Main Content

writelines

ファイルへのテキストの書き込み

説明

writelines(lines,filename) は、lines で指定されたテキストを filename で指定された名前のテキスト形式のファイルに書き込みます。filename で指定されたファイルが存在しない場合、writelines は新しいファイルを作成します。それ以外の場合、writelines は既存のファイルを上書きします。

writelines(lines,filename,Name=Value) は、1 つ以上の名前と値の引数を使用してオプションを指定します。たとえば、テキストを既存のファイルに追加したり、行末の文字を指定したり、文字エンコード スキームを指定したりできます。

すべて折りたたむ

現在のディレクトリ内の新しいファイルにテキスト "Example String" を書き込みます。

writelines("Example String","temp.txt")

新しいファイルの内容を表示します。

type temp.txt
Example String

既存のファイルに文字列を追加します。

lines = "New Content 456";
filename = "C:\Users\asato3\Desktop\original_file.txt";
writelines(lines,filename,WriteMode="append")

追加後のファイルの内容を表示します。

type C:\Users\asato3\Desktop\original_file.txt
Original Content 123
New Content 456

入力引数

すべて折りたたむ

書き込むテキスト。string 配列、文字ベクトル、または文字ベクトルの cell 配列として指定します。配列の各要素が別々の行としてファイルに書き込まれます。

例: "Sample text"

例: ["String1","String2","String3"]

ファイル名。string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。データの行の書き込み先を指定するために使用します。ファイルの場所に応じて、filename は次のいずれかの形式にできます。

場所

形式

現在のフォルダー、または MATLAB® パス上のフォルダー

ファイル名を filename で指定します。

例: "myFile.txt"

フォルダー内のファイル

ファイルが現在のフォルダーまたは MATLAB パス上のフォルダーにない場合は、filename に絶対パス名または相対パス名を指定します。

例: "C:\myFolder\myFile.xlsx"

例: "dataDir\myFile.txt"

インターネット URL

ファイルをインターネットの Uniform Resource Locator (URL) として指定する場合、filename には "http://" または "https://" のプロトコル タイプが含まれていなければなりません。

例: "http://hostname/path_to_file/my_data.csv"

リモートの場所

リモートの場所に保存されたファイルの場合、filename は次の形式で指定されたファイルの絶対パスを含まなければなりません。

scheme_name://path_to_file/my_file.ext

リモートの場所に基づいて、scheme_name には次の表の値のいずれかを指定できます。

リモートの場所scheme_name
Amazon S3™s3
Azure® Blob Storagewasbwasbs
HDFS™hdfs

詳細については、リモート データの操作を参照してください。

例: "s3://bucketname/path_to_file/my_file.csv"

例: writelines("Sample string","temp.txt") は、現在のフォルダー内のファイルに書き込みます。

例: writelines("Sample string","s3://bucketname/path_to_file/temp.txt") は、Amazon S3 の URL にあるファイルに書き込みます。

名前と値の引数

引数のオプションのペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで Name は引数名で、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後になければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前では、コンマを使用してそれぞれの名前と値を区切り、Name を引用符で囲みます。

例: writelines(lines,filename,WriteMode="append") は、既存のファイルにデータを追加します。

行末の文字。string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。既定値はシステムによって異なり、Windows® では "\r\n"、UNIX®macOS では "\n" です。

例: LineEnding="\n"

例: LineEnding="\r\n"

ファイルに関連付けられた文字エンコード スキーム。"system" または次の表の値のいずれかとして指定します。既定値は "system" であり、システムの既定のエンコードを使用してファイルを書き込みます。

"Big5"

"ISO-8859-1"

"windows-874"

"Big5-HKSCS"

"ISO-8859-2"

"windows-949"

"CP949"

"ISO-8859-3"

"windows-1250"

"EUC-KR"

"ISO-8859-4"

"windows-1251"

"EUC-JP"

"ISO-8859-5"

"windows-1252"

"EUC-TW"

"ISO-8859-6"

"windows-1253"

"GB18030"

"ISO-8859-7"

"windows-1254"

"GB2312"

"ISO-8859-8"

"windows-1255"

"GBK"

"ISO-8859-9"

"windows-1256"

"IBM866"

"ISO-8859-11"

"windows-1257"

"KOI8-R"

"ISO-8859-13"

"windows-1258"

"KOI8-U"

"ISO-8859-15"

"US-ASCII"

 

"Macintosh"

"UTF-8"

 

"Shift_JIS"

 

例: Encoding="system" はシステムの既定のエンコードを使用します。

書き込みモード。"overwrite" または "append" として指定します。既存のファイルに対して、"overwrite" はファイルを上書きし、"append" はデータをファイルに追加します。

例: WriteMode="append"

ファイル内の末尾の行末の処理方法。"auto""always"、または "never" として指定します。

  • "auto" – ファイルの最後に末尾の行末を付けます。テキストにない場合は追加の行を付加します。

  • "always" – ファイルに行末を常に追加します。

  • "never" – ファイルに行末を追加しません。

例: TrailingLineEndingRule="always"

バージョン履歴

R2022a で導入