最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mkdir

フォルダーを新規作成する

説明

mkdir folderName はフォルダー folderName を作成します。folderName が存在する場合、MATLAB® で警告が表示されます。操作が正常に完了しない場合、mkdir はコマンド ウィンドウにエラーをスローします。

mkdir parentFolder folderNameparentFolderfolderName を作成します。parentFolder が存在しない場合は、MATLAB は作成を試みます。

status = mkdir(___) は指定されたフォルダーを作成し、処理が正常に完了した場合またはそのフォルダーが存在する場合にステータス 1 を返します。それ以外の場合は、mkdir0 を返します。コマンド ウィンドウに警告やエラーはスロー "されません"。この構文では、前述の構文の入力引数を任意に組み合わせて使用できます。

[status,msg] = mkdir(___) は、発生した警告またはエラーに関するメッセージ テキストも返します。

さらに、[status,msg,msgID] = mkdir(___) は、発生した警告またはエラーに関するメッセージ ID も返します。

すべて折りたたむ

現在のフォルダーにフォルダー newdir を作成します。

 mkdir newdir

フォルダー testdatanewfolder というフォルダーを作成します。相対パスを使用して、newFolder が現在のフォルダーと同レベルになるようにします。

mkdir ../testdata newFolder

同じフォルダーを 2 回作成し、それぞれの試行後に操作のステータスを検証します。

フォルダー newFolder を作成します。操作が成功するとステータス 1 が返され、エラー メッセージや警告メッセージは表示されません。

[status, msg, msgID] = mkdir('newFolder')
status = logical
   1

msg =

  0x0 empty char array


msgID =

  0x0 empty char array

もう一度フォルダー newFolder を作成します。操作は今回も成功し、ステータス 1 が返されます。警告メッセージとメッセージ ID により、フォルダーが既に存在することが示されます。

[status, msg, msgID] = mkdir('newFolder')
status = logical
   1

msg = 
'Directory already exists.'
msgID = 
'MATLAB:MKDIR:DirectoryExists'

入力引数

すべて折りたたむ

フォルダー名。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。親フォルダーが指定されていなければ、folderName は絶対パスまたは相対パスとして指定できます。親フォルダーを指定した場合、folderName は親フォルダーを基準とする相対パスでなければなりません。

存在しないフォルダーを 1 つ以上含むパスが folderName に含まれていると、MATLAB はその存在しないフォルダーの作成を試みます。たとえば、myFolder\folder1\folder2\targetFolder について、folder1 が存在しなければ、MATLAB は folder1 を作成し、folder1 の内部に folder2folder2 の内部に targetFolder を作成します。

データ型: char | string

新しいフォルダーの親フォルダー。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。parentFolder は絶対パスまたは相対パスとして指定します。parentFolder が存在しない場合は、MATLAB は作成を試みます。

データ型: char | string

出力引数

すべて折りたたむ

フォルダー作成ステータス。フォルダー作成の試行が成功したかどうかを表し、0 または 1 として返されます。フォルダー作成の試行が作成した場合、またはフォルダーが既に存在している場合、status の値は 1 です。それ以外の場合、この値は 0 です。

データ型: logical

エラー メッセージ。文字ベクトルとして返されます。エラーまたは警告が発生した場合、msg にはエラーまたは警告のメッセージ テキストが格納されます。それ以外の場合、msg は空 ('') です。

エラー メッセージ識別子。文字ベクトルとして返されます。エラーまたは警告が発生した場合、msgID にはエラーまたは警告のメッセージ ID が格納されます。それ以外の場合、msgID は空 ('') です。

R2006a より前に導入