Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

バックグラウンド処理

コードをバックグラウンドで実行して他のコードを同時に実行

MATLAB® でコードを実行するときは、そのコードが完了するまで待たないと他のコードを実行できません。バックグラウンド プールを使用すると、コードをバックグラウンドで実行して他のコードを同時に実行できます。たとえば、バックグラウンドでの計算の実行中も応答を続けるアプリを作成できます。

バックグラウンドで関数を実行するには、parfeval をバックグラウンド プールで使用します。parfeval は、バックグラウンドで実行中の関数を表す Future オブジェクトをすぐに返します。Future からの結果を取得するには、fetchOutputs を呼び出します。

関数

すべて展開する

parfevalバックグラウンドでの関数の実行
backgroundPoolバックグラウンドでコードを実行するための環境
fetchOutputsバックグラウンドで実行されている関数からの結果の取得
afterEachRun function after each function finishes running in the background
afterAllRun function after all functions finish running in the background
cancelバックグラウンドで実行されている関数の停止
cancelAllStop all functions running in the background
waitFuture の完了を待機
fetchNextFuture 配列から次の未読の出力を取得
FutureFunction scheduled to run
sendSend data to DataQueue or PollableDataQueue
pollRetrieve data from PollableDataQueue
afterEachRun function after data is received on DataQueue
parallel.pool.DataQueueSend and automatically process data
parallel.pool.PollableDataQueueSend and manually retrieve data

トピック

バックグラウンド処理入門

適用