Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

uiimage

イメージ コンポーネントの作成

説明

im = uiimage は、イメージ コンポーネントを新しい Figure 内に作成し、Image オブジェクトを返します。MATLAB® は関数 uifigure を呼び出して新しい Figure を作成します。uiimage は、アプリに画像、アイコン、ロゴを表示する場合に使用します。

im = uiimage(Name,Value) は 1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して、Image のプロパティ値を指定します。

im = uiimage(parent) は、指定された親コンテナー内にイメージ コンポーネントを作成します。親には、関数 uifigure を使用して作成された Figure か、またはその子コンテナーのいずれかを指定できます。

im = uiimage(parent,Name,Value) は、親コンテナーと 1 つ以上のプロパティ値を指定します。

すべて折りたたむ

Figure 内にイメージ コンポーネントを作成します。既定のイメージが表示されます。

fig = uifigure;
im = uiimage(fig);

次に、イメージ コンポーネントに画像を追加します。

im.ImageSource = 'peppers.png';

イメージの実際のサイズを使用してアニメーション GIF を表示するイメージ コンポーネントを作成します。

fig = uifigure;
im = uiimage(fig,'ImageSource','questions.gif');
im.ScaleMethod = 'none';

次に、イメージが既定のコンポーネント エリアに収まるように、縦横比は維持してクリッピングなしでスケーリングします。その後、黒の背景を適用してレターボックス (イメージの上下の黒いバー) の外観を作成します。

im.ScaleMethod = 'scaledown';
im.BackgroundColor = 'black';

イメージとイメージをクリックすると実行されるコールバックを作成します。ここでは、イメージで MathWorks® の Web サイトを開きます。

この imagetoURL.m という名前のプログラム ファイルでは、次の方法を示します。

  • ImageClickedFcn コールバックを含むイメージ コンポーネントを作成します。

  • コールバック内で関数webを使用して、システム ブラウザーで外部 URL を開きます。

  • イメージにカーソルを合わせたときに表示されるツールヒントを作成します。

プログラム ファイルを実行すると、イメージをクリックしたときに MathWorks® の Web サイトが開くようになります。

function imagetoURL
fig = uifigure('Visible','off');
fig.Position(3:4) = [333 239];

im = uiimage(fig);
im.Position = [20 120 100 100];
im.ImageSource = 'membrane.png';
im.ImageClickedFcn = @ImageClicked;
im.Tooltip = 'Go to www.mathworks.com';

    function ImageClicked(src,event)
        url = 'https://www.mathworks.com/';
        web(url);
    end

fig.Visible = 'on';
end

入力引数

すべて折りたたむ

親コンテナー。関数 uifigure を使用して作成された Figure オブジェクト、またはその子コンテナー (TabPanelButtonGroup または GridLayout) のいずれかとして指定します。親コンテナーを指定しない場合、MATLAB は関数 uifigure を呼び出し、親コンテナーとして機能する新しい Figure オブジェクトを作成します。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: im = uiimage('ScaleMethod','none')

メモ

ここでは、プロパティの一部だけを紹介しています。完全な一覧については、Image のプロパティ を参照してください。

イメージのソースまたはファイル。ファイル パスまたは m x n x 3 のトゥルーカラー イメージ配列として指定します。サポートされているイメージ形式には、JPEG、PNG、GIF、SVG または m x n x 3 のトゥルーカラー イメージ配列が含まれます。

トゥルーカラー イメージ配列の詳細については、イメージの種類を参照してください。

例: im = uiimage('ImageSource','peppers.png');

例: im.ImageSource = 'C:\TEMP\ngc6543a.jpg';

イメージのスケーリング方法。次の表にリストされた値のいずれかとして指定します。この名前と値のペアの引数を使用して、イメージをコンポーネント エリア内にどのようにレンダリングするかを指定します。

