ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

recycle

削除ファイルをリサイクル フォルダーへ移動するオプションの設定

説明

status = recycle は、関数 delete を使用して削除されたファイルのリサイクルの現在の状態を返します。statusoff の場合、関数 delete はファイルを永久的に削除します。statuson の場合、削除されたファイルを異なる場所に移動します。詳細は、「ヒント」を参照してください。

メモ

Mac プラットフォームの場合、ネットワーク ドライブから削除されるファイルには recycle オプションが適用されません。

previousState = recycle(state) は、MATLAB® のリサイクル オプションを、指定した状態 (on または off) に設定します。返された previousState 値は、ステートメント実行前のリサイクルの状態です。

すべて折りたたむ

ファイル リサイクルが off の状態から開始します。現在のリサイクル状態を検証します。

state = recycle
state =

off

ファイル リサイクルを On に切り替えます。次に既存のファイルを削除し、ごみ箱または一時フォルダーに移動します。

recycle('on');
delete('myfile.txt')

入力引数

すべて折りたたむ

リサイクル オプションの状態。'on' または 'off' として指定します。

ヒント

  • リサイクルされたファイルが保管される場所は、次に示すようにプラットフォームによって異なります。

    • Microsoft® Windows® プラットフォーム — ごみ箱。

    • Mac プラットフォーム — ゴミ箱。

    • Linux® プラットフォーム — システムの一時フォルダー内の接頭辞 MATLAB_Files_ の付いたサブフォルダー。関数 tempdir によって返されます。

  • [ファイルの削除] の一般設定は、スタートアップ時の関数 recycle の状態を設定します。設定を変更すると、MATLAB は recycle の状態を変更します。recycle の状態を変更すると、MATLAB は [ファイルの削除] 設定も更新します。

参考

| | |

トピック

R2006a より前に導入