Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

uitab

タブ付きパネルの作成

説明

t = uitab はタブ グループ内にタブを作成し、Tab オブジェクトを返します。利用可能なタブ グループがない場合、MATLAB® は関数 figure を呼び出して Figure を作成します。続いて、その Figure 内にタブ グループを作成し、そのタブ グループ内にタブを配置します。

t = uitab(Name,Value) は 1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して、タブのプロパティ値を指定します。

t = uitab(parent) は、指定された親コンテナー内にタブを作成します。親コンテナーには、関数 figure または関数 uifigure で作成された Figure 内のタブ グループを指定できます。uitab のプロパティの値は、関数 figure で作成されたアプリと関数 uifigure で作成されたアプリで多少異なります。詳細については、名前と値のペアの引数を参照してください。

t = uitab(parent,Name,Value) は親コンテナーと、1 つ以上のプロパティ値を指定します。

すべて折りたたむ

1 つのタブ グループと 2 つのタブを含む Figure を作成します。

f = figure;
tabgp = uitabgroup(f,'Position',[.05 .05 .3 .8]);
tab1 = uitab(tabgp,'Title','Settings');
tab2 = uitab(tabgp,'Title','Options');

最初のタブのタイトルを取得します。

tab1.Title
ans =

Settings

Scrollable プロパティによって、境界線外にコンポーネントがあるタブの内部でのスクロールが有効になります。スクロールが可能なのは、関数 uifigure で作成された Figure 内に、親のタブ グループが存在する場合のみです。App Designer では、このタイプの Figure がアプリの作成に使用されます。

1 つのタブを含むタブ グループを作成します。6 つの UI コンポーネントをタブに追加し、最初の 3 つがタブの上縁から外れるようにします。

f = uifigure;
tg = uitabgroup(f,'Position',[20 20 196 145]);
t = uitab(tg,'Title','Member Information');
ef1 = uieditfield(t,'text','Position',[11 165 140 22],'Value','First Name');
ef2 = uieditfield(t,'text','Position',[11 140 140 22],'Value','Last Name');
ef3 = uieditfield(t,'text','Position',[11 115 140 22],'Value','Address');
dd = uidropdown(t,'Position',[11 90 140 22],'Items',{'Male','Female'});
cb = uicheckbox(t,'Position',[11 65 140 22],'Text','Member');
b = uibutton(t,'Position',[11 40 140 22],'Text','Send');

タブの Scrollable プロパティを 'on' に設定して、スクロールを有効にします。既定で、スクロール ボックスが上部に表示されます。

t.Scrollable = 'on';

入力引数

すべて折りたたむ

親コンテナー。タブ グループとして指定します。タブ グループには、関数 figure または関数 uifigure で作成された Figure の子を指定できます。

名前と値のペアの引数

例: 'Title','Options' は、タブのタイトルに Options を指定します。

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は一重引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を指定できます。

  • 関数 uifigure を使用して作成されたアプリ、または App Designer で利用できるプロパティのリストについては、Tab のプロパティ を参照してください。

  • 関数 figure を使用して作成されたアプリで利用できるプロパティのリストについては、Tab のプロパティ を参照してください。

参考

関数

プロパティ

R2014b で導入