Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

テキスト ファイルのインポート

テキスト ファイルには、多くの場合数値データおよびテキスト データとともに変数名および行名が混在しており、MATLAB® では table として表現すると最適です。インポート ツールまたは関数 readtable を使用して、テキスト ファイルの表形式データを table にインポートすることができます。

インポート ツールを使用したテキスト ファイルのインポート

インポート ツールを使うと、table や他のデータ型にインポートすることができます。たとえば、サンプル ファイル airlinesmall.csv からデータのサブセットを読み取ります。インポート ツールを使用してファイルを開き、インポートするデータの範囲や出力タイプなどのオプションを選択します。次に、[選択のインポート] ボタン をクリックして、MATLAB ワークスペースにデータをインポートします。

readtable を使用したテキスト ファイルのインポート

あるいは、たとえば次のようにファイル名を指定して関数 readtable を使用し、表形式データをテキスト ファイルから table に読み取ることができます。

T = readtable('airlinesmall.csv');

table の最初の 5 行と 5 列を表示します。

T(1:5,1:5)
ans =

  5×5 table

    Year    Month    DayofMonth    DayOfWeek    DepTime 
    ____    _____    __________    _________    ________

    1987     10          21            3        {'642' }
    1987     10          26            1        {'1021'}
    1987     10          23            5        {'2055'}
    1987     10          23            5        {'1332'}
    1987     10          22            4        {'629' }

他のデータ型としてデータをテキスト ファイルからインポート

table の他に、表形式データを timetable、数値行列、cell 配列、または個別の列ベクトルとしてテキスト ファイルから MATLAB ワークスペースにインポートすることができます。必要なデータ型に基づき、次の関数のいずれかを使用してください。

出力のデータ型 関数
timetablereadtimetable
数値行列readmatrix
cell 配列readcell
個別の列ベクトルreadvars

参考

|

関連するトピック