ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

edit

ファイルの編集または作成

構文

edit
edit file
edit file1 ... fileN

説明

edit は、新しいファイル Untitled.m をエディターで開きます。MATLAB® では、Untitled.m は自動保存されません。

edit file は、指定されたファイルをエディターで開きます。file が存在しない場合、ファイル作成の確認メッセージが MATLAB により表示されます。file は、部分パス、絶対パス、または相対パスを含むことも、また、いずれも含まないこともあります。file に含まれるパスが部分的またはパスが含まれない場合、edit は、検索パス上のファイルを検索します。file を作成するには、そのパスに対する書き込み権限がなければなりません。それ以外の場合、MATLAB は引数を無視します。

.mlx ファイル、.mat ファイルおよび .mdl ファイルを開くには、拡張子を指定しなければなりません。MATLAB は、.p ファイルや .mex ファイルなどのバイナリ ファイルを直接編集できません。

edit file1 ... fileN は、file1 ... fileN の各ファイルをエディターで開きます。

すべて折りたたむ

Untitled.m というタイトルの新しいファイルを作成し、MATLAB® エディター (または、既定のエディター) で開きます。Untitled.m は現在のフォルダーには表示されません。

edit

新しいフォルダーに 2 つの新しいファイルを作成します。

文字ベクトルを使用して、新しいディレクトリにファイルを作成します。ダイアログ ボックスが表示され、new_script.m を作成するか確認するメッセージが表示されます。[はい] をクリックすると、tests/new_script.m が作成されて開きます。

mkdir tests
edit tests/new_script.m

string を使用して 2 番目のファイルを作成します。[はい] をクリックすると、tests/new_script2.m が作成されて開きます。

S = "tests/new_script2.m";
edit(S)

ファイル file1file2file3file4 を連続的に作成して開きます。

edit file1 file2 file3 file4

入力引数

すべて折りたたむ

ファイルの名前。文字ベクトルまたは string として指定します。file が存在しないフォルダーを含むパスを指定している場合、MATLAB はエラーをスローします。スペースでファイル名を区切って、同一行に複数のファイルを指定します。

file が多数表示される (つまり、検索パス上の複数のフォルダーで出現する) 場合は、正しいページを編集するために、次のような部分パスを含めます。

edit folderName/file

拡張子を指定しない場合、edit は、指定された名前と .m 拡張子を使用してファイルを開きます。

edit name

ファイルがクラスまたはパッケージの一部である場合は、パスと拡張子を指定するか、次のように名前の要素をピリオドで区切ります。

edit className.name
edit packageName.name
edit packageName.className.name
edit packageName.name

データ型: char | string

R2006a より前に導入