Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

fileread

ファイルの内容をテキストとして読み取る

説明

text = fileread(filename) はファイル filename の内容を文字ベクトルとして返します。

text = fileread(filename,Encoding=encoding)encoding で指定したエンコードを使用して filename を開きます。

すべて折りたたむ

ファイルを読み取って対象のテキストを検索します。

まず、ファイル fileread.m を文字ベクトルに読み取ります。

filetext = fileread('fileread.m');

次に、検索するテキストを定義します。

expr = '[^\n]*fileread[^\n]*';

テキスト 'fileread' を含むすべての行を検出して返します。

matches = regexp(filetext,expr,'match');

一致した最初の行を表示します。

disp(matches{1})
function out = fileread(filename,args)

入力引数

すべて折りたたむ

読み取るファイルの名前。ファイル拡張子を含む文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。fileread は自動文字セット検出を使用してファイルのエンコードを判別します。

UNIX® システムでは、filename'~/' または '~username/' で開始されている場合、関数 fileread によって、パスが現在のユーザーまたは指定されているユーザーのホーム ディレクトリにそれぞれ展開されます。

ファイルの場所によって、filename は次のいずれかの形式をとります。

現在のフォルダー、または MATLAB® パス上のフォルダー

ファイル名を filename で指定します。

読み取りアクセスでファイルを開く場合にそのファイルが現在のフォルダーに存在しなければ、fileread によって MATLAB 検索パスに沿った検索が実行されます。

例: 'sample_file.txt'

その他のフォルダー

ファイルが現在のフォルダーまたは MATLAB パス上のフォルダーにない場合は、filename に絶対パス名または相対パス名を指定します。

例: 'C:\myFolder\myFile.sample_file.txt'

例: 'myFolder\sample_file.txt'

リモートの場所

リモートの場所に保存されたファイルの場合、filename は次の形式の Uniform Resource Locator (URL) として指定されたファイルの絶対パスを含まなければなりません。

scheme_name://path_to_file/my_file.ext

リモートの場所に基づいて、scheme_name には次の表の値のいずれかを指定できます。

リモートの場所scheme_name
Amazon S3™s3
Windows Azure® Blob Storagewasb, wasbs
HDFS™hdfs

クラウド ファイル システムを使用している場合は、リモート ファイル システムと通信するための環境変数を設定します。詳細については、リモート データの操作を参照してください。

例: 's3://bucketname/path_to_file/sample_file.txt'

例: 'myFile.dat'

データ型: char | string

ファイルに関連付けられた文字エンコード スキーム。"" または次の表に示す値のいずれかのような標準の文字エンコード スキーム名として指定します。エンコードを指定しない場合、またはエンコードを "" として指定した場合、関数 fileread は MATLAB の既定のエンコードを使用してファイルを読み取ります。

"Big5"

"ISO-8859-1"

"windows-874"

"Big5-HKSCS"

"ISO-8859-2"

"windows-949"

"CP949"

"ISO-8859-3"

"windows-1250"

"EUC-KR"

"ISO-8859-4"

"windows-1251"

"EUC-JP"

"ISO-8859-5"

"windows-1252"

"EUC-TW"

"ISO-8859-6"

"windows-1253"

"GB18030"

"ISO-8859-7"

"windows-1254"

"GB2312"

"ISO-8859-8"

"windows-1255"

"GBK"

"ISO-8859-9"

"windows-1256"

"IBM866"

"ISO-8859-11"

"windows-1257"

"KOI8-R"

"ISO-8859-13"

"windows-1258"

"KOI8-U"

"ISO-8859-15"

"US-ASCII"

 

"Macintosh"

"UTF-8"

 

"Shift_JIS"

 

例: Encoding="system" はシステムの既定のエンコードを使用します。

拡張機能

バージョン履歴

R2006a より前に導入