ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ライブ エディターでライブ スクリプトを作成

ライブ スクリプトは、コード、出力および書式設定されたテキストをライブ エディターと呼ばれる単一の対話型環境で統合したプログラム ファイルです。ライブ スクリプトでは、コードを記述し、生成された出力とグラフィックスを、それを生成したコードとともに表示できます。書式設定されたテキスト、イメージ、ハイパーリンクおよび数式を追加して、他のユーザーと共有できる対話型の表現を作成します。

ライブ スクリプトの作成

ライブ エディターでライブ スクリプトを作成するには、[ホーム] タブに移動して [新規ライブ スクリプト] をクリックします。コマンド ウィンドウで関数 edit を使用することもできます。たとえば、ファイル penny.mlx を開くか、または作成するには edit penny.mlx と入力します。必ずライブ スクリプトが作成されるように、.mlx 拡張子を指定します。拡張子を指定しないと、MATLAB® では既定でファイルに .m 拡張子が付けられます。このファイルは、標準コードのみをサポートします。

既存のスクリプトをライブ スクリプトとして開く

既存のスクリプトが存在する場合、ライブ エディターでライブ スクリプトとして開くことができます。スクリプトをライブ スクリプトとして開くと、ファイルのコピーが作成され、元のファイルは変更されずに残ります。MATLAB は、元のスクリプトのパブリッシュ マークアップを、新しいライブ スクリプトの中では書式設定されたコンテンツに変換します。

既存のスクリプト (.m) をエディターでライブ スクリプト (.mlx) として開くには、ドキュメントのタブを右クリックし、コンテキスト メニューから [scriptName をライブ スクリプトとして開く] を選択します。または、[エディター] タブに移動し、[保存] をクリックして [名前を付けて保存] を選択します。次に、[ファイルの種類][MATLAB ライブ コード ファイル (*.mlx)] に設定し、[保存] をクリックします。

メモ

スクリプトをライブ スクリプトに変換するには、ここに記載されている変換方法のいずれかを使用しなければなりません。.mlx 拡張子を付けてスクリプトの名前を変更しただけでは動作せず、ファイルが破損する場合があります。

コードの追加

ライブ スクリプトを作成した後、コードを追加して実行できます。たとえば、乱数データのベクトルをプロットする次のコードを追加し、プロット上に平均値を示す水平線を描画します。

n = 50;
r = rand(n,1);
plot(r)

m = mean(r);
hold on
plot([0,n],[m,m])
hold off
title('Mean of Random Uniform Data')

既定では、ライブ エディターでコードを入力するとき、MATLAB によってブロックの終了、小かっこ、および引用符がオートコンプリートされます。たとえば、if と入力してから Enter キーを押します。MATLAB が自動的に end ステートメントを追加します。

MATLAB は、2 行に分けた場合のコメント、文字ベクトル、string もオートコンプリートします。オートコンプリートをエスケープするには、Ctrl + Z キーまたは [元に戻す] ボタンを押します。オートコンプリートは既定で有効になっています。無効にするには、エディター/デバッガーのオートコーディング設定を参照してください。

コードを追加または編集する場合、コードの四角形領域を選択して編集することができます ("列選択" または "ブロック編集" とも呼ばれます)。これは、複数のデータの列 (行ではなく) をコピーまたは削除する場合や、複数の行を一度に編集する場合に便利です。四角形領域を選択するには、Alt キーを押しながら選択を行います。

たとえば、A にあるデータの 2 列目を選択します。

0 を入力して、選択したすべての値を 0 に設定します。

コードの実行

コードを実行するには、コードの左側にある縞模様の縦のバーをクリックします。あるいは、[ライブ エディター] タブに移動して [実行] をクリックします。プログラムの実行中は、エディター ウィンドウの左上にステータス インジケーター が表示されます。コードの行の左側にあるグレーで点滅しているバーは、MATLAB が実行中の行を示しています。MATLAB が実行中の行に移動するには、ステータス インジケーターをクリックします。

MATLAB によるプログラムの実行中にエラーが発生した場合、ステータス インジケーターはエラー アイコン に変わります。エラーに移動するには、アイコンをクリックします。コード行の右側のエラー アイコン によってエラーが示されます。対応するエラー メッセージが出力として表示されます。

ライブ スクリプトは、保存しなくても実行できます。ライブ スクリプトを保存する場合、MATLAB は自動的に .mlx 拡張子を付けて保存します。たとえば、[ライブ エディター] タブに移動して、 [保存] をクリックし、plotRand という名前を入力します。MATLAB はライブ スクリプトを plotRand.mlx として保存します。

出力の表示

既定では、MATLAB は出力をコードの右側に表示します。コマンド ウィンドウ内と同じように、各出力はそれを作成する行とともに表示されます。

コードと出力の間のサイズ変更バーを左または右へドラッグすることで、出力表示パネルのサイズを変更できます。

すべての出力をクリアするには、スクリプト内の任意の場所で右クリックして、[すべての出力をクリア] を選択します。あるいは、[表示] タブの [出力] セクションで [すべての出力をクリア] ボタンをクリックします。

スクロールするとき、MATLAB は出力を生成元のコードに合わせて表示します。コードに合わせた出力の表示を無効にするには、出力セクションを右クリックして、[同期スクロールを無効にする] を選択します。

出力をコードとともにインラインで表示するには、ライブ スクリプトの右側の アイコンをクリックします。または、[表示] タブの [レイアウト] セクションで、[インラインで出力] ボタンをクリックします。

出力の Figure を変更するには、Figure の座標軸の右上隅または [Figure] ツールストリップにあるツールを使用します。これらのツールを利用して、Figure のデータを確認したり、書式設定と注釈を追加することができます。詳細については、ライブ スクリプトでの Figure の変更を参照してください。

変数や Figure などの個々の出力を別のウィンドウで開くには、出力の右上隅の アイコンをクリックします。変数は変数エディターで、Figure は Figure ウィンドウで開きます。ライブ スクリプトの外部で変数または Figure に行った変更は、ライブ スクリプトに表示される出力には適用されません。

テキストの書式設定

書式設定されたテキスト、ハイパーリンク、イメージおよび数式をライブ スクリプトに追加して、他のユーザーと共有するために体裁を整えたドキュメントを作成できます。たとえば、plotRand.mlx にタイトルと導入テキストを追加するには、次のようにします。

  1. カーソルをライブ スクリプトの先頭に置き、[ライブ エディター] タブで [テキスト] を選択します。新しいテキストがコードの上部に表示されます。

  2. をクリックして [タイトル] を選択します。

  3. テキスト Plot Random Data を追加します。

  4. カーソルを行内に置いたまま、 ボタンをクリックして、テキストを中央揃えにします。

  5. 次の行には Enter キーを押して移動します。

  6. テキスト This script plots a vector of random data and draws a horizontal line on the plot at the mean. を入力します。

利用できるすべての書式設定オプションのリストを含む詳細については、ライブ エディターでのファイルの書式設定を参照してください。

ライブ エディターに表示されるフォントのサイズを調整するには、Ctrl キーを押しながらマウスでスクロールします。表示フォント サイズの変更は、ライブ スクリプトを PDFHTML または LaTeX にエクスポートする場合は適用されません。

関連するトピック