Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

インポート ツールを使用したスプレッドシート データの読み取り

この例では、インポート ツールを使用してスプレッドシートからワークスペースにデータをインポートする方法に加え、クリップボードからデータをインポートする方法も説明します。

対話モードでのデータの選択

[ホーム] タブの [変数] セクションで、[データのインポート] をクリックします。または、現在のフォルダー ブラウザーで、.xls.xlsx.xlsb または .xlsm の拡張子をもつファイルの名前をダブルクリックします。インポート ツールが開きます。

インポートするデータを選択します。たとえば、次の図のデータは 3 列のベクトル データに対応します。タブ内の変数名は編集できます。また、同じ変数に対して隣接していないセクションのデータも選択できます。

[インポート] タブの [出力タイプ] セクションで、データのインポート方法を選択します。選択するオプションにより、インポート データのデータ型が決まります。

選択したオプションデータのインポート方法
列ベクトル選択したデータの各列を個別の m 行 1 列のベクトルとしてインポートします。
数値行列選択したデータを mn 列の数値配列としてインポートします。
string 配列選択したデータを mn 列の string 配列としてインポートします。
cell 配列選択したデータを、複数のデータ型 (数値データやテキストなど) を格納できる cell 配列としてインポートします。
テーブル選択したデータをテーブルとしてインポートします。

行列または数値列ベクトルとしてデータをインポートする場合は、ワークシート内の非数値データが強調表示されます。強調表示に使用される色はそれぞれ、データを数値配列に格納するために提示されたルールに対応します。たとえば、非数値を NaN に置換できます。また、個々のセルにカーソルを合わせると、データがどのようにインポートされるかを確認できます。

置き換える値を NaN から別の値に変更するなど、ルールの追加、削除、並べ替えまたは編集ができます。すべてのルールはインポートされたデータにのみ適用され、ファイルのデータは変更されません。範囲内に非数値データが含まれており、かつデータを行列または数値列ベクトルにインポートする場合は必ずルールを指定します。

#Error? が含まれるすべてのセルは、ゼロ除算などのスプレッドシート ファイルの式エラーと一致します。インポート ツールは、これらのセルを数値として認識しません。

[選択のインポート] ボタン をクリックすると、インポート ツールによってワークスペースに変数が作成されます。

インポート ツール操作の詳細については、このビデオをご覧ください。

複数のスプレッドシートからのデータのインポート

複数のファイルに対して同じインポート操作を実行する場合は、インポート ツールからコードを生成することで、操作を簡単に繰り返すことができます。インポート ツールはすべてのプラットフォーム上でプログラム用のスクリプトを生成できるため、これを編集してファイルのインポートを実行できます。Excel® ソフトウェアがインストールされた Microsoft® Windows® では、インポート ツールを使用して関数を生成し、各ファイルを呼び出すことができます。

たとえば、現在のフォルダーに myfile01.xlsx から myfile25.xlsx までの名前をもつ一連のスプレッドシートが存在し、各ファイルの最初のワークシートから同じ範囲のデータ A2:G100 をインポートするとします。この場合は、次のようにコードを生成して、ファイルすべてをインポートします。

  1. ファイルの 1 つをインポート ツールで開きます。

  2. [選択のインポート] ボタンから [関数の生成] を選択します。インポート ツールによって次の抜粋と類似したコードが生成され、エディターで表示されます。

    function data = importfile(workbookFile, sheetName, range)
    %IMPORTFILE    Import numeric data from a spreadsheet
    ...
  3. 関数を保存します。

  4. 別のプログラム ファイルまたはコマンド ラインで for ループを作成して、各スプレッドシートのデータを myData という cell 配列にインポートします。

    numFiles = 25;
    range = 'A2:G100';
    sheet = 1;
    myData = cell(1,numFiles);
    
    for fileNum = 1:numFiles
        fileName = sprintf('myfile%02d.xlsx',fileNum);
        myData{fileNum} = importfile(fileName,sheet,range);
    end

myData の各セルには、対応するワークシートのデータ配列が含まれます。たとえば、myData{1} には最初のファイル myfile01.xlsx のデータが含まれます。

クリップボードからのデータの貼り付け

データの対話的なインポートに加えて、クリップボードから MATLAB® にスプレッドシート データを貼り付けることもできます。

まず、Microsoft Excel でスプレッドシート データを選択してコピーし、次に以下のいずれかの方法を使用します。

  • ワークスペース ブラウザーのタイトル バーで をクリックし、[貼り付け] を選択する。

  • 変数エディターで既存の変数を開き、右クリックして [Excel データの貼り付け] を選択する。

  • uiimport -pastespecial を呼び出す。

参考

| | | |

関連するトピック