Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

テキスト ファイルからの数値データ ブロックのインポート

この例では、テキスト ファイル内でブロックに編成された数値データを読み取る方法を説明します。ファイル内の各ブロックは、形式が異なっていてもかまいません。すべてのブロックは、textscan を使用して、一度に 1 ブロックずつ cell 配列として読み取ることができます。

ファイル形式の概要

サンプル テキスト ファイル test80211.txt の情報はワイヤレス ネットワーク通信の品質テストの結果です。サンプル ファイルは、前書きの 4 行と、それに続くいくつかのデータ ブロックで構成されています。各ブロックは異なる環境 (たとえば、モバイル、屋内、屋外) を表し、次の形式をもっています。

  • 2 行の説明記述のヘッダー行

  • テキスト Num SNR= およびそれに続く数値 m

  • m 列と任意の行数の table に整理された数値データ (データはコンマ区切り)

  • ブロックの終了を示すテキスト *EOB

たとえば、データ ブロックは次のような形式になります。

* Indoor2

* SNR Vs test No

Num SNR=3

,-5.00E+00,-4.00E+00,

1.00E+00,3.32E-07,9.12E-07

2.00E+00,1.49E-07,2.44E-07

3.00E+00,6.04E-07,2.53E-07

4.00E+00,1.53E-07,4.25E-07

5.00E+00,1.82E-07,1.83E-07

6.00E+00,6.27E-07,8.21E-07

7.00E+00,9.10E-08,1.53E-08

8.00E+00,8.73E-07,6.45E-07

9.00E+00,4.40E-07,1.33E-07

*EOB

数値データは、多数の独立したテストにおける、あるノイズ レベル範囲にわたるエラー率を示します。1 列目はテスト番号を表します。サンプル ファイル全体を表示するには、コマンド ラインで以下を入力します。

open test80211.txt

読み取るためテキスト ファイルを開く

ファイルを開き、ファイルの識別子を作成します。

fileID = fopen('test80211.txt','r');

概要行の読み取り

改行文字で区切られたテキストを含む先頭の 4 行を読み取ります。textscan は、文字ベクトルの 4 行 1 列の cell 配列を含んだ 1 行 1 列の cell 配列を返します。

Intro = textscan(fileID,'%s',4,'Delimiter','\n')
Intro = 1x1 cell array
    {4x1 cell}

最初の cell の内容を表示します。

disp(Intro{1})
    {'*CCX'                      }
    {'*CCX WiFi conformance test'}
    {'*CCX BER Results'          }
    {'*CCX'                      }

各ブロックの読み取り

各ブロックのヘッダー、数値 m、データの列ヘッダーを読み取ってから、データ自体を読み取ります。最初に、ブロックのインデックスを初期化します。

Block = 1;

while ループ内で各データ ブロックを読み取ります。ループは、ファイルの最後に到達し ~feoffalse を返すまで実行されます。関数 textscan は、各ブロックのデータを InputText という名前の cell 配列として返します。cell2mat を使用して各 cell 配列を数値配列に変換し、その数値配列を Data という名前の cell 配列に格納します。cell 配列を使用すると、サイズの異なる複数のブロックを格納できます。

while (~feof(fileID))                               % For each block:                         
   
   fprintf('Block: %s\n', num2str(Block))           % Print block number to the screen
   InputText = textscan(fileID,'%s',2,'delimiter','\n');  % Read 2 header lines
   HeaderLines{Block,1} = InputText{1};
   disp(HeaderLines{Block});                        % Display header lines
   
   InputText = textscan(fileID,'Num SNR = %f');     % Read the numeric value 
                                                    % following the text, Num SNR =
   NumCols = InputText{1};                          % Specify that this is the 
                                                    % number of data columns
   
   FormatString = repmat('%f',1,NumCols);           % Create format string
                                                    % based on the number
                                                    % of columns
   InputText = textscan(fileID,FormatString, ...    % Read data block
      'delimiter',',');
   
