Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

スプレッドシート

Microsoft® Excel® スプレッドシート

.xls ファイルや .xlsx ファイルなどのスプレッドシート ファイルのデータを読み取り、MATLAB® の table、timetable、行列、または配列に書き込みます。インポート ツールを使用してスプレッドシート データを対話的にインポートするか、ここに挙げる関数を使用してデータをプログラムによりインポートすることができます。選択した範囲のデータをインポートすることも、スプレッドシート ファイルから複数のワークシートをインポートすることもできます。

関数

すべて展開する

インポート ツールファイルからデータをインポート

基本的なインポートとエクスポート

readtableファイルからのテーブルの作成
writetableファイルへの table の書き込み
readtimetableファイルからの timetable の作成
writetimetableファイルへの timetable の書き込み
sheetnamesスプレッドシート ファイルのシート名の取得

インポートのルールの定義

detectImportOptionsファイルの内容に基づくインポート オプションの作成
spreadsheetImportOptionsスプレッドシートのインポート オプション オブジェクト
getvaropts変数インポート オプションの取得
setvaropts変数のインポート オプションの設定
setvartype変数のデータ型の設定
previewインポート オプションを使用してファイルから 8 行をプレビュー
readmatrixファイルからの行列の読み取り
writematrixファイルへの行列の書き込み
readcellファイルからの cell 配列の読み取り
writecellファイルへの cell 配列の書き込み
readvarsファイルからの変数の読み取り
importdataファイルからデータを読み込む

オブジェクト

spreadsheetDatastoreスプレッドシート ファイルのデータ ストア

トピック

スプレッドシート データの読み取り

スプレッドシートのインポート

スプレッドシートには、多くの場合数値データやテキスト データとともに変数名や行名が混在しており、MATLAB では table として表現するのが最適です。

インポート ツールを使用したスプレッドシート データの読み取り

ファイルまたはクリップボードのスプレッドシート データをプレビューし、インポート ツールを使用してインポート対象のデータを選択する。

スプレッドシート データの table への読み取り

MATLAB で表形式のスプレッドシート データを表現する最善の方法は table です。table は異種混合 (数値とテキストの混合) データや、変数名と行名を格納できるからです。

スプレッドシート データを配列または個々の変数に読み取る

readtable を使用してデータを table としてインポートする他に、データを行列、cell 配列、または個別の変数として直接ワークスペースにインポートすることもできます。

スプレッドシート ファイルのコレクションまたはシーケンスからの読み取り

スプレッドシート ファイルのコレクションからデータを読み取り、管理する。

テーブルのインポート オプションの定義

欠損データやエラーの処理方法の定義など、関数 readtable により提供されるオプションにないインポート処理を制御する場合は、データをインポートする前にインポート オプション オブジェクトを作成します。

スプレッドシート データの書き込み

Excel スプレッドシートへのデータの書き込み

ワークスペースのデータを Microsoft Excel スプレッドシート ファイルにエクスポートする。