Main Content

ライブ スクリプトおよび関数の比較とマージ

比較ツールを使用して 2 つのライブ コード ファイルを比較し、一方のファイルともう一方のファイルの間で変更をマージできます。比較ツールでは、コード、テキスト、およびテキストの書式設定の相違点が強調表示されます。

比較するファイルの選択

2 つのファイルを選択して比較ツールを起動するには複数の方法があります。

  • ライブ エディター — [ライブ エディター] タブに移動し、[ファイル] セクションで [比較] をクリックします。比較ツールの [最初のファイルまたはフォルダー] フィールドに、現在開いているファイルが含まれています。open folder ボタンをクリックして比較する 2 番目の項目を選択するか、ファイル ブラウザーから [2 番目のファイルまたはフォルダー] フィールドへとファイルをドラッグ アンド ドロップします。

  • 現在のフォルダー ブラウザー — ファイルを選択して右クリックし、[比較対象を指定] を選択します。open folder ボタンをクリックして比較する 2 番目の項目を選択するか、ファイル ブラウザーから [2 番目のファイルまたはフォルダー] フィールドへとファイルをドラッグ アンド ドロップします。比較するファイルまたはサブフォルダーを 2 つ選択するには、Ctrl キーを押しながらファイル名をクリックします。次に、右クリックして [選択したファイル/フォルダーを比較] を選択します。

  • コマンド ウィンドウ — 関数 visdiff を使用します。たとえば、2 つのファイル averageweight.mlxaverageweight2.mlx を関数 visdiff と既定のテキスト比較を使用して比較するには、visdiff('averageweight.mlx','averageweight2.mlx') と入力します。MATLAB® によって比較ツールが開かれ、結果の比較レポートが表示されます。

相違点の確認

ライブ コードの比較を実行すると、新しいウィンドウが開き、2 つのファイルが並べて表示されます。たとえば、いくつかの相違点がある 2 つのファイル averageweight.mlxaverageweight2.mlx があるとします。この 2 つのファイルを比較すると、比較ツールに結果のレポートが表示されます。

ライブ コード ファイルを比較すると、比較ツールによってコード、テキスト、およびテキストの書式設定の相違点が強調表示されます。比較ツールでは、保存済みの出力がファイルに含まれている場合でも、出力は無視されます。ツールが方程式、イメージ、またはコントロールの相違点を検出した場合には、項目全体が強調表示されます。比較ツールでは、相違点の総数が比較レポートの右下隅に表示され、一致しない行が、以下の表に挙げる色を使用して強調表示されます。

強調色説明
行に相違点が含まれています。
濃い紫強調表示された文字が異なります。
右側のファイルにのみ行があります。これは、右側のファイルに行が挿入されたとき、または左側のファイルから行が削除されたときに発生することがあります。左側のファイルの対応する行は、グレーの縞模様を使用して強調表示されます。
左側のファイルにのみ行があります。これは、左側のファイルに行が挿入されたとき、または右側のファイルから行が削除されたときに発生することがあります。右側のファイルの対応する行は、グレーの縞模様を使用して強調表示されます。

比較ツールは行を照合して、追加、削除、または変更されているコードやテキストを検出するよう試みます。たとえば、averageweight.mlxaverageweight2.mlx のライブ コードの比較において、ツールは、averageweight.mlx には averageweight2.mlx にないコードが 2 行ある (5 行目と 7 行目) と判定し、黄色で強調表示しています。また、ツールでは追加の行を考慮に入れ、disp ステートメントが同じ行番号になくとも、各ファイルの disp ステートメントを含む行が一致すると判断します。

結果の相違点を一度に 1 つずつ順番に表示するには、 [次へ] ボタンと [前へ] ボタンを使用します。

比較レポートを構成する方法の詳細については、ファイルやフォルダーの比較とファイルのマージを参照してください。

変更のマージ

ライブ コード ファイルを比較するときに、1 つのファイルの変更を他のファイルにマージできます。相違点のマージは、異なるファイルのバージョン間の不一致を解決する際に便利です。左から右へのマージのみ実行できます。左側のファイルにマージする場合は、マージを開始する前に [左右交換] ボタンをクリックします。 [左右交換] ボタンをクリックすると、既に実行されているマージは元に戻され、元のファイルの新しい比較レポートが作成されます。

マージを開始するには、[比較] タブで [マージ モード] ボタンをクリックします。次に、右側のペインの内容を左側のペインの内容で置き換えるには、マージする行の横にある ボタンをクリックします。相違点を選択して、[マージ] タブで [内容の置換] ボタンをクリックすることもできます。

右側のペインにはマージした結果が表示されます。右側のペインのマージされたファイル名の横に付いているアスタリスク (filename_modified.mlx*) は、ファイルに未保存の変更が含まれていることを示しています。

置換を元に戻すには、変更した行の間、もしくは [比較] タブにある ボタンをクリックします。すべてのマージを元に戻してやり直すには、 [更新] ボタンをクリックします。 [更新] ボタンをクリックすると、ライブ エディターでファイルを変更して保存した後に、比較レポートを更新することもできます。更新すると、未保存のマージした変更はすべて破棄されます。

変更を保存して比較レポートに戻るには、 [結果を保存] ボタンをクリックします。変更を保存せずに比較レポートに戻るには、 [比較に戻る] ボタンをクリックします。

参考

関連するトピック