最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ls

フォルダーの内容の一覧表示

説明

ls は、現在のフォルダーの内容を一覧表示します。

ls name は、現在のフォルダー内にある指定された名前と一致するファイルおよびフォルダーを一覧表示します。

list = ls(___) は、現在のフォルダー内にある、指定された name と一致するすべてのファイルおよびフォルダーの名前を返します。list と共に、前述の構文の任意の引数を指定できます。

すべて折りたたむ

名前に my が含まれるすべてのファイルとフォルダーを一覧表示します。

ls *my*
my_class.m     my_function.m  my_script.m    my_text.txt

拡張子 .m をもつすべてのファイルとフォルダーを一覧表示します。

ls *.m
my_class.m       my_function.m    my_script.m      test_function.m

現在のフォルダー内にあるすべてのファイルとフォルダーの名前のリストを変数 MyList に保存します。

MyList = ls;

入力引数

すべて折りたたむ

ファイルまたはフォルダーの名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。パターンを一致させるには、ワイルドカード '*' を使用します。たとえば、ls *.m は拡張子 .m をもつすべてのファイルとフォルダーを一覧表示し、ls m* は文字 m で始まる名前をもつすべてのファイルとフォルダーを一覧表示します。

データ型: char | string

出力引数

すべて折りたたむ

ファイルとフォルダーのリスト。次のいずれかの形式の文字配列として指定します。

  • UNIX® プラットフォームlist は、タブおよび空白文字で区切られた名前の文字ベクトルです。

  • Microsoft® Windows® プラットフォームlist は、名前からなる mn 列の文字配列です。ここで、m は名前の数、n は最も長い名前の文字数です。MATLAB® は、n 文字より短い名前には空白文字を付け加えます。

ヒント

  • UNIX プラットフォームで ls コマンドの結果をさらに変更するために、オペレーティング システムがサポートする任意のフラグを追加できます。たとえば、ls -c はタイムスタンプ別にファイルを表示し、ls -d はディレクトリのみを表示します。詳細については、UNIX ls ドキュメンテーションを参照してください。

代替方法

各ファイルとフォルダーのファイル属性を出力引数で返すには、dir コマンドを使用します。

filebrowser コマンドを実行して、現在のフォルダー ブラウザーにファイルとフォルダーを表示することもできます。

参考

|

R2006a より前に導入