ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dbtype

行番号付きでファイルを表示

構文

dbtype filename
dbtype filename start:end

説明

dbtype filename は、各行の前に行番号を付けて、filename の内容を表示します。これは、dbstop を使用してプログラム ファイル内にブレークポイントを設定するときに便利です。dbtype を使用して組み込み関数のソース コードを表示することはできません。

dbtype filename start:end は、ファイル内の開始行番号 start から終了行番号 end までの部分を表示します。1 行を表示するには、start 値のみを指定できます。

すべて折りたたむ

各行の前に行番号を付けて、サンプル ファイル buggy.m を表示します。

dbtype buggy
1     function z = buggy(x)
2     n = length(x);
3     z = (1:n)./x;

ファイルの第 1 行を表示して、サンプル関数 buggy の入力引数と出力引数を表示します。ここでは startend が同じなので、end 値を省略できます。

dbtype buggy 1
1     function z = buggy(x)

入力引数

すべて折りたたむ

ファイル名。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。ファイル名は部分パスにすることができますが、検索パス上のフォルダーまたは現在のフォルダー内になければなりません。それ以外の場合は、絶対パス名を指定します。

データ型: char | string

開始行番号。正の整数として指定します。

終了行番号。正の整数として指定します。

R2006a より前に導入