Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

uiopen

ファイル選択ダイアログ ボックスを開き、選択されたファイルをワークスペースに読み込む

説明

uiopen は、タイトルが [開く] のモーダル ダイアログ ボックスを開きます。ダイアログ ボックスのファイル フィルターはすべての MATLAB® ファイルに設定されます。ユーザーが [ファイル名] フィールドに有効なファイル名を入力して [開く] をクリックすると、MATLAB は適切なアプリケーションで指定されたファイルを開きます。適切なアプリケーションがインストールされていない場合、ファイルは MATLAB エディターで開かれるか、エラーが返されます。

メモ

ダイアログ ボックスの視覚的特性は、コードを実行するオペレーティング システムに依存します。たとえば、一部のオペレーティング システムはダイアログ ボックスにタイトル バーを表示しません。

uiopen(type) は、指定されたファイルのタイプ (ファイルの拡張子と同じではない) に応じてファイル フィルターを設定します。たとえば、タイプが 'figure' である場合、MATLAB はフィルターをすべての Figure ファイル (*.fig) に設定します。

uiopen(file) は、ダイアログ ボックスの [ファイル名] フィールドに既定値として表示されるファイル名を指定します。同じファイルの拡張子をもつファイルのみがダイアログ ボックスに表示されます。

ワイルドカード文字およびファイルの拡張子 (*.m など) を指定する場合、ファイル名は [ファイル名] フィールドに表示されません。ダイアログ ボックスは、指定された拡張子をもつファイルのみを表示します。[ファイル名] フィールドの右にあるフィルター フィールドに type 値が表示されます。

uiopen(file,tf) は、tf の値が logical true (1) の場合に、[開く] ダイアログ ボックスを表示せずに指定したファイルを開きます。[開く] ダイアログ ボックスは、tf の値が logical false (0) の場合に表示されます。

すべて折りたたむ

[開く] ダイアログ ボックスに現在のフォルダーのすべてのファイルを表示します。次に、uiopen コマンドを再実行してファイルを 'editor' の種類でフィルター処理します。

uiopen

引数を指定せずに uiopen コマンドを実行すると、現在のフォルダー内のすべての MATLAB ファイルが表示されます。

エディターで開くことができるファイルのみ表示するには、引数 type'editor' に設定します。FIG ファイル、MAT ファイル、SLX ファイル、MLAPP ファイル、MLAPPINSTALL ファイルはダイアログ ボックスに示されるリストから除外されます。

uiopen('editor')

uiopen('*.m')

入力引数 file をファイル名に設定します。このファイルは、ダイアログ ボックスが開くときに [ファイル名] フィールドに表示されます。

uiopen('surf.m')

ユーザーが [開く] をクリックすると、surf.m が MATLAB エディターで開きます。

ユーザーが [ファイル名] フィールドに別のファイルを入力し、[開く] をクリックすると、そのファイルが現在のフォルダー内にある場合は表示されます。ただし、関数 uiopen の呼び出しで指定されたファイル拡張子と同じファイル拡張子をもつファイルのみ [開く] ダイアログ ボックスに表示されます。

入力引数

すべて折りたたむ

ファイル フィルター。'matlab''load''figure''simulink' または 'editor' として指定します。各種類の値に対して MATLAB で表示されるファイルは次のとおりです。

種類の値表示されるファイル
'matlab'すべての MATLAB ファイル。
'load'すべての MAT ファイル(*.mat)
'figure' すべての Figure ファイル(*.fig)
'simulink'すべての Simulink® モデル ファイル (*.mdl および *.slx)
'editor'.mat.fig.slx.mlapp、および .mlappinstall ファイルを除くすべての MATLAB ファイル。

スタンドアロン アプリケーションにコンパイルできる uiopen の唯一の形式は uiopen('load') です。コンパイルできるファイル選択ダイアログ ボックスを作成するには、uigetfile を使用します。

ファイル名。ファイル拡張子を含む文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。tf が false (既定値) の場合、ファイル名にはワイルドカード文字とファイル拡張子を指定できます。たとえば、*.txt はファイル拡張子が .txt のファイルをすべて一覧表示します。

例: 'surf.m'

例: 't.fig'

例: '*.mat'

logical true (1)、logical false (0)、truefalse、または logical true または false に評価される MATLAB 式として指定される論理オープン ファイル。

tftrue1 に設定された場合、または 1 に評価された場合、[開く] ダイアログ ボックスは表示されず、MATLAB は、適切なツールで指定されたファイルを開こうとします。

tffalse0 に設定された場合、または 0 に評価された場合、[開く] ダイアログ ボックスが表示されます。

例: 1

例: true

詳細

すべて折りたたむ

モーダル ダイアログ ボックス

モーダル ダイアログ ボックスでは、モーダル ダイアログ ボックスに応答する前に他の MATLAB ウィンドウを操作することができません。

ヒント

  • この表には、ファイル拡張子と、ユーザーがその拡張子をもつファイルを選択して [開く] をクリックしたときにそのファイルが開くアプリケーションを示します。リストされているツールがインストールされておらず、ファイルがテキスト ファイルの場合、ファイルは MATLAB エディターで開きます。Simulink がインストールされていない場合に、拡張子が .mdl または .slx のファイルをユーザーが選択すると、MATLAB はエラーを返します。

    ファイルの拡張子ファイルが読み込まれる場所
    .m または .mlx MATLAB エディター
    .figMATLAB Figure ウィンドウ
    .matMATLAB ワークスペース
    .mlapp

    MATLAB App Designer

    .mlappinstall MATLAB アプリ インストーラー
    .mdl または .slxSimulink
  • Microsoft® Windows® でファイルを開くには、関数 winopen を使用します。

代替方法

ファイルを MATLAB コード ファイルまたはコマンドで開く場合は、以下の関数も使用できます。

開くファイル関数
ファイル拡張子に基づくopen
エディターでedit
FIG ファイルopenfig
MAT ファイルload

参考

R2006a より前に導入