ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

デバッグ

プログラムの問題の診断

問題は、MATLAB® プログラムでグラフィカルに診断するか、プログラムによって診断することができます。どちらの方法でも、ブレークポイントを設定して MATLAB プログラムの実行を一時停止し、問題が懸念される値を確認できます。

関数

dbclearブレークポイントを削除
dbcont実行を再開
dbdowndbup のワークスペース シフトを反転する
dbquitデバッグ モードの終了
dbstack関数呼び出しスタック
dbstatusすべてのブレークポイントをリスト
dbstep現在のブレークポイントから次の実行可能な行を実行
dbstopデバッグ用にブレークポイントを設定する
dbtype行番号付きでファイルを表示
dbupデバッグ モードで現在のワークスペースを呼び出し元のワークスペースにシフト
keyboardキーボードからの入力
echo関数の実行中にステートメントを表示

トピック

MATLAB プログラムのデバッグ

MATLAB プログラムをグラフィカルにデバッグするには、エディター/デバッガーを使用します。代わりに、コマンド ウィンドウでデバッグ関数を使用することもできます。

ブレークポイントを設定する

MATLAB でブレークポイントを設定すると、ファイルの指定された行で一時停止する、指定の条件を満たす場合のみファイル内の指定された行で一時停止する、あるいは MATLAB でエラーが発生した場合に一時停止することができます。

デバッグ中の値の検査

プログラムが一時停止している間に、現在ワークスペース内にある任意の変数の値を表示して、コード行で期待どおりの結果が得られるかどうかを確認します。