ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

delete

ファイルまたはオブジェクトを削除

説明

delete filename は、確認を要求せずにディスクから filename を削除します。指定されたファイルを完全に削除するか、ごみ箱に送るかを変更するには、[ファイルの削除] 設定を変更します。これを行うには、[ホーム] タブに移動し、[環境] セクションの [設定] をクリックします。[MATLAB][一般] を選択します。次に [ファイルの削除] セクションにある 2 つのオプションのいずれかを選択します。既定では、[完全に削除] オプションが選択されています。

メモ

Mac プラットフォームの場合、ネットワーク ドライブから削除されるファイルには [ファイルの削除] 設定が適用されません。すべてのファイルが完全に削除されます。

delete filename1 ... filenameN は指定されたファイルをディスクから削除します。

delete(obj) は指定されたオブジェクトを削除します。obj が配列である場合、delete は配列内のすべてのオブジェクトを削除します。obj はワークスペース内に残りますが、無効になります。

すべて折りたたむ

現在のフォルダー内の .mat 拡張子をもつすべてのファイルを削除します。

delete *.mat

グラフィックス オブジェクトおよびグラフィックス オブジェクト配列を削除します。

棒グラフを作成し、ラインを 5 本プロットします。その後、棒グラフを削除します。

b = bar(1:5);
hold on
P = plot(magic(5));
delete(b)

Bar オブジェクトの変数 b はワークスペースに残りますが、オブジェクトを参照していません。

display(b)
b = 
  handle to deleted Bar

plot によって作成された Line オブジェクトをすべて削除します。

delete(P)

入力引数

すべて折りたたむ

削除するファイル名。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。filename には絶対パスまたは相対パスを指定でき、ワイルドカード (*) を含めることができます。

データ型: char | string

削除するオブジェクト。単一のオブジェクト、または複数オブジェクトの配列として指定します。

R2006a より前に導入