Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

デスクトップのフォントのズームと変更

MATLAB® 内のツールで使用されるズーム レベル、フォントのサイズ、名前、およびスタイルを変更できます。MATLAB で使用する新しいフォントをインストールすることもできます。

ズーム

エディター、ライブ エディター、およびヘルプ ブラウザーでは、ズーム レベルを変更できます。ズームインおよびズームアウトするには、Ctrl キーを押しながらスクロール ホイールを動かします。macOS システムでは、代わりに Command キーを使用します。

また、ズームインとズームアウトに使用できるキーボード ショートカットも用意されています。

アクションキーボード ショートカット

ズームイン

Ctrl + プラス記号

macOS システムでは、Command + Shift + プラス記号を使用します。

ズームアウト

Ctrl + マイナス記号

macOS システムでは、Command + Shift + マイナス記号を使用します。

ズームのリセット

(ヘルプ ブラウザーではサポートなし)

Ctrl + Alt + 0

macOS システムでは、Command + Alt + 0 を使用します。

また、エディターおよびライブ エディターでは、[ビュー] タブで [ズームイン] [ズームアウト]、または [ズームのリセット] を選択してズーム レベルを変更することもできます。

MATLAB Online™ では、ズーム レベルを変更するには Web ブラウザーのズーム設定を調整します。

フォント サイズの変更

MATLAB でのフォント サイズは、基本設定または設定を使用して変更できます。次の表は、各ツールでフォント サイズを変更する方法を説明したものです。

ツール手順

ライブ エディター

設定を使用して、コードおよびテキストのフォント サイズをプログラムで指定します。たとえば、次のコードはライブ エディターのコードのフォント サイズを変更します。

s = settings;
s.matlab.fonts.editor.code.Size.TemporaryValue = '26pt'
詳細については、matlab.fonts 設定を参照してください。

コード ツール

  • エディター

  • コマンド ウィンドウ

  • コマンド履歴

フォント サイズを指定するには、フォント基本設定を使用します。

[ホーム] タブの [環境] セクションで [基本設定] をクリックします。[MATLAB][フォント] を選択し、[デスクトップ コード フォント] セクションでフォント サイズを選択します。

テキストベースのツール

  • 現在のフォルダー ブラウザー

  • ワークスペース ブラウザー

  • 変数エディター

フォント サイズを指定するには、フォント基本設定を使用します。

[ホーム] タブの [環境] セクションで [基本設定] をクリックします。[MATLAB][フォント] を選択し、[デスクトップ テキスト フォント] セクションで [システム フォントを使用] チェック ボックスをオフにします。続いて、フォント サイズを選択します。

チャート

チャートへのタイトルと軸のラベルの追加を参照してください。

MATLAB Online では、エディター (フォント基本設定を使用) およびライブ エディター (設定を使用) のフォント サイズのみを変更できます。

フォントの名前とスタイルの変更

ツールによって、MATLAB でのフォント名とスタイルをいくつかの異なる方法で変更できます。次の表は、MATLAB の各ツールでフォントの名前とスタイルを変更する方法を説明したものです。

ツール手順

ライブ エディター

設定を使用して、コードおよびテキストのフォントの名前およびスタイルをプログラムで指定します。たとえば、次のコードはライブ エディターでの標準テキストのフォントの名前およびスタイルを変更します。

s = settings;
s.matlab.fonts.editor.normal.Name.PersonalValue = 'Calibri';
s.matlab.fonts.editor.normal.Style.PersonalValue = {'bold'};
詳細については、matlab.fonts 設定を参照してください。

コード ツール

  • エディター

  • コマンド ウィンドウ

  • コマンド履歴

フォント基本設定を使用してフォントの名前とスタイルを指定します。

[ホーム] タブの [環境] セクションで [基本設定] をクリックします。[MATLAB][フォント] を選択し、[デスクトップ コード フォント] セクションでフォントの名前とスタイルを選択します。

既定で、コード フォントは等幅で垂直方向の配置が保持されるように設定されています。フォントが等幅に設定されている場合、エディターでの実際のフォントの表示はコマンド ウィンドウおよびコマンド履歴でのフォントの表示と異なるものになります。これは、等幅は論理フォントであり、物理フォントではないためです。この相違を避けるには、たとえば Courier New など、物理フォントのフォント名を指定してください。

