ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dbclear

ブレークポイントを削除

説明

dbclear all は、すべての MATLAB® コード ファイルのすべてのブレークポイントと、エラー、キャッチ エラー、キャッチ エラー識別子、警告、警告識別子および naninf に設定されたすべてのブレークポイントを削除します。

dbclear in file は、指定されたファイル内のすべてのブレークポイントを削除します。キーワード in はオプションです。

dbclear in file at location は、指定されたファイル内の指定位置に設定されたブレークポイントを削除します。キーワード at および in はオプションです。

dbclear if condition は、指定された condition (dbstop if errordbstop if naninf など) を使用して設定されたすべてのブレークポイントを削除します。

すべて折りたたむ

プログラム ファイル内にブレークポイントを設定し、その後クリアします。

次のステートメントを含むファイル buggy.m を作成します。

function z = buggy(x)
n = length(x);
z = (1:n)./x;

第 2 行と第 3 行にブレークポイントを追加します。dbstatus を使用してすべてのブレークポイントをリストします。

dbstop in buggy at 2
dbstop in buggy at 3
dbstatus
Breakpoints for buggy are on lines  2, 3.

buggy.m 内のすべてのブレークポイントを削除します。dbstatus を呼び出して、すべてのブレークポイントがクリアされたことを確認します。

dbclear in buggy
dbstatus

プログラム ファイル内の特定位置にブレークポイントを設定し、その後クリアします。

次のステートメントを含むファイル buggy.m を作成します。

function z = buggy(x)
n = length(x);
z = (1:n)./x;

第 2 行と第 3 行にブレークポイントを追加します。dbstatus を使用してすべてのブレークポイントをリストします。

dbstop in buggy at 2
dbstop in buggy at 3
dbstatus
Breakpoints for buggy are on lines  2, 3.

第 3 行のブレークポイントを削除して、dbstatus を呼び出します。

dbclear in buggy at 3
dbstatus
Breakpoint for buggy is on line 2.

エラー ブレークポイントを設定して、クリアします。

入力ベクトルを要求するファイル buggy.m を作成します。

function z = buggy(x)
n = length(x);
z = (1:n)./x;

エラー ブレークポイントを設定し、ベクトルではなく行列の入力を指定して buggy を呼び出します。

dbstop if error
buggy(magic(3))

実行時エラーが発生し、MATLAB がデバッグ モードになり、buggy.m の 3 行目で一時停止します。

Error using  ./ 
Matrix dimensions must agree.

Error in buggy at 3
z = (1:n)./x; 
3   z = (1:n)./x;

デバッグ モードを終了するには、dbquit を呼び出します。

ブレークポイントをクリアし、ベクトルの代わりに行列の入力を指定して buggy を再び呼び出します。

dbclear if error
buggy(magic(3))

実行時エラーが発生し、MATLAB はデバッグ モードに移行せずに実行をただちに一時停止します。

Error using  ./ 
Matrix dimensions must agree.

Error in buggy (line 3)
z = (1:n)./x;

入力引数

すべて折りたたむ

ファイル名。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。ファイル名には部分パスを含めることができますが、検索パス上のフォルダー内または現在のフォルダー内になければなりません。

例: myfile.m

ファイル名に -completenames オプションが続く場合、そのファイル名が完全修飾名である限り、ファイルが検索パス上にある必要はありません。

例: c:\Program Files\MATLAB\myfile.m -completenames

さらに、file に filemarker (>) を含めて、特定のローカル関数またはファイル内の入れ子関数へのパスを指定できます。

例: myfile>myfunction

データ型: char | string

クリアするブレークポイントの file 内の位置。次のように指定します。

  • 文字ベクトルまたは string スカラーとして指定された file 内の行番号。既定値は 1 です。

  • file 内の行番号と、無名関数番号の位置。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。たとえば、1@2 は、行番号 1 の 2 番目の無名関数を指定します。無名関数番号を指定しない場合、既定値は 1 です。

  • file 内のローカル関数の名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

データ型: char | string

エラー ブレークポイントの種類。次のように指定します。

  • errortry/catch ブロックの外部で発生する実行時エラー。特定のエラーに設定されたブレークポイントをクリアする場合は、メッセージ ID を指定します。以下に例を示します。

    • dbclear if error は、指定されたメッセージ ID をもつブレークポイントを含めて、dbstop if error コマンドで設定されたブレークポイントをすべてクリアします。

    • dbclear if error MATLAB:ls:InputsMustBeStrings は、MATLAB:ls:InputsMustBeStrings のメッセージ ID をもつエラーをクリアします。

  • caught errortry/catch ブロックの try 部分で発生する実行時エラー。特定のエラーに設定されたブレークポイントをクリアする場合は、メッセージ ID を指定します。

  • warning — 実行時警告。特定の警告に設定されたブレークポイントをクリアする場合は、メッセージ ID を指定します。

    この条件は、warning off all コマンドで警告を無効にした場合や、指定したメッセージ ID の警告を無効にした場合には効果がありません。警告の無効化の詳細については、warning を参照してください。

  • naninf — 非数エラーまたは無限値エラー。これらのエラーは、コードが無限値 (Inf) または数値ではない値 (NaN) を、演算子、関数呼び出しまたはスカラー代入の結果として返した場合に発生します。

R2006a より前に導入