ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

type

ファイルの内容の表示

説明

type filename は指定されたファイルの内容を MATLAB® コマンド ウィンドウに表示します。

すべて折りたたむ

ファイル diceRoll の内容を表示します。diceRoll は存在しませんが、diceRoll.m は存在するため、MATLAB は diceRoll.m の内容を表示します。

type diceRoll
function [d1,d2] = diceRoll
str = '@()randi([1 6],1)';
d1 = str2func(str);
d2 = eval(str);
end

function r = randi(~,~)
r = 1;
end

入力引数

すべて折りたたむ

表示するファイル名。文字ベクトルまたは string として指定します。filename は絶対パスまたは相対パスにすることができ、1 つのパスと 1 つのファイル拡張子を含めることができます。type は次の拡張子を含むファイルをサポートします。

ファイルの拡張子説明
.mlxMATLAB ライブ スクリプト — MATLAB ライブ エディターを使用して作成された対話型ドキュメント
.mlappMATLAB アプリ ファイル — MATLAB App Designer を使用して作成されたアプリ
.mMATLAB コード — MATLAB スクリプト、関数またはクラス

ファイル拡張子を指定せず、拡張子のないファイルが存在しない場合、type では拡張子が .mlx.mlapp または .m であると仮定されます。たとえば、ファイル myscript.m が存在する場合、type myscript コマンドはそのファイルの内容を表示します。

参考

| |

R2006a で導入