Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

デバッグと解析

問題の診断、構文の確認、およびリリースの互換性

エディターおよびライブ エディターでの作業に際して、MATLAB® はコードの潜在的な問題を自動的に特定します。デバッグ機能は特定の問題の診断に役立ちます。また、新しい MATLAB リリースへのアップグレードに際しコードの更新に役立つレポートを生成することができます。

ツール

コード互換性アナライザーIdentify and address compatibility issues against current version of MATLAB

関数

すべて展開する

dbclearブレークポイントを削除
dbcont実行を再開
dbdowndbup のワークスペース シフトを反転する
dbquitデバッグ モードの終了
dbstack関数呼び出しスタック
dbstatusすべてのブレークポイントをリスト
dbstep現在のブレークポイントから次の実行可能な行を実行
dbstopデバッグ用にブレークポイントを設定する
dbtype行番号付きでファイルを表示
dbupデバッグ モードで現在のワークスペースを呼び出し元のワークスペースにシフト
keyboardキーボードによる制御を有効にする
echo関数またはスクリプト実行中にステートメントを表示
checkcodeMATLAB のコード ファイルの潜在的な問題のチェック
mlintrptファイルまたはフォルダーに対して checkcode を実行
codeCompatibilityReportコードの互換性レポートの作成
analyzeCodeCompatibilityコード互換性解析の結果の作成

トピック

デバッグ

構文確認

リリースの互換性

コード生成

  • Code Generation Readiness Tool
    The code generation readiness tool screens MATLAB code for features and functions that code generation does not support.