ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

アプリを共有する方法

アプリを共有するいくつかの方法があります。

  • MATLAB ファイルの直接共有 — このアプローチはアプリを共有するための最も簡単な方法ですが、ユーザーのシステムに MATLAB®、およびアプリが依存している他の MathWorks® 製品がインストールされていなければなりません。また、ユーザーは、MATLAB コマンド ウィンドウでコマンドを実行する方法、および MATLAB パスを管理する方法を理解していなければなりません。

  • アプリのパッケージ化 — このアプローチは MATLAB で提供されるアプリ パッケージ化ツールを使用します。ユーザーがパッケージ化されたアプリをインストールすると、アプリが MATLAB ツールストリップの [アプリ] タブに表示されます。このアプローチは、多数のユーザーでアプリを共有する場合、またはユーザーが MATLAB コマンド ウィンドウでのコマンドの実行や MATLAB パスの管理についてあまり理解していない場合に役に立ちます。MATLAB ファイルを直接共有する場合と同様に、ユーザーのシステムに MATLAB (およびアプリが依存している他の MathWorks 製品) がインストールされていなければなりません。

  • 配布用 Web アプリの作成 — このアプローチでは、組織内のユーザーが自身の Web ブラウザーで実行できるアプリを作成できます。Web アプリを配布するには、MATLAB Compiler™ がシステムにインストールされていなければなりません。ユーザーは、イントラネットにアクセスできる Web ブラウザーをインストールしていなければなりませんが、MATLAB をインストールする必要はありません。

  • スタンドアロン デスクトップ アプリケーションの作成 — このアプローチでは、システムに MATLAB がインストールされていないユーザーとデスクトップ アプリを共有できます。スタンドアロン アプリケーションを作成するには、システムに MATLAB Compiler がインストールされていなければなりません。アプリケーションを実行するには、ユーザーのシステムに MATLAB Runtime がインストールされていなければなりません。詳細については、https://www.mathworks.com/products/compiler/matlab-runtime.htmlを参照してください。

MATLAB ファイルの直接共有

GUIDE でアプリを作成した場合は、.fig ファイル、.m ファイルおよび依存する他のファイルをユーザーと共有します。

プログラムによってアプリを作成した場合は、すべての .m ファイルおよび依存する他のファイルをユーザーと共有します。

App Designer でアプリを作成した場合は、.mlapp ファイルおよび依存する他のすべてのファイルをユーザーと共有します。より豊富なファイル参照体験をユーザーに提供するには、App Designer ツールストリップの [デザイナー] タブで [アプリの詳細] をクリックして、名前、概要および説明を入力します。[アプリの詳細] ダイアログ ボックスでは、スクリーン ショットを指定するオプションも提供されています。スクリーン ショットを指定しない場合、アプリが実行されたときに App Designer によってスクリーン ショットが自動的に取得および更新されます。

MATLAB はファイル ブラウザーに表示するためのアプリの詳細を一部のオペレーティング・システムに提供しています。また、アプリの詳細を指定すると、アプリのパッケージ化およびコンパイルがより簡単になります。.mlapp ファイルによって、アプリの詳細がそれらのインターフェイスに自動的に提供されます。

アプリのパッケージ化

アプリをパッケージ化して、MATLAB の [アプリ] タブでアクセスできるようにするには、App Designer でのアプリのパッケージ化またはMATLAB ツールストリップからのアプリのパッケージ化の手順に従って .mlappinstall ファイルを作成します。作成される .mlappinstall ファイルには、依存するすべてのファイルが含まれています。

.mlappinstall ファイルはユーザーと直接共有できます。それをインストールするには、MATLAB の [現在のフォルダー] ブラウザーで .mlappinstall ファイルをダブルクリックしなければなりません。

または、.mlappinstall ファイルを MATLAB Central File Exchange にアップロードすることによって、アプリをアドオンとして共有できます。ユーザーは、次の手順を実行することによって、MATLAB ツールストリップからアドオンを検索してインストールできます。

  1. MATLAB ツールストリップの [ホーム] タブの [環境] セクションで、[アドオン] アイコンをクリックします。

  2. [アドオン エクスプローラー] ウィンドウの左側で利用可能なカテゴリを参照して、アドオンを見つけます。検索バーを使用し、キーワードを使用してアドオンを検索します。

  3. アドオンをクリックして詳細情報ページを開きます。

  4. 情報ページで、[追加] をクリックしてアドオンをインストールします。

メモ

.mlappinstall ファイルには任意のファイルを指定して含めることができますが、MATLAB Central File Exchange にはファイル送信に関する追加的な制限事項があります。以下のいずれかのファイルが含まれているアプリは File Exchange に送信できません。

  • MEX ファイル

  • DLL や ActiveX® コントロールなどのその他のバイナリ実行可能ファイル (データ ファイルとイメージ ファイルはだいたい送信できます)

配布用 Web アプリの作成

Web アプリは、Web ブラウザーで実行できる MATLAB アプリです。App Designer でアプリを作成し、Web アプリ コンパイラでパッケージ化し、MATLAB Web アプリ マネージャーを使用して Web ブラウザーでアプリを提供します。その後、URL を共有することにより、組織内でアプリを共有できます。配布用 Web アプリの作成には MATLAB Compiler が必要であり、Web アプリとして配布できるのは App Designer アプリのみです。

システムに MATLAB Compiler をインストールしたら、App Designer の [デザイナー] タブで [共有] をクリックし、[Web アプリ] を選択して、Web アプリ コンパイラを開くことができます。詳細については、Web アプリ (MATLAB Compiler)を参照してください。

スタンドアロン デスクトップ アプリケーションの作成

スタンドアロン デスクトップ アプリケーションを作成すると、システムに MATLAB がないユーザーとアプリを共有できます。ただし、スタンドアロン アプリケーションを作成するには、システムに MATLAB Compiler がインストールされていなければなりません。ユーザーがアプリを実行するには、システムに MATLAB Runtime がなければなりません。

システムに MATLAB Compiler をインストールしたら、App Designer の [デザイナー] タブで [共有] をクリックし、[スタンドアロンのデスクトップ アプリ] を選択して、アプリケーション コンパイラを開くことができます。

GUIDE を使用したか、プログラムによってアプリを作成した場合は、MATLAB ツールストリップの [アプリ] タブで [アプリケーション コンパイラ] アイコンをクリックすることによって、アプリケーション コンパイラを開くことができます。

アプリケーション コンパイラの使用方法については、MATLAB からのスタンドアロン アプリケーションの作成 (MATLAB Compiler)を参照してください。

関連するトピック