最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

キーボード基本設定の設定

キーボード基本設定を使用して、コマンド ウィンドウ、エディター、およびライブ エディターにおける候補と補完のオプションと、区切り記号の一致のオプションを設定できます。

キーボード基本設定を設定するには、[ホーム] タブの [環境] セクションで [基本設定] をクリックします。[MATLAB][キーボード] を選択し、次の表の説明に従って基本設定オプションを調整します。

基本設定使用方法

候補と補完

[Tab キーで補完を狭める] を選択すると、追加の各文字を入力して Tab キーを押すにつれて、MATLAB® が補完候補の名前のリストを削減していきます。このオプションはライブ エディターではサポートされていません。

詳細は、コードの候補と補完を参照してください。

[コマンド ウィンドウ] または [エディター] セクションで [タブ補完を有効にする] を選択すると、コマンド ウィンドウやエディターで名前の最初の数文字を入力して Tab キーを押したときに、MATLAB が名前の候補を表示して補完します。

[コマンド ウィンドウ] または [エディター] セクションで [関数のヒントを有効にする] を選択すると、MATLAB がコマンド ウィンドウやエディターに関数のヒントを表示します。

有効にした場合は、関数名に続けて開きかっこを入力して一時停止すると、ツールヒントが開いて、その関数の基本構文が表示されます。以下に例を示します。

詳細は、関数構文のヒントを参照してください。

[ライブ エディターと App Designer] セクションで [自動的に表示] を選択すると、名前の最初の数文字を入力したときに、MATLAB が自動的に名前の候補を表示して補完します。

[タブに表示] を選択すると、Tab キーを押した後にのみ MATLAB が名前の候補を表示して補完します。

区切り記号の一致

一致する区切り記号または一致しない区切り記号について MATLAB が警告するかどうかとそのタイミングを指定します。区切り記号には、小かっこ、大かっこ、中かっこがあり、エディターに対してのみ組になったキーワードも含まれます。

[入力中に一致] (MATLAB Online™ の場合は [入力中に一致と不一致を表示]) を選択すると、入力中に MATLAB が一致する区切り記号と一致しない区切り記号を警告します。

[矢印で一致] (MATLAB Online の場合は [矢印キーの使用中に一致と不一致を表示]) を選択すると、矢印キーを使用してカーソルを区切り記号の上に移動したときに、MATLAB が一致する区切り記号と一致しない区切り記号を警告します。

詳細は、区切り記号の一致を参照してください。

これらの [一致の表示] オプションのいずれか 1 つを選択して、MATLAB が一致する区切り記号を示す方法を指定します。

  • バランス — 対応する区切り記号が一時的に強調表示されます。

  • 下線 — 両側の区切り記号に一時的に下線が表示されます。

  • 強調 — 両側の区切り記号が一時的に強調されます。

ライブ エディターと MATLAB Online では、区切り記号の一致インジケーターの変更がサポートされていません。区切り記号の一致を有効にすると、MATLAB は [下線] オプションを使用して、一致する区切り記号を示します。

これらの [不一致の表示] オプションの 1 つを選択して、一致しない区切り記号を MATLAB で示す方法を指定します。

  • ビープ音 — MATLAB でビープ音を発生させます。

  • 取り消し線 — 入力した区切り記号に取り消し線が一時的に表示されます。

  • なし — 何も行いません

ライブ エディターと MATLAB Online では、区切り記号の一致インジケーターの変更がサポートされていません。区切り記号の一致を有効にすると、MATLAB は [取り消し線] オプションを使用して、一致しない区切り記号を示します。

MATLAB Online で、MATLAB がエディター、ライブ エディターおよび App Designer で名前の候補の表示および補完を行う方法を変更するには、[MATLAB][エディター/デバッガー] の基本設定に移動し、使用可能なオプションから選択します。MATLAB がコマンド ウィンドウで名前の候補の表示および補完を行う方法を変更するには、[MATLAB][コマンド ウィンドウ] の基本設定に移動します。