ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dbdown

dbup のワークスペース シフトを反転する

構文

dbdown

説明

dbdown は、デバッグ モードで、現在のワークスペースと関数コンテキストを、呼び出された MATLAB® 関数またはスクリプトのワークスペースと関数コンテキストに変更します。このコマンドを実行する前に、dbup コマンドを少なくとも 1 回実行しなければなりません。dbdowndbup の反対です。

複数の dbdown コマンドは、現在のワークスペースと関数コンテキストが MATLAB の一時停止した行になるまで、スタック上で連続して実行される各 MATLAB 関数またはスクリプトにワークスペースと関数コンテキストを変更します。実行を続行したり、次の行にステップしたりするために、一時停止した行に戻る必要はありません。

すべて折りたたむ

dbup コマンドと dbdown コマンドを使用して、現在の関数のワークスペースと、その呼び出し元の関数のワークスペースを表示します。

次のステートメントを含むファイル myfile.m を作成します。

function n = myfile(x)
n = myfunction(x-1);

function z = myfunction(y)
z = 2 / y ;

myfunction にブレークポイントを設定し、1 を入力して myfile を実行します。MATLAB は関数 myfunction の行 z = 2 / y で一時停止します。whos を呼び出して、現在のワークスペースの変数を表示します。

dbstop in myfile>myfunction
myfile(1);
whos
Name      Size            Bytes  Class     Attributes

  y         1x1                 8  double    

ワークスペースには変数 y が含まれ、これは myfunction のワークスペースのコンテキストにあります。

dbup コマンドを実行して、呼び出し元の関数 myfile のワークスペースに切り替えます。whos を呼び出して、新しいワークスペースの変数を表示します。

dbup
whos
In workspace belonging to myfile (line 2)

  Name      Size            Bytes  Class     Attributes

  x         1x1                 8  double    

ワークスペースには変数 x が含まれ、これは myfile のワークスペースのコンテキストにあります。

dbdown コマンドを実行してから、whos を呼び出します。

dbdown
whos
In workspace belonging to myfile>myfunction (line 5)

  Name      Size            Bytes  Class     Attributes

  y         1x1                 8  double     

ワークスペースには再び変数 y が含まれ、これは myfunction のワークスペースのコンテキストにあります。

R2006a より前に導入