ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

appdesigner

App Designer のスタート ページまたは既存のアプリ ファイルを開く

説明

appdesigner は、App Designer のスタート ページを開きます。スタート ページから、新しい空のアプリや、自動リフロー機能付きの 2 パネルまたは 3 パネル アプリを作成することができます。または、次を実行できます。

  • 最近利用したアプリのリストを表示する。

  • 作業の開始に役立つ使用例を参照する。

  • ガイド付きチュートリアルにより、App Designer の基礎を学習する。

  • カルーセルで強調表示されている App Designer の新機能を確認する。

appdesigner(filename) は、指定した .mlapp ファイルを App Designer で開きます。.mlapp ファイルが MATLAB パス上にない場合は、絶対パスを指定します。

すべて折りたたむ

異なるサイズのデバイスの画面に対応するために、コンテンツを自動的にサイズ変更およびリフローする新しいアプリを作成します。

App Designer のスタート ページを開きます。

appdesigner

スタート ページで、自動リフロー機能付きの事前設定済みアプリのいずれかを選択します。App Designer で、app1.mlapp という新しいファイルが開きます。app1.mlapp ファイルは、保存するまで MATLAB® の現在のフォルダー ブラウザーには表示されません。

MATLAB 検索パスから既存のアプリ ファイルを開き、表示します。

appdesigner("valueplots")

入力引数

すべて折りたたむ

アプリ ファイルの名前またはパス。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。ファイル名に .mlapp を含めるかどうかはオプションです。関数 appdesigner には一度に 1 つのファイル名のみを渡せます。

filename が検索パス上の複数のフォルダーにある場合は、そのファイルへのパスを含めます。ファイル指定は、ファイルへの絶対パスまたは相対パス、あるいは MATLAB パス上のファイル名でなければなりません。

例: appdesigner('app1.mlapp')

例: appdesigner("app1")

例: appdesigner("C:\Documents\Data\watertables.mlapp")

ヒント

MATLAB Online™ で App Designer 開発環境を使用してアプリの作成や編集を行うこともできます (Google Chrome™ ブラウザーでのみサポートされています)。

R2016a で導入