Main Content

App Designer でのアプリのパッケージ化

App Designer でアプリを作成したら、そのアプリを 1 つのインストーラー ファイルにパッケージ化して他のユーザーと簡単に共有することができます。App Designer でアプリをパッケージ化するための基本機能は、MATLAB® ツールストリップの [アドオン][アプリのパッケージ化] オプションの基礎になっている機能と同じです。

  1. App Designer で、[デザイナー] タブを選択します。次に、[共有][MATLAB アプリ] を選択します。

    MATLAB で [アプリのパッケージ化] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. [アプリのパッケージ化] ダイアログ ボックスには、事前に設定された次の項目があります。

    • アプリケーション名は App Designer の Figure に割り当てられた名前と一致します。

    • [メイン ファイル] は、編集用に現在選択されている MLAPP ファイルです。

    • [出力フォルダー] は、インストール ファイルが保存されるフォルダーの場所です。

    • [解析対象となるファイル] にリストされているファイルには、MATLAB で依存ファイルとして検出されたファイルがすべて含まれます。[共有リソースと補助ファイル][ファイル/フォルダーの追加] をクリックしてファイルをさらに追加できます。

  3. アプリ ギャラリーに表示する詳細を指定します。次のフィールドに、適切な情報を入力します。[作成者名][電子メール][会社][概要] および [説明]

  4. [製品] セクションで、アプリの実行に必要な製品を選択します。依存しているすべての製品がユーザーのシステムにインストールされていなければならないことに注意してください。

  5. [スクリーンショットの選択] をクリックして、アプリ ギャラリーに表示するアイコンを指定します。

  6. [パッケージ] をクリックして、ユーザーと共有する .mlappinstall ファイルを作成します。後で、App Designer のツールストリップで [アプリのパッケージ化] ボタンをもう一度クリックすると、[アプリのパッケージ化] ダイアログ ボックスに、MLAPP ファイルの最近変更した .prj ファイルが開きます。

関連するトピック