Main Content

コマンド ウィンドウ基本設定の設定

コマンド ウィンドウ基本設定を使用して、コマンド ウィンドウとそのコマンド出力の視覚的な表示と動作をカスタマイズできます。

コマンド ウィンドウの一般基本設定

コマンド ウィンドウに表示される内容と表示方法、および Datetime オブジェクトの既定の形式を指定できます。

[ホーム] タブの [環境] セクションで [基本設定] をクリックします。[MATLAB][コマンド ウィンドウ] を選択し、次の表の説明に従ってオプションを調整します。

コマンド ウィンドウ基本設定の一部は、MATLAB® Online™ では利用できません。

基本設定使用方法
テキスト表示

[数値形式] オプションを選択して、コマンド ウィンドウでの数値の出力形式を指定します。

詳細は、浮動小数点数の書式設定を参照してください。

[行間隔] オプションを選択して、コマンド ウィンドウ出力に空行を表示するかどうかを指定します。空行を表示しない場合は compact を選択し、空行を表示する場合は loose を選択します。

日付と時刻の形式

[ロケール] オプションを選択して、Datetime オブジェクトの既定の入力ロケールを指定します。また、カスタム ロケールを入力することもできます。一般的な値のリストなど、詳細については、「datetime」を参照してください。

[既定の日時の形式] オプションを選択して、Datetime オブジェクトの既定の形式を指定します。また、カスタム形式を入力することもできます。詳細については、datetime 配列の Format プロパティを参照してください。

[既定の日付のみの形式] オプションを選択して、Datetime オブジェクトの既定の日付形式を指定します。また、カスタム形式を入力することもできます。詳細については、datetime 配列の Format プロパティを参照してください。

表示

[行の折り返し] を選択すると、コマンド ウィンドウの現在の幅に適合するように、コマンド ウィンドウの 1 つの行入力または出力を複数の行に分割できます。

詳細は、ウィンドウ幅に収まるようにコードの行を折り返すを参照してください。

[行列の表示幅を 80 文字に設定] を選択すると、行列出力の幅を制限できます。

[行の折り返し] も選択していて、さらにコマンド ウィンドウの幅が 80 文字未満の場合、出力行列の各行はコマンド ウィンドウの幅に納まるように 80 文字で折り返されることに注意してください。

[「入門」メッセージ バーを表示] を選択すると、紹介情報へのリンクを提供するコマンド ウィンドウのメッセージ バーが表示されます。

[関数ブラウザー ボタンの表示] を選択すると、[関数ブラウザー] ボタン がコマンド ウィンドウのプロンプトの左側に表示されます。関数ブラウザーを使って MATLAB 関数を検索できます。

[入力ミスの修正候補を表示] を選択して、コマンド ウィンドウに候補を表示します。未定義の関数、変数名、MATLAB 演算子を入力すると、MATLAB は次を表示します。

Did you mean:

これに続けて、候補コマンドがコマンド ラインに提示されます。Enter キーを押してそのコマンドを実行するか、Esc キーを押して候補を削除できます。

[コマンド ウィンドウ スクロール バッファー行数] では、コマンド ウィンドウに表示される最大行数を指定します。スクロール バッファーが大きいほど検索機能の範囲が広がりますが、必要なメモリも増大します。既定の設定では、スクロール バッファーは 5,000 行に設定されています。

スクロール バッファーのサイズは、呼び出すことのできる行数には影響しません。既定の設定では、上方向キー (↑) を使用すると、コマンド ウィンドウに表示される行数とは関係なく、コマンド履歴ウィンドウに表示されるすべての行を呼び出すことができます。

Tab キー

[タブ サイズ] は、Tab キーに割り当てるスペースの数を指定します。

コマンド ウィンドウまたはエディターのタブ補完が有効になっている場合、この設定は適用されません。タブ補完を有効または無効にするには、[ホーム] タブで、[基本設定][キーボード] を選択します。

コマンド ウィンドウ自動補完基本設定

MATLAB がコマンド ウィンドウで名前の候補の表示および補完を行う方法を変更できます。

[ホーム] タブの [環境] セクションで [基本設定] をクリックします。[MATLAB][コマンド ウィンドウ][自動補完] を選択し、次の表の説明に従ってオプションを調整します。

基本設定使用方法
候補と補完

[タブ補完を有効にする] を選択すると、コマンド ウィンドウで名前の最初の数文字を入力して Tab キーを押したときに、MATLAB が名前の候補を表示して補完します。

詳細については、コードの候補と補完を参照してください。

[Tab キーで補完を狭める] を選択すると、追加の各文字を入力して Tab キーを押すにつれて、MATLAB が補完候補の名前のリストを削減していきます。

[関数のヒントを有効にする] を選択すると、MATLAB がコマンド ウィンドウに関数のヒントを表示します。

有効にした場合は、関数名に続けて開きかっこを入力して一時停止すると、ツールヒントが開いて、その関数の基本構文が表示されます。以下に例を示します。

詳細については、関数構文のヒントを参照してください。

MATLAB Online で、コマンド ウィンドウに名前を入力したときに MATLAB で名前の候補を表示して補完するには、[自動的に表示] を選択します。Tab キーを押した後にのみ MATLAB で名前の候補を表示して補完するには、[タブに表示] を選択します。

関連するトピック