Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

uitab

タブ付きパネルの作成

説明

t = uitab はタブ グループ内にタブを作成し、Tab オブジェクトを返します。利用可能なタブ グループがない場合、MATLAB® は関数 figure を呼び出して Figure を作成します。続いて、その Figure 内にタブ グループを作成し、そのタブ グループ内にタブを配置します。

t = uitab(Name,Value) は 1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して、タブのプロパティ値を指定します。

t = uitab(parent) は、指定された親コンテナー内にタブを作成します。親コンテナーには、関数 figure または関数 uifigure で作成された Figure 内のタブ グループを指定できます。uitab のプロパティの値は、関数 figure で作成されたアプリと関数 uifigure で作成されたアプリで多少異なります。詳細については、名前と値のペアの引数を参照してください。

t = uitab(parent,Name,Value) は親コンテナーと、1 つ以上のプロパティ値を指定します。

すべて折りたたむ

1 つのタブ グループと 2 つのタブを含む Figure を作成します。

f = figure;
tabgp = uitabgroup(f,'Position',[.05 .05 .3 .8]);
tab1 = uitab(tabgp,'Title','Settings');
tab2 = uitab(tabgp,'Title','Options');

最初のタブのタイトルを取得します。

tab1.Title
ans =

Settings

Scrollable プロパティによって、境界線外にコンポーネントがあるタブの内部でのスクロールが有効になります。スクロールが可能なのは、関数 uifigure で作成された Figure 内に、親のタブ グループが存在する場合のみです。App Designer では、このタイプの Figure がアプリの作成に使用されます。

1 つのタブを含むタブ グループを作成します。6 つの UI コンポーネントをタブに追加し、最初の 3 つがタブの上縁から外れるようにします。

fig = uifigure;
tg = uitabgroup(fig,'Position',[20 20 196 145]);
t = uitab(tg,'Title','Member Information');
ef1 = uieditfield(t,'text','Position',[11 165 140 22],'Value','First Name');
ef2 = uieditfield(t,'text','Position',[11 140 140 22],'Value','Last Name');
ef3 = uieditfield(t,'text','Position',[11 115 140 22],'Value','Address');
dd = uidropdown(t,'Position',[11 90 140 22],'Items',{'Male','Female'});
cb = uicheckbox(t,'Position',[11 65 140 22],'Text','Member');
b = uibutton(t,'Position',[11 40 140 22],'Text','Send');

タブの Scrollable プロパティを 'on' に設定して、スクロールを有効にします。既定で、スクロール ボックスが上部に表示されます。

t.Scrollable = 'on';

入力引数

すべて折りたたむ

親コンテナー。タブ グループとして指定します。タブ グループには、関数 figure または関数 uifigure で作成された Figure の子を指定できます。

名前と値の引数

例: uitab('Title','Options') は、タブのタイトルに Options を指定します。

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は一重引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を指定できます。

メモ

以下にリストするプロパティは、利用できるプロパティの一部です。完全なリストについては、Tab のプロパティ を参照してください。

タイトル。文字ベクトル、string スカラー、または categorical 配列として指定します。このプロパティを categorical 配列として指定した場合、MATLAB は配列の最初の要素のみを表示します。

MATLAB では垂直スラッシュ ('|') 文字は改行として解釈されず、タイトル内に垂直スラッシュとして表示されます。

Unicode® 文字を指定する場合、Unicode 10 進コードを関数 char に渡します。たとえば、['Multiples of ' char(960)]Multiples of π として表示されます。

背景色。RGB 3 成分、16 進数カラー コード、または表にリストされた色オプションのいずれかとして指定します。

RGB 3 成分および 16 進数カラー コードは、カスタム色を指定するのに役立ちます。

  • RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

  • 16 進数カラー コードは、ハッシュ記号 (#) で始まり、3 桁または 6 桁の 0 から F までの範囲の 16 進数が続く文字ベクトルまたは string スカラーです。これらの値では大文字小文字は区別されません。したがって、カラー コード '#FF8800''#ff8800''#F80'、および '#f80' は等価です。

あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、名前の付いた色オプション、等価の RGB 3 成分、および 16 進数カラー コードを示します。

色名省略名RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
'red''r'[1 0 0]'#FF0000'

Sample of the color red

'green''g'[0 1 0]'#00FF00'

Sample of the color green

'blue''b'[0 0 1]'#0000FF'

Sample of the color blue

'cyan' 'c'[0 1 1]'#00FFFF'

Sample of the color cyan

'magenta''m'[1 0 1]'#FF00FF'

Sample of the color magenta

'yellow''y'[1 1 0]'#FFFF00'

Sample of the color yellow

'black''k'[0 0 0]'#000000'

Sample of the color black

'white''w'[1 1 1]'#FFFFFF'

Sample of the color white

MATLAB の多くのタイプのプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを次に示します。

RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
[0 0.4470 0.7410]'#0072BD'

Sample of RGB triplet [0 0.4470 0.7410], which appears as dark blue

[0.8500 0.3250 0.0980]'#D95319'

Sample of RGB triplet [0.8500 0.3250 0.0980], which appears as dark orange

[0.9290 0.6940 0.1250]'#EDB120'

Sample of RGB triplet [0.9290 0.6940 0.1250], which appears as dark yellow

[0.4940 0.1840 0.5560]'#7E2F8E'

Sample of RGB triplet [0.4940 0.1840 0.5560], which appears as dark purple

[0.4660 0.6740 0.1880]'#77AC30'

Sample of RGB triplet [0.4660 0.6740 0.1880], which appears as medium green

[0.3010 0.7450 0.9330]'#4DBEEE'

Sample of RGB triplet [0.3010 0.7450 0.9330], which appears as light blue

[0.6350 0.0780 0.1840]'#A2142F'

Sample of RGB triplet [0.6350 0.0780 0.1840], which appears as dark red

このプロパティは読み取り専用です。

タブの位置とサイズ。[left bottom width height] の形式の 4 要素ベクトルとして返されます。次の表で、ベクトルの各要素について説明します。

要素説明
leftタブ グループの内側左端からタブの内側左端までの距離です。
bottomタブ グループの内側下端からタブの内側下端までの距離です。
widthタブの内側の左右の端の間の距離です。
heightタブの内側の上下の端の間の距離です。

すべての測定値は、Units プロパティで指定した単位で表されます。

メモ

Position プロパティを使用するときに検討しなければならない重要な点がいくつかあります。

  • Position の値は、タブ タイトルの長さと親 TabGroup オブジェクトの TabLocation プロパティによって影響されます。

  • Position の値の基準は、親 TabGroup"描画可能領域"、つまり境界内の領域です。

測定の単位。次の表のいずれかの値として指定します。

単位の値説明
'pixels' (既定)

Windows® および Macintosh システムでのピクセル単位の距離は、システムの解像度に依存しません。

  • Windows システムの 1 ピクセルは 1/96 インチです。

  • Macintosh システムの 1 ピクセルは 1/72 インチです。

Linux® システムでは、ピクセルのサイズは使用しているシステムの解像度によって決まります。

'normalized'

これらの単位は親コンテナーを基準として正規化されます。コンテナーの左下隅が (0,0) で、右上隅が (1,1) になります。

'inches'インチ。
'centimeters'センチメートル。
'points'ポイント。1 ポイントは 1/72 インチです。

MATLAB のほとんどのアプリ作成機能では距離をピクセル単位で測定するため、推奨値は 'pixels' です。

figure ベースのアプリ

関数 figure を使用して作成されたアプリ内のタブの場合、Units の既定値は 'normalized' です。

また、Units として 'characters' を指定できます。文字単位は、グラフィックス ルート オブジェクトの既定の uicontrol フォントを基にしています。

  • 文字の幅 = 文字 x の幅。

  • 文字の高さ = 2 行のテキストのベースライン間の距離。

既定の uicontrol フォントにアクセスするには、get(groot,'defaultuicontrolFontName') または set(groot,'defaultuicontrolFontName') を使用します。

バージョン履歴

R2014b で導入

参考

関数

プロパティ