次の表では、イメージ例を使用した各スケール方法も示します。レンダリング後のイメージ例では、イメージ コンポーネントの BackgroundColor プロパティは 'magenta' に設定されています。SVG イメージ ファイルのスケーリング動作は、ファイルの定義方法によって異なる場合があります。

説明スケール アップスケール ダウン縦横比の維持クリップ イメージ
元のイメージレンダリング後のイメージ
'fit'任意の方向にスケーリングしてイメージをコンポーネント エリア内に表示し、クリッピングせずに縦横比を維持します。

ありありありなし
'fill'任意の方向にスケーリングしてコンポーネント エリアを埋めて、縦横比を維持し、必要に応じてクリッピングします。

ありありありあり
'none'イメージの実際のサイズを使用し、縦横比を維持します。コンポーネント エリアがイメージより小さい場合、イメージはクリップされます。

なしなしありあり
'scaledown'

スケール ダウンし、クリッピングせずに縦横比を維持します。


元のイメージがコンポーネント エリアより大きい場合、イメージはスケール ダウンされ、ScaleMethod 'fit' に設定されているようにレンダリングされます。元のイメージがコンポーネント エリアより小さい場合、イメージはスケール ダウンされず、ScaleMethod 'none' に設定されているようにレンダリングされます。

なしありありなし
'scaleup'

スケール アップし、クリッピングにより縦横比を維持します。


元のイメージがコンポーネント エリアより小さい場合、イメージはスケール アップされ、ScaleMethod 'fit' に設定されているようにレンダリングされます。元のイメージがコンポーネント エリアより大きい場合、イメージはスケール アップされず、ScaleMethod 'none' に設定されているようにレンダリングされます。

ありなしありあり
'stretch'任意の方向にスケーリングし、縦横比を維持せず、クリッピングせずにコンポーネント エリアを埋めます。

ありありなしなし

イメージ クリック時のコールバック。次の値のいずれかとして指定します。

  • 関数ハンドル。

  • 最初の要素が関数ハンドルである cell 配列。cell 配列内のその後の要素はコールバック関数に渡される引数です。

  • 有効な MATLAB 式を含む文字ベクトル (非推奨)。MATLAB は、この式をベース ワークスペースで評価します。

このコールバックは、ユーザーがアプリでイメージをクリックしたときに実行されます。

このコールバック関数は、ユーザーのイメージ操作に関する特定の情報にアクセスできます。MATLAB は、この情報を ImageClickedData オブジェクトに格納して、2 番目の引数としてコールバック関数に渡します。App Designer では、引数は event と呼ばれます。ドット表記を使用して、オブジェクトのプロパティをクエリできます。たとえば、event.Source は、ユーザーの操作に応じてコールバックをトリガーする Image オブジェクトを返します。ImageClickedData オブジェクトは、文字ベクトルとして指定されているコールバック関数では使用できません。

次の表に、ImageClickedData オブジェクトのプロパティを示します。

プロパティ
EventName'ImageClicked'
Sourceコールバックを実行するコンポーネント

コールバックの記述の詳細については、App Designer でコールバックを記述するを参照してください。

親を基準にしたイメージ コンポーネントの位置とサイズ。[left bottom width height] の形式の 4 要素ベクトルとして指定します。次の表で、ベクトルの各要素について説明します。

要素説明
left親コンテナーの内側左端からイメージ コンポーネントの外側左端までの距離
bottom親コンテナーの内側下端からイメージ コンポーネントの外側下端までの距離
widthイメージ コンポーネントの外側の左右の端の間の距離
heightイメージ コンポーネントの外側の上下の端の間の距離

Position の値の基準は、親コンテナーの "描画可能領域" です。描画可能領域は、コンテナーの境界線の内側にある領域で、メニュー バーやタイトルなどの装飾が占める領域は含まれません。

すべての測定単位はピクセルです。

ヒント

  • イメージの解析と処理については、グラフィックス関数の imageimshow を参照してください。

参考

関数

プロパティ

R2019a で導入