Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

スプレッドシートのインポート

スプレッドシートには、多くの場合数値データやテキスト データとともに変数名や行名が混在しており、MATLAB® では table として表現するのが最適です。インポート ツールまたは関数 readtable を使用して、データを table にインポートすることができます。

インポート ツールを使用したスプレッドシート データのインポート

インポート ツールを使うと、table や他のデータ型にインポートすることができます。たとえば、サンプルのスプレッドシート ファイル patients.xls から、データを table として MATLAB に読み取ります。インポート ツールを使用してファイルを開き、データの範囲や出力タイプなどのオプションを選択します。次に、[選択のインポート] ボタン をクリックして、MATLAB ワークスペースにデータをインポートします。

readtable を使用したスプレッドシート データのインポート

あるいは、たとえば次のようにファイル名を指定して関数 readtable を使用し、スプレッドシート データを table に読み取ることができます。

T = readtable('patients.xls');

範囲パラメーターを指定することで、インポートするデータの範囲を選択することもできます。たとえば、スプレッドシートの最初の 5 行と 5 列を読み取ります。Excel 表記で範囲を 'A1:E5' と指定します。

T = readtable('patients.xls','Range','A1:E5')
T =

  4×5 table

      LastName        Gender      Age              Location               Height
    ____________    __________    ___    _____________________________    ______

    {'Smith'   }    {'Male'  }    38     {'County General Hospital'  }      71  
    {'Johnson' }    {'Male'  }    43     {'VA Hospital'              }      69  
    {'Williams'}    {'Female'}    38     {'St. Mary's Medical Center'}      64  
    {'Jones'   }    {'Female'}    40     {'VA Hospital'              }      67  

他のデータ型としてのスプレッドシート データのインポート

table の他に、スプレッドシート データを timetable、数値行列、cell 配列、または個別の列ベクトルとして MATLAB ワークスペースにインポートすることができます。必要なデータ型に基づき、次の関数のいずれかを使用してください。

出力のデータ型 関数
timetablereadtimetable
数値行列readmatrix
cell 配列readcell
個別の列ベクトルreadvars

参考

|

関連するトピック