ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ライブ スクリプトとライブ関数

コードを説明するために書式設定されたテキスト、イメージ、および出力を含めることができるプログラム ファイル

ライブ スクリプトおよびライブ関数は、一連の MATLAB® コマンドを操作する場合に役立つプログラム ファイルです。ライブ スクリプトは、出力、グラフィックス、およびそれらを生成したコードを含んでおり、ライブ エディターと呼ばれる単一の対話型環境でまとめて操作されます。ライブ関数はさらに高い柔軟性を提供し、入力値を渡して出力値を返すことができます。ライブ スクリプトおよびライブ関数に、書式設定されたテキスト、イメージ、ハイパーリンクおよび方程式を追加して、他のユーザーと共有できる対話型の表現を生成できます。

ライブ コードのファイル形式や非互換性を含むライブ スクリプトおよびライブ関数の詳細については、ライブ スクリプトまたはライブ関数とはを参照してください。

MATLAB コミュニティによる既存のライブ スクリプトを調べるには、「MATLAB Live Script Gallery」を参照してください。

トピック

ライブ スクリプトまたはライブ関数とは

MATLAB ライブ スクリプトおよびライブ関数は、ライブ エディターと呼ばれる単一の環境で MATLAB コードと埋め込みの出力、書式設定されたテキスト、数式およびイメージを組み合わせた対話型ドキュメントです。

ライブ スクリプトのセクションの実行

ライブ スクリプトをセクションに分割し、全セクションを実行するか各セクションを個別に実行する。

ライブ関数の作成

書式設定されたテキスト、イメージおよび数式を使用して、ライブ エディターでライブ関数を作成する。

ライブ関数のヘルプの追加

関数 help および doc を使用すると表示されるヘルプ テキストをライブ関数に追加する。

ライブ スクリプトへの対話制御の追加

スライダー、ドロップダウン、チェック ボックス、編集フィールド、ボタンをライブ スクリプトに追加して、変数の値を対話的に制御。

ライブ エディターでのコードのデバッグ

さまざまなデバッグ方法を使用してライブ スクリプトやライブ関数の問題を診断する。

ライブ スクリプトとライブ関数の共有

ライブ スクリプトおよびライブ関数を他の MATLAB ユーザーと共有する。または MATLAB 外部で表示するための静的な PDF、Microsoft® Word、HTML、および LaTeX ドキュメントとして共有する。

ライブ コード ファイル形式 (.mlx)

ライブ コード ファイル形式 (.mlx) は、zip ファイル形式の拡張版である Open Packaging Conventions テクノロジーを使用します。

注目の例