ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

テキスト ファイルから数値データをインポート

コンマ区切りのテキスト ファイルまたは区切られたテキスト ファイルとして保存されたファイルから、数値データを MATLAB® 配列としてインポートします。

コンマ区切りデータのインポート

この例では、テキスト ファイルからコンマ区切りの数値データをインポートする方法を説明します。サンプル ファイルを作成し、ファイル内のすべてのデータを読み取り、指定した位置から始まるサブセットのみを読み取ります。

コンマ区切りのデータを含む ph.dat という名前のサンプル ファイルを作成し、ファイルの内容を表示します。

A = 0.9*gallery('integerdata',99,[3 4],1);
writematrix(A,'ph.dat','Delimiter',',')
type('ph.dat')
85.5,54,74.7,34.2
63,75.6,46.8,80.1
85.5,39.6,2.7,38.7

関数 readmatrix を使用してファイルを読み取ります。この関数は、ファイルのデータを含む 34 列の double 配列を返します。

M = readmatrix('ph.dat')
M = 3×4

   85.5000   54.0000   74.7000   34.2000
   63.0000   75.6000   46.8000   80.1000
   85.5000   39.6000    2.7000   38.7000

ファイルの 1 行 3 列目から始まるデータの矩形部分のみをインポートします。インポート オプション オブジェクトを作成し、SelectedVariableNames プロパティと DataLines プロパティを使用してインポートする列と行を指定します。次に、データの選択した部分をファイルからインポートします。

opts = detectImportOptions('ph.dat');
opts.SelectedVariableNames = {'Var3','Var4'};
opts.DataLines = [1 3];
readmatrix('ph.dat',opts)
ans = 3×2

   74.7000   34.2000
   46.8000   80.1000
    2.7000   38.7000

区切られた数値データのインポート

この例では、関数 writematrix を使用して、任意の 1 文字で区切られた数値データをインポートする方法を説明します。サンプルファイルを作成し、ファイル全体を読み取り、指定した位置からファイルのサブセットを読み取ります。

44 列の数値配列を含む num.txt という名前のタブ区切りファイルを作成し、ファイルの内容を表示します。

A = gallery('integerdata',99,[4,4],0);
writematrix(A,'num.txt','Delimiter','\t')
type('num.txt')
95	89	82	92
23	76	45	74
61	46	61	18
49	2	79	41

ファイル全体を読み取ります。関数 readmatrix は、区切り記号を自動的に判定して 4 行 4 列の double 配列を返します。

M = readmatrix('num.txt')
M = 4×4

    95    89    82    92
    23    76    45    74
    61    46    61    18
    49     2    79    41

ファイルの 2 行 3 列目から始まるデータの矩形ブロックのみを読み取ります。インポート オプション オブジェクトを作成し、SelectedVariableNames プロパティと DataLines プロパティを使用してインポートする列と行を指定します。次に、データの選択した部分をファイルからインポートします。

opts = detectImportOptions('num.txt');
opts.SelectedVariableNames = {'Var3','Var4'};
opts.DataLines = [2 4];
readmatrix('num.txt',opts)
ans = 3×2

    45    74
    61    18
    79    41

参考

| | |

関連するトピック