ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

uicheckbox

チェック ボックス コンポーネントの作成

説明

cbx = uicheckbox は、チェック ボックスを新しい Figure ウィンドウ内に作成し、CheckBox オブジェクトを返します。MATLAB® は関数 uifigure を呼び出してこの Figure を作成します。

cbx = uicheckbox(parent) は、指定された親コンテナー内にチェック ボックスを作成します。親には、関数 uifigure を使用して作成された Figure か、またはその子コンテナーのいずれかを指定できます。

cbx = uicheckbox(___,Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value のペアの引数を使用して、CheckBox のプロパティを指定します。このオプションは、前述の構文のすべての入力引数の組み合わせで使用できます。

すべて折りたたむ

チェック ボックスを作成します。

fig = uifigure;
cbx = uicheckbox(fig);

パネルを作成します。次に、パネル内にチェック ボックスを作成します。

fig = uifigure;
pnl = uipanel(fig);
cbx = uicheckbox(pnl);

チェック ボックスを作成し、プロパティ値を指定します。

fig = uifigure;
cbx = uicheckbox(fig, 'Text','Show Value',...
                  'Value', 1,...
                  'Position',[150 50 102 15]);

チェック ボックスをオフにします。

cbx.Value = 0;

チェック ボックスのテキストのフォントサイズを調べます。

fsize = cbx.FontSize
fsize =

    12

ラジオ ボタン グループとチェック ボックスを作成します。アプリ ユーザーがチェック ボックスをオンにすると、ラジオ ボタンが無効になります。

MATLAB パス上の disableRadioButton.m に次のコードを保存します。

次のコードは、ラジオ ボタン グループとチェック ボックスを含むウィンドウを作成します。アプリ ユーザーがチェック ボックスをオフにすると、チェック ボックスの ValueChangedFcn が 3 番目のラジオ ボタンを無効にします。

function disableRadioButton
% Create a figure window:
fig = uifigure('Position',[100 100 229 276]);

% Create a button group and radio buttons:
bg = uibuttongroup('Parent',fig,...
    'Position',[56 77 123 85]);
rb1 = uiradiobutton(bg,'Position',[10 60 91 15]);
rb2 = uiradiobutton(bg,'Position',[10 38 91 15]);
rb3 = uiradiobutton(bg,'Position',[10 16 91 15]);

% Create a check box:
cbx = uicheckbox(fig,'Position',[55 217 102 15],...
    'ValueChangedFcn',@(cbx,event) cBoxChanged(cbx,rb3));
end

% Create the function for the ValueChangedFcn callback:
function cBoxChanged(cbx,rb3)
val = cbx.Value;
if val
    rb3.Enable = 'off';
else
    rb3.Enable = 'on';
end
end

disableRadioButton を実行してからチェック ボックスをオンにします。3 番目のボタンは無効になります。

入力引数

すべて折りたたむ

親コンテナー。関数 uifigure を使用して作成された Figure、またはその子コンテナー (TabPanelButtonGroup または GridLayout) のいずれかとして指定します。コンテナーが指定されていない場合、MATLAB は関数 uifigure を呼び出し、親コンテナーとして使用される新しい Figure オブジェクトを作成します。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: 'Value',1 は、画面にオンの状態のチェック ボックスを表示するように指定します。

以下にリストするプロパティは、利用できるプロパティの一部です。完全なリストについては、CheckBox のプロパティ を参照してください。

チェック ボックスの状態。0 (false) または 1 (true) として指定します。Value プロパティが 1 に設定されている場合、チェック ボックスはオンです。Value プロパティが 0 に設定されている場合、チェック ボックスはオフです。

値が変更されたときのコールバック。次の値のいずれかとして指定します。

  • 関数ハンドル。

  • 最初の要素が関数ハンドルである cell 配列。cell 配列内のその後の要素はコールバック関数に渡される引数です。

  • 有効な MATLAB 式を含む文字ベクトル (非推奨)。MATLAB は、この式をベース ワークスペースで評価します。

このコールバックは、ユーザーがアプリでチェック ボックスをオンまたはオフにしたときに実行されます。チェック ボックスの値がプログラムによって変更された場合にはコールバックは実行されません。

このコールバック関数は、ユーザーのチェック ボックス操作に関する特定の情報にアクセスできます。MATLAB は、この情報を ValueChangedData オブジェクトに格納して、2 番目の引数としてコールバック関数に渡します。App Designer では、引数は event と呼ばれます。ドット表記を使用して、オブジェクトのプロパティをクエリできます。たとえば、event.PreviousValue はチェック ボックスの直前の値を返します。ValueChangedData オブジェクトは、文字ベクトルとして指定されているコールバック関数では使用できません。

次の表に、ValueChangedData オブジェクトのプロパティを示します。

プロパティ
Valueアプリ ユーザーによる最新操作の後のチェック ボックスの値。
PreviousValueアプリ ユーザーによる最新操作の前のチェック ボックスの値。
Sourceコールバックを実行するコンポーネント。
EventName'ValueChanged'

コールバックの記述の詳細については、App Designer でコールバックを記述するを参照してください。

親を基準にしたチェック ボックスの位置とサイズ。ベクトル [left bottom width height] として指定します。次の表で、ベクトルの各要素について説明します。

要素説明
left親コンテナーの内側左端からチェック ボックスの外側左端までの距離
bottom親コンテナーの内側下端からチェック ボックスの外側下端までの距離
widthチェック ボックスの外側の右端と左端の間の距離
heightチェック ボックスの外側の上端と下端の間の距離

Position の値の基準は、親コンテナーの "描画可能領域" です。描画可能領域は、コンテナーの境界線の内側にある領域で、メニュー バーやタイトルなどの装飾が占める領域は含まれません。

すべての測定単位はピクセルです。

例: [200 200 102 15]

R2016a で導入