ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ファイルの操作

ファイルとフォルダーの検索、表示および変更

関数

dirフォルダーの内容の一覧表示
lsフォルダーの内容の一覧表示
pwd現在のフォルダーの識別
fileattribファイルまたはフォルダーの属性の設定または取得
exist変数、スクリプト、関数、フォルダー、またはクラスの存在をチェック
isfile入力がファイルかどうかを判別
isfolder入力がフォルダーかどうかを判別
typeファイルの内容の表示
visdiff2 つのファイルまたはフォルダーを比較
whatフォルダー内の MATLAB ファイルの一覧表示
which関数やファイルの位置の出力
cd現在のフォルダーを変更する
copyfileファイルまたはフォルダーをコピーする
deleteファイルまたはオブジェクトを削除
recycle削除ファイルをリサイクル フォルダーへ移動するオプションの設定
mkdirフォルダーを新規作成する
movefileファイルやフォルダーの移動または名前変更
rmdirフォルダーの削除
open適切なアプリケーションでファイルを開く
winopen適切なアプリケーションでファイルを開く (Windows)
現在のフォルダー ブラウザー現在のフォルダー ブラウザーを開く

トピック

ファイルおよびフォルダー管理

ファイルやフォルダーを作成して開き、移動させ、名前を変更します。

ファイルやフォルダーの検索

単純な検索方法とより詳細な検索方法の両方を使用してファイルとフォルダーを検索します。

ファイルやフォルダーの比較とファイルのマージ

2 つのファイルまたは 2 つのフォルダー間の相違点を表示し、マージします。

MATLAB がアクセスできるファイルやフォルダー

ファイルのパスを指定しない場合は、MATLAB® は現在のフォルダーまたは検索パス上でファイルを検索します。現在のフォルダー内の関数は、検索パス上に存在する同じファイル名の関数よりも優先されます。

現在のフォルダー ブラウザーの設定

現在のフォルダー ブラウザーに表示されるファイル数を指定して、その外観をカスタマイズします。

MATLAB Online でのファイルの共有と復元

MATLAB Online™ で、他のユーザーとのファイルの共有やファイルの前のバージョンの復元を行う。