,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して指定されたプロパティ値をもつツール バーを作成します。前述の構文のいずれかを使用して、名前と値のペアを指定します。

すべて折りたたむ

関数 figure を呼び出し、Figure を作成します。Figure にツール バーを追加します。Figure の既定のツール バーの下に表示されます。

f = figure;
tb = uitoolbar(f);

Figure that displays the default toolbar and another empty toolbar below it.

ツール バー内にプッシュ ツールを作成します。インデックス付きイメージ ファイル matlabicon.gif から新しいアイコンを読み取ります。インデックス付きイメージを RGB トゥルーカラー イメージ配列に変換します。トゥルーカラー イメージ配列に CData プロパティを設定し、アイコンをプッシュ ツールに追加します。

pt = uipushtool(tb);

[img,map] = imread(fullfile(matlabroot,...
            'toolbox','matlab','icons','matlabicon.gif'));
ptImage = ind2rgb(img,map);

pt.CData = ptImage;

Figure that displays the default toolbar and another toolbar below it that contains a push tool with the MathWorks logo.

ツール バーにおける左から右へのツールの順序を変更します。この場合、UI figure ツール バーにあるプッシュ ツールおよびトグル ツールの順序を逆にします。

UI figure を作成します。そこにツール バーを追加します。次に、ツール バーにプッシュ ツールとトグル ツールを追加します。

fig = uifigure;
tb = uitoolbar(fig);
pt = uipushtool(tb);
tt = uitoggletool(tb);

UI figure with a push tool and toggle tool in a toolbar that both display the default icon.

ツール バー内にプッシュ ツールを作成します。インデックス付きイメージ ファイル matlabicon.gif から新しいアイコンを読み取ります。インデックス付きイメージを RGB トゥルーカラー イメージ配列に変換します。トゥルーカラー イメージ配列に CData プロパティを設定し、アイコンをプッシュ ツールに追加します。

[img,map] = imread(fullfile(matlabroot,...
            'toolbox','matlab','icons','matlabicon.gif'));
ptImage = ind2rgb(img,map);
pt.CData = ptImage;

Membrane logo added to the push tool. The push tool is to the left of the toggle tool.

トグル ツールのアイコンとして、青色のトゥルーカラー イメージ配列を作成します。この配列に CData プロパティの値を設定し、トグル ツールに青色の四角形のアイコンを表示させます。

ttImage = zeros(16,16,3);
ttImage(:,:,3) = ones(16);
tt.CData = ttImage;

Blue square added to the toggle tool.

ツール バーの Children プロパティをクエリします。この配列で返される子の順序は、ツール バーに表示されるツールの右から左への順序を反映しています。トグル ツールは右端のツールで、リストの一番上 (配列の 1 番目の要素) に表示されます。

oldToolOrder = tb.Children
oldToolOrder = 

  2×1 graphics array:

  ToggleTool
  PushTool

関数 flipud を呼び出して、tb.Children で返される配列の要素の順序を反転させ、ツールの順序を逆にします。Children プロパティの値をこの新しいツール順序に設定します。プッシュ ツールはツール バーのトグル ツールの右側に表示されるようになりました。

newToolOrder = flipud(oldToolOrder);
tb.Children = newToolOrder;

Blue toggle tool appears to the left of the push tool in the toolbar.

入力引数

すべて折りたたむ

親 Figure。関数 uifigure または関数 figure で作成された Figure オブジェクトとして指定します。親 Figure を指定しない場合は、MATLAB で関数 figure が呼び出されて親となる Figure が作成されます。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: 'Visible','off' は、ツール バーの可視性を 'off' に設定します。

メモ

ここでは、プロパティの一部だけを紹介しています。完全な一覧については、Toolbar のプロパティ を参照してください。

可視性の状態。'on' または 'off'、もしくは数値または logical 1 (true) または 0 (false) として指定します。'on' の値は true と等価であり、'off'false と等価です。したがって、このプロパティの値を logical 値として使用できます。値は matlab.lang.OnOffSwitchState 型の on/off logical 値として格納されます。

  • 'on' — オブジェクトを表示します。

  • 'off' — オブジェクトを削除せずに非表示にします。非表示の UI コンポーネントのプロパティには引き続きアクセスできます。

アプリの起動を高速化するには、起動時に表示する必要のないすべての UI コンポーネントの Visible プロパティを 'off' に設定します。

Toolbar の子。空の GraphicsPlaceholder またはコンポーネント オブジェクトの 1 次元配列として返されます。Toolbar オブジェクトの子は、PushTool オブジェクトおよび ToggleTool オブジェクトです。

Children プロパティを使用して子の追加や削除を行うことはできません。このプロパティは、子のリストの参照や子の並べ替えに使用します。この配列の子の順序は、ツール バーに表示されるツールの右から左への順序を反映しています。つまり、右端のツールがリストの一番上にあり、左端のツールがリストの一番下にあります。たとえば、Children プロパティによって返されるこのツールの順序は、プッシュ ツールがツール バーのトグル ツールの左側に表示されることを示します。

toolOrder = tb.Children
toolOrder = 

  2×1 graphics array:

  ToggleTool
  PushTool

このリストに子を追加するには、子コンポーネントの Parent プロパティをこの uitoolbar オブジェクトに設定します。

HandleVisibility プロパティが 'off' に設定されているオブジェクトは Children プロパティにリストされません。

ヒント

  • ツール バーには、プッシュ ツールまたはトグル ツールを含めることができます。プッシュ ツールは、プッシュ ボタンと同じように動作します。クリックすると、マウス ボタンが離れるまで押し下げられたままになります。トグル ツールには、'off' または 'on' の 2 つの状態があります。ボタンの状態はクリックするたびに変更されます。

  • Toolbar オブジェクト (およびその子 PushTool オブジェクトおよび ToggleTool オブジェクト) は、WindowStyle プロパティが 'modal' に設定されている Figure には表示されません。ツール バーの子を含む Figure の WindowStyle'modal' に変更された場合、ツール バーの子は Figure の Children プロパティに依然として存在します。ただし、WindowStyle'modal' に設定されている間、このツール バーは表示されません。

R2006a より前に導入