ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

テキスト ファイル

区切り文字付きテキスト ファイルおよび書式設定付きテキスト ファイル

.csv ファイルや .txt ファイルなど、区切り付きおよび書式設定済みのテキスト ファイルで、数値および非数値データを読み取りおよび書き込みできます。インポート ツールを使用してテキスト ファイル データを対話的にインポートします。このページの関数を使用してテキスト データをプログラムでインポートまたはエクスポートします。テキスト ファイルをインポートする主な方法を比較するには、テキスト ファイルのインポートを参照してください。

関数

すべて展開する

インポート ツールファイルからデータをインポート

基本的なインポートとエクスポート

readtableファイルからのテーブルの作成
writetableファイルへのテーブルの書き込み

インポートのルールの定義

detectImportOptionsファイルの内容に基づくインポート オプションの作成
delimitedTextImportOptions区切りテキストのインポート オプション オブジェクト
fixedWidthImportOptions固定幅テキスト ファイルのインポート オプション オブジェクト
getvaropts変数インポート オプションの取得
setvaropts変数のインポート オプションの設定
setvartype変数のデータ型の設定
previewインポート オプションを使用してファイルから 8 行をプレビュー
textscanテキスト ファイルまたは文字列から書式付きデータを読み取る
dlmread数値データの ASCII 区切りファイルを行列に読み込む
dlmwrite行列を ASCII 区切りファイルに書き込む
csvreadコンマ区切り値 (CSV) ファイルの読み取り
csvwriteコンマ区切り値ファイルの書き込み
typeファイルの内容の表示
filereadファイルの内容をテキストとして読み取る

オブジェクト

tabularTextDatastore表形式テキスト ファイルのデータ ストア

トピック

テキスト ファイルのインポート

データの形式と、MATLAB® ワークスペース内での目的のデータ型に基づいてインポート方法を選択します。

テキスト ファイルからの日付と時刻のインポート

書式設定済みの日付と時刻 ('01/01/01''12:30:45' など) を列方向の表形式データから 3 つの方法でインポートします。

テキスト ファイルのコレクションまたはシーケンスの読み取り

テキスト ファイルのコレクションからデータを読み取り、管理する。

テーブルのインポート オプションの定義

データ インポートのカスタマイズ、およびインポート プロセスに対する追加の制御にはインポート オプションを定義して使用する。

テキスト ファイルへのデータの書き込み

table、cell 配列、または数値配列に含まれる表形式データを、MATLAB ワークスペースからテキスト ファイルにエクスポートします。