最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

visdiff

2 つのファイルまたはフォルダーを比較

説明

visdiff(name1,name2) は、指定した 2 つのファイルまたはフォルダーの差異を比較ツールで表示します。ファイル比較ツールは、MATLAB® コード ファイル、zip ファイル、MAT ファイル、その他各種の MATLAB および Simulink® ファイル形式など、多数のファイル タイプをサポートしています。

visdiff を使用して、2 つの Simulink モデルを比較し、変更を特定するか、モデル間の差異をマージします。詳細については、モデルの比較 (Simulink)を参照してください。

visdiff(name1,name2,type) は、指定した比較タイプを使用して、2 つのファイルまたはフォルダーを比較します。タイプを指定しない場合、visdiff は選択したファイルに既定の比較タイプを使用します。type オプションはフォルダーを比較する場合には適用されません。

comparison=visdiff(___) は、2 つのモデル ファイルを比較し、この 2 つのファイルの差異が格納された comparison オブジェクトを返します。この構文では比較ツールが開きません。また、この構文は Simulink モデルの比較でのみサポートされています。name1 と name2 はモデル ファイルでなければなりません。comparison オブジェクトは、フィルターの適用や比較レポートのパブリッシュなど、コマンド ラインで比較を操作するために使用します。

すべて折りたたむ

相対パスと絶対パスの両方を使用して 2 つのファイルを比較します。

現在のフォルダーにある lengthofline.mlengthofline2.m の 2 つのファイルを比較します。

visdiff('lengthofline.m','lengthofline2.m')

完全修飾ファイル名を使用して、gatlin.matgatlin2.mat の 2 つのデモ ファイルを比較します。

visdiff(fullfile(matlabroot,'toolbox','matlab','demos','gatlin.mat'), ...
fullfile(matlabroot,'toolbox','matlab','demos','gatlin2.mat'))

lengthofline.mlengthofline2.m の 2 つのファイルをバイナリとして比較します。

タイプを指定しない場合、visdiff は既定のテキスト比較タイプを使用して 2 つのファイルを比較します。バイナリ比較タイプに変更することで、行末の文字などの差異を調べることができます。

visdiff('lengthofline.m','lengthofline2.m','binary')

Simulink モデルを比較する場合、出力引数を visdiff に指定することにより、比較をコマンド ラインで操作できます。

2 つのモデル ファイルを比較して、visdiff から comparison オブジェクトの出力を取得します。

comparison = visdiff(modelname1, modelname2);

(オプション) 比較結果をフィルター処理します。サポートされているフィルターは 'unfiltered' (比較からすべてのフィルター処理を削除) と 'default' (比較に使用する既定のフィルター処理手法) です。

filter(comparison, 'unfiltered');

比較レポートをファイルにパブリッシュするには、comparison オブジェクトに対して publish を使用します。パブリッシュされるレポートの既定の形式は HTML です。publish はこのファイルを filename1_filename2.html という名前で現在のフォルダーに保存します。

file = publish(comparison);
web(file)

レポートのオプションを指定するには、次の名前と値のペアを publish で使用します。

  • 'Format' – パブリッシュするレポートのファイル形式。

    オプションには 'html' (既定値、単一ファイルの HTML ドキュメント)、'docx' (Microsoft® Word ドキュメント)、または 'pdf' – PDF document があります。

  • 'Name' – レポートの名前。

    文字ベクトルまたはスカラー string 配列。ファイル拡張子を指定した場合、'Format' は無視されます。

  • 'OutputFolder' – レポートの保存場所。

    文字ベクトルまたはスカラー string 配列。既定値は現在のフォルダーです。

あるいは、次のように options 構造体で名前と値のペアを指定することもできます。publish(comparison, options)

入力引数

すべて折りたたむ

比較するファイルまたはフォルダーの名前。文字ベクトルとして指定します。name には相対パスを含めることもできますが、その相対パスは現在のフォルダーになければなりません。それ以外の場合、name には絶対パスを含めなければなりません。

比較タイプ。'text''binary' または 'xml' として指定します。比較によっては、一部の比較タイプがサポートされません。サポートされていない比較タイプが指定された場合、MATLAB はエラーを表示します。

テキスト ファイルの行末の文字などの差異を調べるには、比較タイプとして 'binary' を指定します。

XML ファイルの既定の比較タイプは、XML の種類によって異なり、'text''xml' のいずれかです。'text' または 'xml' を指定して、ファイルの既定の比較タイプを上書きします。

出力引数

すべて折りたたむ

コマンド ラインで比較を操作するための comparison オブジェクト。フィルターの適用や、比較レポートのパブリッシュなどを行います。Simulink モデルの比較でのみサポートされています。

ヒント

場合によっては、選択内容に対して複数の比較タイプを使用できることがあります (テキスト比較、バイナリ比較、ファイル リスト比較、XML 比較など)。異なる比較タイプを選択するには、関数 visdiff を使用して、type 引数を指定します。また、比較ツールで使用可能な比較タイプから選択することもできます。詳細については、ファイルやフォルダーの比較とファイルのマージを参照してください。

代替機能

関数 visdiff の代わりに、比較ツールを使用してファイルやフォルダーを対話形式で比較します。比較ツールを開くには、[ホーム] タブに移動し、[ファイル] セクションで [比較] をクリックします。次に、比較するファイルまたはフォルダーを選択します。

また、エディターで開いているファイルを比較することもできます。[エディター] タブまたは [ライブ エディター] タブの [ファイル] セクションで、[比較] を選択します。自動保存バージョンまたはディスク上のバージョンと比較するには、[比較] を選択してから、[自動保存機能による保存および比較] または [ディスク上のバージョンと比較] を選択します。詳細については、自動保存バージョンまたはディスク上のバージョンとのファイルの比較を参照してください。

ファイルまたはフォルダーを現在のフォルダー ブラウザーで比較するには、選択したファイルまたはフォルダーを右クリックして、[比較対象を指定] を選択します。2 つのファイルまたはサブフォルダーを比較するには、選択した 2 つのファイルまたはフォルダーを右クリックして、[選択したファイル/フォルダーを比較] を選択します。

R2008b で導入