テキストベースのツール

  • 現在のフォルダー ブラウザー

  • ワークスペース ブラウザー

  • 変数エディター

フォント基本設定を使用してフォントの名前とスタイルを指定します。

[ホーム] タブの [環境] セクションで [基本設定] をクリックします。[MATLAB][フォント] を選択し、[デスクトップ テキスト フォント] セクションで [システム フォントを使用] チェック ボックスをオフにします。続いて、フォントの名前とスタイルを選択します。既定では、テキスト フォントはシステム フォントに設定されています。

ヘルプ ブラウザー

MATLAB Web ブラウザー

フォントの名前とスタイルの変更はサポートされていません。

MATLAB Online では、エディター (フォント基本設定を使用) およびライブ エディター (設定を使用) のフォントの名前とスタイルのみを変更できます。

Linux® システムでアンチエイリアス処理を適用し、デスクトップの外観をより滑らかにするには、[デスクトップ フォントを滑らかにするためにアンチエイリアス処理を使用] を選択します。基本設定を反映させるには MATLAB を再起動しなければなりません。Microsoft® Windows® および macOS プラットフォームでは、MATLAB はアンチエイリアス処理にシステム設定を使用します。

高度なカスタマイズ

個々のツールのフォント基本設定を変更することで、MATLAB のフォントをさらにカスタマイズすることができます。フォント基本設定を変更するには、[ホーム] タブの [環境] セクションで、 [基本設定] をクリックします。[MATLAB][フォント][カスタム] を選択し、[デスクトップ ツール] のリストからツールを選択します。次に、使用するフォントを選択します。

  • デスクトップ コード — このツールにデスクトップ コード フォントを使用するには、このオプションを選択します。

  • デスクトップ テキスト — このツールにデスクトップ テキスト フォントを使用するには、このオプションを選択します。

  • カスタム — このツールにカスタム フォントを指定するには、このオプションを選択します。そのうえで、フォントの名前、スタイル、サイズを指定します。一部のオプションは、すべてのツールでサポートされるとは限りません。

たとえば、エディターのフォントをカスタム フォントに変更するには、[デスクトップ ツール] のリストで [エディター] を選択します。次に、[使用するフォント] セクションで [カスタム] を選択し、希望するフォントの名前、スタイル、およびサイズを指定します。

カスタム フォント基本設定の設定はライブ エディターではサポートされていません。ライブ エディターでのコードおよびテキストのフォントの名前およびスタイルを変更するには、設定を使用します。詳細については、matlab.fonts 設定を参照してください。

既定のフォント基本設定

次の表は、MATLAB におけるツールの既定のフォント基本設定を示しています。この表を使用して、フォントを元の状態に戻すことができます。

ツール

使用するフォント

既定のフォント

コマンド履歴

[デスクトップ コード]

固定幅、標準、10 ポイント

フォントが等幅に設定されている場合、エディターでの実際のフォントの表示はコマンド ウィンドウおよびコマンド履歴でのフォントの表示と異なるものになります。これは、等幅は論理フォントであり、物理フォントではないためです。この相違を避けるには、たとえば Courier New など、物理フォントのフォント名を指定してください。

コマンド ウィンドウ

エディター (ショートカット エディターにも適用)

現在のフォルダー ブラウザー(パス ブラウザーにも適用)

デスクトップ テキスト

現在使用中のシステム フォント

ワークスペース ブラウザー

変数エディター

関数ブラウザー

プロファイラー

カスタム

Sans serif、標準、10 ポイント

新しいフォントの追加

MATLAB で使用する新しいフォントをインストールできます。追加のフォントをインストールする一般的な理由は、異なる言語で作成されたファイルを読み取ることです。システムへのフォント追加の詳細については、システムのドキュメンテーションを参照してください。

MATLAB と互換性のある新しいフォントを選択します。MATLAB は、互換性のあるフォントのみをフォント基本設定に含めます。

  • デスクトップ コンポーネント (コマンド ウィンドウなど)、Figure ウィンドウ、および Uicontrol の場合、フォントは TrueType および Microsoft OpenType® フォントと互換性がなければならない

  • xlabelylabeltitletext などのグラフィックス オブジェクトの場合、フォントは TrueType および Microsoft OpenType フォントでなければならない

MATLAB がフォントを探す場所に新しいフォントをインストールします。MATLAB は次の場所でフォントを探します。

  • オペレーティング システムの標準の場所 (詳細はシステム管理者に問い合わせてください)

  • システム上で Java® がインストールされている /jre/lib/fonts フォルダー

MATLAB の実行中にフォントをインストールした場合は、MATLAB を再起動してそのフォントをフォント基本設定に含めます。

次に、新しいフォントを使用するには、フォントの名前とスタイルの変更の手順に従ってください。

参考

関連するトピック