   Data{Block,1} = cell2mat(InputText);              
   [NumRows,NumCols] = size(Data{Block});           % Determine size of table
   disp(cellstr(['Table data size: ' ...
      num2str(NumRows) ' x ' num2str(NumCols)]));
   disp(' ');                                       % New line
   
   eob = textscan(fileID,'%s',1,'delimiter','\n');  % Read and discard end-of-block marker 
   Block = Block+1;                                 % Increment block index
end
Block: 1
    {'*       Mobile1'       }
    {'*       SNR Vs test No'}

    {'Table data size: 30 x 19'}

 
Block: 2
    {'*       Mobile2'       }
    {'*       SNR Vs test No'}

    {'Table data size: 30 x 9'}

 
Block: 3
    {'*       Mobile3'       }
    {'*       SNR Vs test No'}

    {'Table data size: 31 x 15'}

 
Block: 4
    {'*       Mobile4'       }
    {'*       SNR Vs test No'}

    {'Table data size: 28 x 19'}

 
Block: 5
    {'*       Mobile5'       }
    {'*       SNR Vs test No'}

    {'Table data size: 32 x 18'}

 
Block: 6
    {'*       Mobile6'       }
    {'*       SNR Vs test No'}

    {'Table data size: 30 x 19'}

 
Block: 7
    {'*       Mobile7'       }
    {'*       SNR Vs test No'}

    {'Table data size: 30 x 11'}

 
Block: 8
    {'*       Mobile8'       }
    {'*       SNR Vs test No'}

    {'Table data size: 20 x 18'}

 
Block: 9
    {'*       Indoor0'       }
    {'*       SNR Vs test No'}

    {'Table data size: 9 x 3'}

 
Block: 10
    {'*       Indoor1'       }
    {'*       SNR Vs test No'}

    {'Table data size: 22 x 6'}

 
Block: 11
    {'*       Indoor2'       }
    {'*       SNR Vs test No'}

    {'Table data size: 25 x 3'}

 
Block: 12
    {'*       Indoor3'       }
    {'*       SNR Vs test No'}

    {'Table data size: 21 x 18'}

 
Block: 13
    {'*       Outdoor1'      }
    {'*       SNR Vs test No'}

    {'Table data size: 20 x 18'}

 
Block: 14
    {'*       Outdoor2'      }
    {'*       SNR Vs test No'}

    {'Table data size: 23 x 3'}

 
Block: 15
    {'*       Outdoor3'      }
    {'*       SNR Vs test No'}

    {'Table data size: 22 x 18'}

 
Block: 16
    {'*       Outdoor4'      }
    {'*       SNR Vs test No'}

    {'Table data size: 21 x 18'}

 
Block: 17
    {'*       Outdoor5'      }
    {'*       SNR Vs test No'}

    {'Table data size: 18 x 5'}

 

テキスト ファイルを閉じる

fclose(fileID);

ブロックの総数

ファイル内のブロック数を求めます。

NumBlocks = Block-1
NumBlocks = 17

数値データの表示

short 型科学表記を使用して、1 つのブロック中の数値データを表示します。

最初に、現在のコマンド ウィンドウの出力表示形式を保存します。

user_format = get(0, 'format');

表示形式を short 型科学表記に変更します。

format shortE

9 番目のブロックのヘッダー行と数値データを表示します。

Block = 9;
disp(HeaderLines{Block});
    {'*       Indoor0'       }
    {'*       SNR Vs test No'}
fprintf('SNR        %d        %d\n',Data{Block,1}(1,2:end))
SNR        -7        -6
disp(Data{Block,1}(2:end,2:end));
   9.0600e-07   6.7100e-07
   3.1700e-07   3.5400e-07
   2.8600e-07   1.9600e-07
   1.4800e-07   7.3400e-07
   3.9500e-08   9.6600e-07
   7.9600e-07   7.8300e-07
   4.0000e-07   8.8100e-07
   3.0100e-07   2.9700e-07

元のコマンド ウインドウ出力表示形式に戻します。

set(0, 'format', user_format);

参考

関連するトピック