最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

uipanel

パネル コンテナーの作成

説明

p = uipanel は現在の Figure 内にパネルを作成し、Panel オブジェクトを返します。利用可能な Figure がない場合は、MATLAB® が関数 figure を呼び出して Figure を作成します。

p = uipanel(Name,Value) は 1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して、パネルのプロパティ値を指定します。

p = uipanel(parent) は、指定された親コンテナー内にパネルを作成します。親コンテナーには、関数 figure または関数 uifigure で作成された Figure か、タブやグリッド レイアウトなどの子コンテナーを指定できます。uipanel のプロパティの値は、関数 figure で作成されたアプリと関数 uifigure で作成されたアプリで多少異なります。詳細については、名前と値のペアの引数を参照してください。

p = uipanel(parent,Name,Value) は親コンテナーと、1 つ以上のプロパティ値を指定します。

すべて折りたたむ

2 つのパネルと 1 つのプッシュ ボタンを含む Figure を作成します。パネルは、既定の Units プロパティ値 'normalized' を使用します。uicontrol の既定の単位は 'pixels' です。

f = figure;
p = uipanel('Title','Main Panel','FontSize',12,...
             'BackgroundColor','white',...
             'Position',[.25 .1 .67 .67]);
sp = uipanel('Parent',p,'Title','Subpanel','FontSize',12,...
              'Position',[.4 .1 .5 .5]);
c = uicontrol('Parent',sp,'String','Push here',...
              'Position',[18 18 72 36]);

Scrollable プロパティによって、境界外にコンポーネントをもつパネル内でのスクロールが有効になります。スクロールが可能なのは、関数 uifigure で作成された Figure 内にパネルがある場合のみです。App Designer では、このタイプの Figure がアプリの作成に使用されます。

Figure 内にパネルを作成します。6 つの UI コンポーネントをパネルに追加し、最初の 3 つがパネルの上縁から外れるようにします。

fig = uifigure;
p = uipanel(fig,'Position',[20 20 196 135]);
ef1 = uieditfield(p,'Text','Position',[11 165 140 22],'Value','First Name');
ef2 = uieditfield(p,'Text','Position',[11 140 140 22],'Value','Last Name');
ef3 = uieditfield(p,'Text','Position',[11 115 140 22],'Value','Address');
dd = uidropdown(p,'Position',[11 90 140 22],'Items',{'Male','Female'});
cb = uicheckbox(p,'Position',[11 65 140 22],'Text','Member');
btn = uibutton(p,'Position',[11 40 140 22],'Text','Send');

パネルの Scrollable プロパティを 'on' に設定して、スクロールを有効にします。既定で、スクロール ボックスが上部に表示されます。

p.Scrollable = 'on';

入力引数

すべて折りたたむ

親コンテナー。関数 figure または関数 uifigure で作成された Figure か、子コンテナーとして指定します。

  • パネル、タブ、およびボタン グループは、いずれのタイプの Figure でもコンテナーとすることができる。

  • グリッド レイアウトは、関数 uifigure で作成された Figure 内でのみコンテナーとすることができる。

名前と値のペアの引数

例: 'Title','Options' は、パネルのタイトルに Options を指定します。

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は一重引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を指定できます。

  • 関数 uifigure を使用して作成されたアプリ、または App Designer で利用できるプロパティのリストについては、Panel のプロパティ を参照してください。

  • 関数 figure を使用して作成されたアプリで利用できるプロパティのリストについては、Panel のプロパティ を参照してください。

ヒント

panel オブジェクトの Visible プロパティが 'off' に設定されている場合、それに含まれる子オブジェクト (ボタン、ボタン グループ、座標軸など) は、親パネルと共に非表示になります。ただし、個々の子オブジェクトの Visible "プロパティ値" は影響を受けません。

参考

プロパティ

R2006a より前に導入