Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

uilamp

ランプ コンポーネントの作成

説明

lmp = uilamp は、ランプを新しい Figure ウィンドウ内に作成し、Lamp オブジェクトを返します。MATLAB® は関数 uifigure を呼び出してこの Figure を作成します。

lmp = uilamp(parent) は、指定された親コンテナー内にランプを作成します。親には、関数 uifigure を使用して作成された Figure か、またはその子コンテナーのいずれかを指定できます。

lmp = uilamp(___,Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value のペアの引数を使用して、Lamp のプロパティを指定します。このオプションは、前述の構文のすべての入力引数の組み合わせで使用できます。

すべて折りたたむ

fig = uifigure;
lmp = uilamp(fig);

fig = uifigure;
pnl= uipanel(fig);
lmp = uilamp(pnl);

既定のランプを作成します。

fig = uifigure;
lmp = uilamp(fig);

現在のランプの色を調べます。

color = lmp.Color
color =

     0     1     0

MATLAB は緑を表す RGB 値を返します。

Color プロパティを完全名 'red' に設定して、ランプの色を赤に変更します。

lmp.Color = 'red';

Color プロパティを青の RGB 3 成分に設定して、ランプの色を青に変更します。

lmp.Color = [0 0 1];

入力引数

すべて折りたたむ

親コンテナー。関数 uifigure を使用して作成された Figure オブジェクト、またはその子コンテナー (TabPanelButtonGroup または GridLayout) のいずれかとして指定します。親コンテナーを指定しない場合、MATLAB は関数 uifigure を呼び出し、親コンテナーとして機能する新しい Figure オブジェクトを作成します。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: 'Color','red' はランプの色を赤に指定します。

以下にリストするプロパティは、利用できるプロパティの一部です。完全なリストについては、Lamp のプロパティ を参照してください。

ランプの色。RGB 3 成分、16 進数カラー コード、または表にリストされた色オプションのいずれかとして指定します。

RGB 3 成分および 16 進数カラー コードは、カスタム色を指定するのに役立ちます。

  • RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

  • 16 進数カラー コードは、ハッシュ記号 (#) で始まり、3 桁または 6 桁の 0 から F までの範囲の 16 進数が続く文字ベクトルまたは string スカラーです。これらの値では大文字小文字は区別されません。したがって、カラー コード '#FF8800''#ff8800''#F80'、および '#f80' は等価です。

あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、名前の付いた色オプション、等価の RGB 3 成分、および 16 進数カラー コードを示します。

色名省略名RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
'red''r'[1 0 0]'#FF0000'

'green''g'[0 1 0]'#00FF00'

'blue''b'[0 0 1]'#0000FF'

'cyan' 'c'[0 1 1]'#00FFFF'

'magenta''m'[1 0 1]'#FF00FF'

'yellow''y'[1 1 0]'#FFFF00'

'black''k'[0 0 0]'#000000'

'white''w'[1 1 1]'#FFFFFF'

MATLAB の多くのタイプのプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを次に示します。

RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
[0 0.4470 0.7410]'#0072BD'

[0.8500 0.3250 0.0980]'#D95319'

[0.9290 0.6940 0.1250]'#EDB120'

[0.4940 0.1840 0.5560]'#7E2F8E'

[0.4660 0.6740 0.1880]'#77AC30'

[0.3010 0.7450 0.9330]'#4DBEEE'

[0.6350 0.0780 0.1840]'#A2142F'

データ型: double | char

ランプの位置とサイズ。ベクトル [left bottom width height] として指定します。次の表で、ベクトルの各要素について説明します。

要素説明
left親コンテナーの内側左端からランプの外側左端までの距離
bottom親コンテナーの内側下端からランプの外側下端までの距離
widthランプの外側の右端と左端の間の距離
heightランプの外側の上端と下端の間の距離

すべての測定単位はピクセルです。

縦横比の制約があるため、ランプの高さと幅を相互に独立して変更することはできません。

Position の値の基準は、親コンテナーの "描画可能領域" です。描画可能領域は、コンテナーの境界線の内側にある領域で、メニュー バーやタイトルなどの装飾が占める領域は含まれません。

例: [100 200 20 20]

参考

関数

プロパティ

R2016a で導入