ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ライブ スクリプトとライブ関数の共有

教育またはデモ用に、またはコードについての読みやすい外部ドキュメンテーションを提供するために、ライブ スクリプトまたはライブ関数を他のユーザーと共有できます。ファイルを他の MATLAB® ユーザーと共有することができ、MATLAB 外部で表示するためにファイルの静的な PDF、Microsoft® Word、HTML、および LaTeX バージョンを共有することもできます。

次の表は、ライブ スクリプトまたはライブ関数を共有するさまざまな方法を示しています。

共有方法手順
対話型ドキュメントとして共有

ライブ コード ファイル (.mlx) を配布します。ファイルの受信者は、MATLAB 内で、最後に保存されたときと同じ状態でファイルを開いて表示できます。これには、生成された出力が含まれます。

MATLAB は、バージョン R2016a 以降でライブ スクリプト、バージョン R2018a 以降でライブ関数をサポートしています。

全画面表示として共有

ライブ スクリプトまたはライブ関数を開き、[表示] タブに移動して [全画面] ボタンをクリックします。MATLAB がファイルを全画面モードで開きます。

全画面モードを終了するには、画面の上部にマウスを移動して [表示] タブを表示し、[全画面] ボタンを再度クリックします。

以前の MATLAB バージョンのユーザーと共有

ライブ スクリプトまたはライブ関数を標準コード ファイル (.m) として保存し、配布します。ファイルの受信者は MATLAB 内でファイルを開いて表示できます。MATLAB は、ライブ スクリプトまたはライブ関数の書式設定されたコンテンツを、新しいライブ スクリプトまたはライブ関数内ではパブリッシュ マークアップに変換します。

詳細については、ライブ スクリプトとライブ関数を標準コードとして保存を参照してください。

MATLAB の外部で表示できる静的ドキュメントとして共有

スクリプトまたは関数を標準形式にエクスポートします。サポートされている形式は、PDF、Microsoft Word、HTML、および LaTeX です。

これらのいずれかの形式にライブ スクリプトまたはライブ関数をエクスポートするには、[ライブ エディター] タブで、[保存][PDF にエクスポート][保存][Word にエクスポート][保存][HTML にエクスポート]、または [保存][LaTeX にエクスポート] を選択します。

保存されたファイルは、ライブ エディターで出力をインライン表示した場合のライブ スクリプトまたはライブ関数とほぼ同じ外観です。

LaTeX へのエクスポート時に個別の matlab.sty ファイルが存在していない場合、MATLAB はそのファイルを同じフォルダー内に出力ドキュメントとして作成します。LaTeX スタイル ドキュメントとしても知られている .sty ファイルを使用すると、出力ドキュメントの外観をきめ細かく制御できます。

共有前にコードを非表示

ライブ スクリプトのコードを対話型ドキュメントまたは静的ドキュメントとして共有する前に非表示にすることを検討します。コードが非表示の場合、ライブ エディターにはラベルの付いたコントロール、出力、書式設定されたテキストのみが表示されます。

コードを非表示にするには、ライブ スクリプトの右にある [コードを非表示] ボタンをクリックします。[表示] タブにアクセスして、[表示] セクションで [コードを非表示] をクリックすることもできます。コードを再度表示するには、[インラインで出力] ボタンまたは [右側に出力] ボタンをクリックします。

関連するトピック