ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

入力時の構文チェック

構文の強調表示

MATLAB® 要素を識別しやすくするために、コマンド ウィンドウとエディターで一部の項目が別の色で表示されます。これは、"構文の強調" と呼ばれています。既定は、

  • キーワードは青

  • 文字ベクトルは紫

  • 閉じられていない文字ベクトルはえび茶色

  • コメントは緑

% check to see if A is greater than B
if A > B
'greater'
elseif A < B
'less'
end

コマンド ウィンドウでの出力は、エラーを除いて、構文の強調表示は行われません。

MATLAB ソフトウェアは、選択項目をクリップボードに RTF 形式でコピーします。この形式は、多くの Microsoft® Windows® および Macintosh アプリケーションによってサポートされています。エディターから選択項目を Microsoft Word のような別のアプリケーションに貼り付けまたはドラッグすると、貼り付けたテキストでもエディターの構文強調色とフォントの特性が維持されます。

構文の強調表示の設定は変更できます。[ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] をクリックします。[MATLAB][エディター/デバッガー][言語] を選択します。設定の変更は、ライブ エディターでは適用されません。

区切り記号の一致

MATLAB は、構文エラーを避けるため、小かっこ、中かっこ、大かっこなどの区切り記号の一致、不一致を示します。また、forifwhileelse および end ステートメントのような組になった言語キーワードも示します。

既定の設定では、MATLAB は次のように一致する区切り記号と不一致の区切り記号、および組になった言語キーワードを示します。

  • 閉じ区切り記号を入力する — MATLAB は、対応する開き区切り記号を一時的に強調表示するか下線付きで表示します。

  • 開き区切り記号より多くの閉じ区切り記号を入力する — MATLAB は、対応する要素がない区切り記号に取り消し線または下線を引きます。

  • 方向キーを使用して 1 つの区切り記号の上にカーソルを移動する — MATLAB は組になった区切り記号の両方に一時的に下線を引きます。対応する区切り記号が存在しない場合、MATLAB は一致しない区切り記号からの取り消し線を表示します。

一致する区切り記号が存在するものの画面上で見えない場合は、ポップアップ ウィンドウが現れ、一致する区切り記号を含む行を表示します。ポップアップ ウィンドウをクリックすると、その行に移動します。

区切り記号の一致のポップアップ ウィンドウは、ライブ エディターではサポートされていません。

区切り記号に一致するインジケーター、および表示するタイミング、または表示するかどうかを変更できます。[ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] をクリックします。[MATLAB][キーボード] を選択します。設定の変更は、ライブ エディターでは適用されません。

コードの候補と補完

コードを記述するときに、MATLAB では、関数名、モデル、MATLAB オブジェクト、ファイル、フォルダー、変数、構造体、グラフィックス プロパティ、パラメーター、オプションの名前を自動的に提案および補完します。自動提案および補完機能を使用して、コマンドを迅速に記述し、タイプ ミスを回避することができます。

ライブ エディターでは、一致候補が自動的に表示されます。スクリプトに一致項目を挿入するには、方向キーを使用して必要な名前を選択し、Tab キーを押します。Esc キーを押すと、何も選択せずに補完のリストをクリアできます。コマンド ウィンドウまたはエディターで名前を補完するには、補完する項目名の先頭の数文字を入力し、Tab キーを押します。方向キーを使用して必要な名前を選択し、もう一度 Tab キーを押します。

自動提案と補完機能は、グラフィックス プロパティの名前と値を入力するときに特に役に立ちます。たとえば、plot(x,y,'LineStyle','-') のようになります。

また、提案機能を使用して特定の関数のパラメーター名やオプションを補完することもできます。たとえば、format('shortEng') のようになります。

MATLAB では、現在の状態に基づいて候補を表示します。これは、以下を含みます。

  • 現在のワークスペースで定義されている変数

  • 検索パス上または現在のフォルダー内にあるファイルやフォルダー

  • アクティブなドキュメント内で定義され、カーソルの現在の位置で利用できる変数、関数、クラスのプロパティ、クラスのメソッド

アクティブなファイル内のみで定義された構造体配列のフィールド名は、MATLAB で補完されません。

ヒント

Tab キーを使用してステートメント内に複数のスペースを追加するには、最初にスペースを 1 つ追加してから、Tab キーを押します。このようにしないと、タブ補完が有効になっている場合、MATLAB は名前を補完しようとします。

ライブ エディターで Tab キーを押した後にのみ MATLAB が名前の候補を表示して補完するようにするには、[ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] をクリックします。次に、[MATLAB][キーボード] を選択し、[候補と補完][ライブ エディター] セクションで [タブに表示] を選択します。

コマンド ウィンドウとエディターで候補と補完を無効にするには、[候補と補完] セクションで [タブ補完を有効にする] をオフにします。

関数構文のヒント

コマンド ウィンドウ、ライブ エディター、エディターに関数を入力するときに、ポップアップ ウィンドウに構文のヒントが開いて、関数で許可される入力引数が表示されます。

関数の構文のヒントは、MATLAB がインストールした関数とユーザーが作成した関数の両方に対して表示されます。MATLAB 関数の構文のヒントは、ドキュメンテーションに基づきます。ユーザーが作成した関数の構文のヒントは、MATLAB プログラム ファイル内の関数定義ステートメント (最初の実行可能な行) に基づきます。そのファイルは、検索パス上か現在のフォルダー内に存在していなければなりません。作成した関数へのヘルプの追加の詳細については、プログラムへのヘルプの追加を参照してください。

関数の構文のヒントを使用するには、関数名に続けて開きかっこを入力します。ポップアップ ウィンドウが開いて、その関数の基本構文が表示されます。ライブ エディターで、構文の右側にあるドロップダウン矢印 を使用して、使用可能なすべての構文を表示できます。

青字で表示される任意の引数に入力できます。独自の入力名を入力します。ウィンドウに示されている引数名ではありません。表示される構文オプションは、入力した引数によって異なります。

ライブ エディターに、MATLAB は各引数の説明を表示します。オプションの引数には、引数の説明の横に (optional) キーワードが示されます。

関数名によっては、オーバーロードされているものがあります。つまり、さまざまな種類の入力をサポートする同じ名前の異なる関数が存在します。オーバーロードされた関数では、オブジェクトを最初の入力として渡す必要があります。オブジェクト名を指定すると、以下のように、構文のヒントは関数の正しいバージョンを反映して更新されます。ライブ エディターにはすべてのオーバーロードが表示されない場合があります。

関数構文のヒントは提案にすぎません。関数の詳細については、ドキュメンテーションの関数参照ページを参照してください。関数のドキュメンテーションを開くには、関数の構文のヒントの左側にある ボタンをクリックします。

コマンド ウィンドウとエディターで関数の構文のヒントを無効にするには、[ホーム] タブの [環境] セクションで、 [設定] をクリックします。次に、[MATLAB][キーボード] を選択し、[候補と補完] セクションで対象とするツールの [関数のヒントを有効にする] をオフにします。